文字による文字のための文字のサイト

4月10日 #フォントの日 記念トークセッション レポート

イベントレポート

4月10日 #フォントの日 記念トークセッション レポート

4月10日は「フォントの日」! アドビが⽇本記念⽇協会に正式な記念日として2017年に登録して二年目となる今年の「フォントの日」では、Yahoo! LODGE を会場にトークセッションを中心としたイベントが開催されました。

乾杯と #フォント川柳 発表です

まずは、アドビ 日本語タイポグラフィ・シニアマネージャーの山本太郎氏の乾杯からスタート。その後、ツイッターで応募された「 #フォント川柳」の優秀作3点(やすみりえ賞、大日本タイポ組合賞、西塚涼子賞)の発表がありました。優秀作品となった作者には、Adobe Creative Cloudメンバーシップ1年分とオリジナル掛け軸が贈呈されるとのことです。

「meet the Typeface designer」

トークセッション 1

つづいては、トークセッション「meet the Typeface designer」。モリサワの原野佳純さん、タイプバンクから半田藍さん、大日本印刷から宮田愛子さん、フォントワークスの越智亜紀子さん、字游工房の宇野由希子さん、視覚デザイン研究所の松島裕也さん、アドビからは西塚涼子さんが登壇。アドビの岩本崇さんの司会により進行していきました。

左から西塚涼子さん(アドビ)、松島裕也さん(視覚デザイン研究所)、宇野由希子さん(字游工房)、半田藍さん(タイプバンク)

事前に行われたアンケートをもとに話は進行。「タイプデザイナーになったきっかけは?」の質問に対し、「レタリングがきっかけ」と答えたのは、西塚さんと原野さん。原野さんは「レタリングが上手だねと褒められて嬉しくなった」と。

「自身の仕事での代表的なフォント、またはイチ惜しフォント」では、半田さんがWindowsにバンドルされた「UDデジタル教科書体」を、越智さんははじめてデザインした「パルラムネ」の話を。そして宇野さんは見出し用に骨格から作り直した「游明朝 StdN B」をみんなに知ってほしい、と強くアピールしました。

「フォントをどんなシチュエーションで使ってほしいか」という質問に、松島さんは「本文書体がバンドルされることが多いが、ウチが中心にデザインしているディスプレイ書体もバンドルされることがあってもいいのでは」との回答。西塚さんは自分の思いもよらないところで使われるのが面白い、どんなシチュエーションでも使ってもらえれば、と。

左から宮田愛子さん(大日本印刷)、越智亜紀子さん(フォントワークス)、原野佳純さん(モリサワ)、岩本崇さん(アドビ)

「フォントが使われて誇らしかった、嬉しかった場面は」との問いには、宮田さんが平野甲賀さんの自宅までフォントをインストールしに行った甲斐があってか、著書の本文が「秀英丸ゴシック」が組まれたエピソードを。半田さんは漫画「ときめきトゥナイト」で使われているのを見たときに嬉しくなったとのことでした。

「ちょっと悔しい!と思っている他社のフォント」というキワドい質問の中で人気が高かったのは「貂明朝」でした。ラストの質問「今後目指していること、やってみたいこと」の回答と合わせて宇野さんは、「貂明朝はかわいいのはもちろん、カラーフォントなど新しい技術的なことを使っているところがいい。『もじうご』というプロジェクトでは動くための文字をデザインしているが、ある条件にふさわしい、または技術が活かされる文字をデザインすることもやっていきたい」と語ると、「貂明朝も実は『もじうご』にも影響されている」と西塚さん。話が盛り上がったところで終了となりました。

なお登壇者のほとんどが女性でしたが、アドビのブログ(Adobe Creative Station)の記事「国際女性月間に寄せて〜 女性タイプフェイスデザイナーと #Typekit #IWD2018」にも関連した企画となっているとのことです。

「フォントの未来」

トークセッション 2

つづいて二つめのトークセッション。ゲストはUXデザイナーでTHE GUILD 代表の深津貴之さん、日本デザインセンター有馬トモユキさん、Yahoo!検索デザイン開発部の李ナレさん。アドビからは山本太郎さんが登壇し、&Co.Ltd代表取締役 横石崇さんのファシリテートで「フォントの未来」が語られました。

「フォントの未来といわれて思いつくキーワード」を出しながら話は進みます。有馬さんは「AR と バリアブルフォント」を挙げ、AppleのフォントSan Franciscoが、デバイスや周囲の環境に応じて、高い読みやすさを実現するための代替文字を適宜に表示するしくみを紹介したり、最近話題の「バリアブルフォント」は文字の太さだけに注目されがちだが、絵文字のようなものに適用すれば、感情の度合いも表現できるのではないか、と語ると、深津さんは、AIによって学習された美しい字詰めが行われるであろう「AI字詰ロボ」によって過去の巨匠を召喚しては、といった話を。すると山本さんが反論、結局は人間のディレクションが大切である、と説きました。

