文字による文字のための文字のサイト

デザインフォーラム「TDC DAY 2018」レポート

イベントレポート

デザインフォーラム「TDC DAY 2018」レポート

2018年4月7日(土)、DNP五反田ビルの1Fホールにて「TDC DAY2018」が行なわれました。東京TDC賞受賞者のプレゼンテーションなどが聞けるこのデザインフォーラムは、今年で19回目の開催とのこと。6時間半にわたるフォーラムの様子をレポートします。

「TDCDAY 2018」は、DNP五反田ビルの1Fホールにて開催。


1. 藤田重信 + 祖父江 慎

タイプデザイン賞

藤田重信氏と祖父江 慎氏

まず最初のプログラムは「筑紫書体(第2期)」でタイプデザイン賞を受賞された藤田重信氏と、ゲストの祖父江慎氏による対談。

タイプデザイン賞を受賞した「筑紫書体(第2期)」
「TDC 2018」展にて)

 漢字の“ふところ”の小ささが特徴の筑紫書体第2期。「引き締まった、“ふところ”の少ないゴシックを現場のデザイナーはこれまで切望してたんだよね」とゲストの祖父江慎氏の言葉から始まりました。

かつてはナールやゴナに代表されるような、“ふところ”が大きいゴシックが近代的・都会的なイメージを持ち、広く使用されてきた。それに伴い、明朝体の“ふところ”も大きくなっていったという書体の流行の流れについてのお話があったあと、「2000年を過ぎたころから若いデザイナーが、『“ふところ”が大きい書体は古ぼけた前時代的な印象で、“ふところ”が小さいほうが新鮮』だと話すようになった」と語る藤田氏。

特徴的な字形については、「文字は結局見慣れていくものだから、(特徴が)いきすぎと思える文字も必要になるのではと思う」とのこと。

藤田重信氏

 筑紫Q明朝のカタカナについて、祖父江氏は「これまでどの書体もひらがなに力をいれて、カタカナはどの書体も同じだったけど、(筑紫Q明朝のカタカナは)うつくしすぎて困っちゃうね!」とにこやかに語られました。


2. 中村至男

RGB賞

中村至男氏

次に登壇したのは、RGB賞を受賞された中村至男氏。実験的な映像作品の「エイドリアンーよむきくをまぜる試み」については、「最近、歌詞とタイポグラフィをシンクロさせたミュージックビデオで優れたものを多く見かけるようになったが、自分は文字を優先して読んでしまって、曲が聴けなくなってしまう」を自身の体験をきっかけとして話されました。「話を聞くとき、人は自然と相手の口元を見る。口のかたちを見ることで、聞くことを補っているのではないかと」、「『読む』と『聞く』とを混ぜることで、両方をリアルタイムに獲得できる瞬間があるのではないか」。

RGB賞「エイドリアンーよむきくをまぜる試み」
「TDC 2018」展にて)

 その他のお仕事でも、「見る」というフィジカルな行為が及ぼす、生理的な感覚と一緒になるアイデアを模索していると語る中村氏。

たとえばプレゼンの中で紹介された「どっとこ動物園」は最低限に抑えたドット絵で動物が描かれており、絵を見てから、それが何の動物だかわかるまでに時間がかかります。その能動的に対象を見よう、感じようとする姿勢が「見る」という行為なのではないか、と語りました。


3. Balmer Hählen (Priscilla Balmer + Yvo Hählen, Switzerland)

TDC賞

Balmer Hählen の Priscilla Balmer氏(右)と、Yvo Hählen氏

3番目に登壇したのはBalmer Hählen(Priscilla Balmer + Yvo Hählen)。スイスにオフィスを構えるデザインデュオです。

現在受賞作品・エントリー作品が展示されている銀座gggの中でも、異質な素材感でひときわ目立つ「Rendez-vous des créateurs 2017」のポスターとインビテーションでTDC賞を受賞しました。

「Rendez-vous des créateurs 2017」のポスターとインビテーション
「TDC 2018」展にて)

砂鉄のような質感のポスターは、フロッキングという技術が使用されているとのこと。シャボン玉の泡を想起させるカードはホログラフィックフォリオ、グリッジから着想を得たインビテーションはレーザーカッティング、その他にもエンボスやワニス、フロッキングなど、彼らの仕事には様々な印刷加工技術が活かされています。

制作の工程についても紹介があり、印刷・加工業者にどういった効果を求めているのかを説明するために見せる、アイデアのアニメーションなどを公開してくれました。


4. Fraser Muggeridge studio (Fraser Muggeridge, U. K. )

ブックデザイン賞

Fraser Muggeridge氏

4番目の登壇者はブックデザイン賞を受賞したFraser Muggeridge studio(Fraser Muggeridge)

受賞作品はグループ展『Shonky: The Aesthetics of Awkwardness』のカタログ。テーマを「ぎこちなさの美」と語りました。

「Shonky」とは「あやしいもの、正統でないもの」という意味がありますが、この作品も中のテキストは中央揃えで組まれ、複数の書体が組み合わされ加工された読みにくい書体が使われています。スタンダードなデザインから外れた、美的な読みにくさを作り上げたと話しました。

『Shonky: The Aesthetics of Awkwardness』のカタログ
「TDC 2018」展にて)

プレゼンテーションの後の質疑応答にて、「読みにくいデザインについて、クライアントからの反発はあったか?」という質問がでました。

それに対し、彼は「shonkyは表現主義的な極端な例です。たとえば道路の標識が読みにくいことはよくないが、すべてが読みやすい必要はない」と答えました。


5. Prill Vieceli Cremers(Tania Prill + Sebastian Cremers, Switzerland)

グランプリ

Prill Vieceli Cremers の Tania Prill氏

5番目には、グランプリを受賞したPrill Vieceli Cremers(Tania Prill + Sebastian Cremers)、スイスのデザインスタジオによるプレゼンテーションが行なわれました。受賞作品の『Under the Radar, Underground Zines and Self-Publications 1965-1975』は、西ドイツにおけるアンダーグラウンドなセルフパブリッシュ作品をまとめた書籍です。

書籍『Under the Radar, Underground Zines and Self-Publications 1965-1975』
「TDC 2018」展にて)

Zine,セルフパブリッシュ作品のアーカイブについて、ブレーメンの現代美術館で行なわれた収集作品の展示会について、そしてUnder the Radarの出版についてにわたるプロジェクトの全容についてをTania氏が話されました。

統一性がなく変わった形状のタイポグラフィやグラフィック、デジタルソフトと手描きによるレイアウトの混在などを魅力として述べつつ、グループ同士をつなげる自己表現や、出版物を通して行なわれるコミュニケーションこそが自己出版のブームが担う文化的な価値と語りました。

受賞作品は英語ドイツ語で出版されており、amazon他で購入することができるとのこと。


6. Au Chon Hin(Macao)

TDC賞

Au Chon Hin 氏

6番目に登壇したのはマカオの若手デザイナーAu Chon Hin。

彼はまず最初にスライドで、歴史的な建造物と現代的な風景が混在するマカオという国について紹介をしてくれました。

「16th Macao City Fringe Festival」のイベントVI
「TDC 2018」展にて)

 今回TDC賞を受賞したのは、「16th Macao City Fringe Festival」のイベントVI。このイベントはマカオのアートフェスティバルで、「親しみやすく、難解ではない」イベントだそう。ポスター等には、マカオの食べ物がシンプルな線、抽象的な図形で描かれています。たとえば会場の受付にはバナナのグラフィックがありますが、それは手土産を持たず来訪したときに「バナナ二本しか持ってきていないの?」と言うマカオでの定型文の冗句が由来と語りました。その他の仕事でも、マカオの伝統をとりこみ、モダンなデザインでアプローチする事例が紹介されました。


7. Nod Young(China)

Nod Young氏

最後の受賞者のプレゼンテーションは、中国の若手デザイナー Nod Youngによるもの。「Editor」のVIでTDC賞を受賞しました。

彼は仕事に対して大事にしているものとして「KISS:Keep It Simple Stupid」と話しました。

「Editor」のVI
「TDC 2018」展にて)

受賞作品の「Editor VI」は、識別性の高いロゴを作るという目標を掲げた上で、ロゴよりも先にビジュアルシステムを作ることをクライアントに提案したとのこと。カードの判型によって、形状が異なるEditorの文字は、面いっぱいにあふれでるメッセージをあらわしています。

その他の仕事のプロジェクトを紹介しつつ、「商業ベースを離脱したデザインは成立しえない」「難しいことを簡単に、簡単なことを細やかに」と語りました。


8. Nod Young + Guang Yu + 服部一成 + 菊地敦己

左から Nod Young、Guang Yu、服部一成、菊地敦己の各氏

最後に、Nod Young氏にGuang Yu氏、服部一成氏、菊池敦己氏が加わり、昨年北京で行われたTokyo TDC Selected Artworks 2016-2017 in Beijing についてのトークセッションが行なわれました。

Guang氏はこれまで二度TDC賞を受賞しており、今回受賞されたNod氏とデザインスタジオABCを主宰。北京でのTDC展のキュレーション、会場設営、展覧会グラフィックを担当されました。

会場設営の経過やオープニングの様子、学生対象のワークショップについてなどの報告があり、その他北京の若いデザイナーの作品の紹介で話が盛り上がりました。

中国と日本でのデザイナーの環境の違いについて話題が及んだ際には、 「中国の印刷業は価格重視なので、品質のよい業者探しにデザイナーはいつも悩まされている。日本の品質重視な点はうらやましい」 とNod Young氏・Guang Yu氏が印刷技術についてを語る一方、 「北京ではデザインされていないものがまだ残っていて、それをデザインしていくというダイナミックな動きがある、ある意味でとてもいい(面白い)状況。東京はすでにデザインされているものであふれてきて、デザインされすぎているものは格好悪く感じる風潮。その中で、デザイナーはどうふるまうか?という問題がある」等、現在の風潮について菊池氏が語り、様々な方面からアジアのデザインを考えるトークセッションとなりました。