左から、山本太郎さん、深津貴之さん、有馬トモユキさん、李ナレさん、横石崇さん

その後、かつての「書籍」は「器(コンテナ)」としての本の体裁と「中身(コンテンツ)」が両立してデザインが完成していたが、技術主導の現在においては、器と中身が切り離されてしまって、デザインとしての「美しさ」がおざなりにされてしまっているのでは? という話に。深津さんは「技術革命が起きている最中は技術が優先されるが、5年後、10年後、安定期に入ってくれば美しさが磨かれるフェーズに入っていくのではないか」と語りました。

「フォントの未来に期待すること」として、深津さんは、OSやブラウザ、サイトごとにフォントや仕様が違うことによる表示の混乱を無くしてほしい、といったことや、「永」の字をひとつ書いただけで書体がデザインされてしまうようなAIに期待する、と話し、李さんは日本語ウェブフォントのレイテンシー(遅延)を上げ、情報をはやく表示したいということと、若いデザイナーやユーザーに対し、インターネット上でタイポグラフィが花咲くような環境を作らなければ、と話しました。

最後に山本さんが、「我々は人間の言葉を豊かに体験できるために書体やその環境をデザインしてきた。その理想は高く持ちながら現実に即した解決を目指していきたい」と語り、締め括りました。

「“絶対フォント感”クイズ」

クイズセッション

DJ急行さん、セラチェン春山さんの二人の司会で、「“絶対フォント感”クイズ」のコーナーが開始。回答者は、筑波大附属駒場中・高 数学科教諭で「絶対フォント感」を持っているという須藤雄生さんと、ヤフー・ジャパン マーケティング本部デザイン部の田島佳穂さん。解説にはアドビ 日本語タイポグラフィから服部正貴さんが登場です。

「文字食」こと正木香子さん監修の「“絶対フォント感”クイズ」がスタート。これがなかなかに難しい! 須藤さんからは「芸能人と同じで見たことはあるが名前が出てこない」と悩む中、会場からの回答も相次ぎました。須藤さんは他にも「クルマと同じでメーカーごとに特色がある」など名言も続出しました。

この「ゆ」は何の書体でしょう? かなり難しかった……!
左から田島佳穂さん、須藤雄生さん、DJ急行さん、セラチェン春山さん、服部正貴さん

つづく「フォントトリビア」のコーナーでは1問目の「Yahoo! の親会社、ソフトバンクのロゴのベースになっている書体は?」の答が小塚明朝か平成明朝かで揉めたりもしましたが(笑)、源ノ角ゴシックの次期アップデートに組み込まれる予定の「たいと(おとど)」の字の画数などや、「ジョジョの奇妙な冒険」に使われた小塚昌彦さんのデザインした書体を当てるものであったり、ヨアヒム・ミュラー・ランセイさんのデザインした書体「Shuriken Boy」の開発当時の別バージョンの名前は? といったトリビアが出されました。(答えは記事の最後に)

初代フォント王となった須藤雄生さん

会場も一体化し盛り上がったクイズ&トリビア、「初代フォント王」には、須藤さんが選ばれました。おめでとうございます!


ホントのさくらと、フォントのさくら です

参加者には、貂明朝のトートバッグや #冷マ (冷蔵庫マグネット)、トークセッション参加各社の書体見本帳が配布されました。また会場には桜の木に貂明朝の「さくら」の字が飾られるなどし、さくら餅や、さくらにまつわる日本酒などもふるまわれ、春のひとときを感じられる「フォントの日」となりました。


「“絶対フォント感”クイズ」「フォントトリビア」の答

  • 「ゆ」の字は、「秀英四号太かな」
  • 「たいと(おとど)」の字の画数は「84画」
  • 「ジョジョの奇妙な冒険」に使われた小塚昌彦さんのデザインした書体は「ピコ・カジュアル」
  • ヨアヒム・ミュラー・ランセイさんのデザインした書体「Shuriken Boy」の開発当時の別バージョンの名前は「Shuriken Girl」