6時間半にわたる豪華な会は、最後に登壇者、来場者での記念撮影にて締めくくられました。

受賞作品も展示されている「TDC 2018」は、ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて4月28日(土)まで開催されています。

ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて開催中の「TDC 2018」

(レポート:伊東友子
※「TDCDAY 2018」の会場写真は、TDC事務局からご提供いただきました。

2018年4月17日

シェア

人物プロフィール

伊東友子

多摩美術大学大学院美術研究科修了。文字・言葉に纏わる制作および執筆を行う。

イベントレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
イベントレポート
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすき…
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすきかな?」聞いてきました。
 書体設計士の鳥海修氏が主催する「文字塾」では、一年をかけて塾生が各々の仮名のデジタルフォントを作ります。 11名の塾生の書体が集まった第六期文字塾の展覧会が、2018年6月3日(日)から9日(土)まで人形町ヴィジョンズで開催されました。 今年のタイトルは「すきこそもじの上手な…
イベントレポート
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTP…
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」イベントレポート
2018年5月24日(木)、「フォントかるた」のイベントがフォントかるた制作チームとハイブリッド型総合書店「honto」との共催で行なわれました。内容は、「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」。
書体の知識や、選び方・使い方のレクチャーからはじまり、実際にフォ…
イベントレポート
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬…
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬尚×祖父江慎×味岡伸太郎)
見出し明朝体「味明」と「味明モダン」および本文用のかな書体の発表と「味岡伸太郎書体講座」を刊行した味岡伸太郎氏。大阪に続きペーパーボイス東京で開催の「味明物語東京展」において、4月17日(火)白井敬尚と祖父江慎の両氏を迎えたギャラリートークの様子をレポート。
イベントレポート
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に2…
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に230名
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は7月28日、本社4F大ホール(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において、第21回モリサワ文字文化フォーラム「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」を開催。定員の150名を大幅に上回る230名が参加する盛況となった。
イベントレポート
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山…
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山氏が登壇
印刷博物館は、P&Pギャラリーにおいて開催した企画展「印刷書体のできるまで 活字フォントからデジタルフォントへ」にあわせ、凸版文久体のフォント制作に携わったデザイナーなどを招聘し、これまで2つの講演会を開催してきた。その最終セッションとして6月3日、祖父江慎氏とともに凸版文久体制…
イベントレポート
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 …
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 国語調査官・武田康宏氏が講演
千代田区立日比谷図書文化館は3月30日、日比谷コンベンションセンターにおいて、文化庁文化部国語課 国語調査官の武田康宏氏を講師に迎えて「情報化時代に考えたい漢字の話」をテーマとした講演会を開催し、年度末にもかかわらず200名が聴講に訪れた。
イベントレポート
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ…
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連トークイベント第2弾「鼎談『漱石本制作の舞台裏』」が3月10日、日比谷コンベンションホール・大ホールにおいて開催され、200名が聴講した。
イベントレポート
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシ…
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
千代田区立日比谷図書文化館において開催されている特別展「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」の関連イベントとして対談「造本あれこれそれ話」が2月18日、日比谷コンベンションホールにおいて開催。祖父江慎氏と白井敬尚氏の2人のグラフィックデザイナーが、それぞれの造本に対する考え…
h
s
h
イベントレポート
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別…
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別講義レポート
昨年末に開催された、京都dddギャラリー「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展。特別講義「タイポグラフィとタイポグラフィ」がヘルムート・シュミット氏を講師に、京都造形芸術大学にて開催されました。今回はこの特別講義内容をレポートします。
イベントレポート
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本…
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本タイポ組合とギャラリートーク
21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」の関連プログラムとして、企画チームの前村達也氏、中村至男氏、稲本喜則氏、そして参加作家として大日本タイポ組合の秀親氏と塚田哲也氏らによる「大日本タイポ組合とのギャラリートーク」が開…
イベントレポート
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
2015年2月13日、ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」(講師:ノ・ウニュ氏、主催:佐々木愛氏)が開催されました。そのレポートをお届けします。また、記事の最後に、当日、伺いきれなかった参加者からの質問と、メールによるノ氏からの回答を掲載します。
イベントレポート
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワ…
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワークショップ
2014年11月7日、東京・銀座のMMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)で開催されたレクチャー&ワークショップ「文字を創り出すサイラス・ハイスミス×文字を再構築する大日本タイポ組合⇒言語を超えて文字で遊ぶ」のレポートをお届けする。