でした。

2018年4月11日

シェア

イベントレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
イベントレポート
「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景…
「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」関連イベント「詩とグラフィックデザイン」鼎談
太田市美術館・図書館で現在開催中の展覧会「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」の関連イベントとして、出品作家の佐々木俊氏、祖父江慎氏、服部一成氏三者による鼎談が9月1日、同所で行なわれました。テーマは「詩とグラフィックデザイン」。その模様をレポートします。
イベントレポート
多摩美術大学オープンキャンパス「この字ナンの字?」ワー…
多摩美術大学オープンキャンパス「この字ナンの字?」ワークショップレポート
2018年7月15日(日)、多摩美術大学オープンキャンパスの情報デザイン学科内のイベントとして文字つくりワークショップが行なわれました。 大日本タイポ組合のお二方が講師を勤める毎年恒例の「食べもの×文字」のワークショップ。 今年のタイトルは「この字ナンの字?」。そのワークショップ…
イベントレポート
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすき…
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすきかな?」聞いてきました。
 書体設計士の鳥海修氏が主催する「文字塾」では、一年をかけて塾生が各々の仮名のデジタルフォントを作ります。 11名の塾生の書体が集まった第六期文字塾の展覧会が、2018年6月3日(日)から9日(土)まで人形町ヴィジョンズで開催されました。 今年のタイトルは「すきこそもじの上手な…
イベントレポート
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTP…
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」イベントレポート
2018年5月24日(木)、「フォントかるた」のイベントがフォントかるた制作チームとハイブリッド型総合書店「honto」との共催で行なわれました。内容は、「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」。
書体の知識や、選び方・使い方のレクチャーからはじまり、実際にフォ…
イベントレポート
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬…
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬尚×祖父江慎×味岡伸太郎)
見出し明朝体「味明」と「味明モダン」および本文用のかな書体の発表と「味岡伸太郎書体講座」を刊行した味岡伸太郎氏。大阪に続きペーパーボイス東京で開催の「味明物語東京展」において、4月17日(火)白井敬尚と祖父江慎の両氏を迎えたギャラリートークの様子をレポート。
イベントレポート
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に2…
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に230名
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は7月28日、本社4F大ホール(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において、第21回モリサワ文字文化フォーラム「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」を開催。定員の150名を大幅に上回る230名が参加する盛況となった。
イベントレポート
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山…
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山氏が登壇
印刷博物館は、P&Pギャラリーにおいて開催した企画展「印刷書体のできるまで 活字フォントからデジタルフォントへ」にあわせ、凸版文久体のフォント制作に携わったデザイナーなどを招聘し、これまで2つの講演会を開催してきた。その最終セッションとして6月3日、祖父江慎氏とともに凸版文久体制…
イベントレポート
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 …
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 国語調査官・武田康宏氏が講演
千代田区立日比谷図書文化館は3月30日、日比谷コンベンションセンターにおいて、文化庁文化部国語課 国語調査官の武田康宏氏を講師に迎えて「情報化時代に考えたい漢字の話」をテーマとした講演会を開催し、年度末にもかかわらず200名が聴講に訪れた。
イベントレポート
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ…
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連トークイベント第2弾「鼎談『漱石本制作の舞台裏』」が3月10日、日比谷コンベンションホール・大ホールにおいて開催され、200名が聴講した。
イベントレポート
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシ…
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
千代田区立日比谷図書文化館において開催されている特別展「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」の関連イベントとして対談「造本あれこれそれ話」が2月18日、日比谷コンベンションホールにおいて開催。祖父江慎氏と白井敬尚氏の2人のグラフィックデザイナーが、それぞれの造本に対する考え…
h
s
h
イベントレポート
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別…
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別講義レポート
昨年末に開催された、京都dddギャラリー「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展。特別講義「タイポグラフィとタイポグラフィ」がヘルムート・シュミット氏を講師に、京都造形芸術大学にて開催されました。今回はこの特別講義内容をレポートします。
イベントレポート
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本…
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本タイポ組合とギャラリートーク
21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」の関連プログラムとして、企画チームの前村達也氏、中村至男氏、稲本喜則氏、そして参加作家として大日本タイポ組合の秀親氏と塚田哲也氏らによる「大日本タイポ組合とのギャラリートーク」が開…
イベントレポート
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
2015年2月13日、ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」(講師:ノ・ウニュ氏、主催:佐々木愛氏)が開催されました。そのレポートをお届けします。また、記事の最後に、当日、伺いきれなかった参加者からの質問と、メールによるノ氏からの回答を掲載します。
イベントレポート
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワ…
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワークショップ
2014年11月7日、東京・銀座のMMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)で開催されたレクチャー&ワークショップ「文字を創り出すサイラス・ハイスミス×文字を再構築する大日本タイポ組合⇒言語を超えて文字で遊ぶ」のレポートをお届けする。