文字による文字のための文字のサイト

ATypI 2019 Tokyo いよいよ!

ATypI クロニクル

ATypI 2019 Tokyo いよいよ!

2019年のATypI(国際タイポグラフィ会議)が、東京で開催されます。4月3日に発表会が開かれ、概要やテーマが発表されました。

ATypI とは、タイプコミュニティおよびビジネスのためのグローバルフォーラム。タイプデザイナー、タイポグラファー、グラフィックデザイナー、出版社などがATypIの会員となり、40以上の国から参加。

毎年開催されるカンファレンスでは、タイプデザインおよびタイポグラフィの歴史、文化、伝統を取り上げるだけではなく、コンテンポラリーなデジタルフォントの促進、画期的なタイポグラフィーやタイポグラフィックデザインの発掘、タイプデザインの権利維持を目的とした活動なども展開しています。

4月3日に都内で開催された概要発表会では、ATypI会長のジェリー・レオニダス氏、前会長のホセ・スカリオーネ氏、理事 兼 財務担当のカリーマ・エル・ビーヘアリー氏が来日。「ATypI 2019 TOKYO」理事会のメンバーとして、浅葉克己(アートディレクター)/鳥海 修(字游工房)/新島 実(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 教授)/山本太郎(アドビ システムズ 株式会社)/森澤武士(株式会社モリサワ)の各氏が出席しました。

*新島氏は学校の行事に参加のため欠席

「ATypI 2019 TOKYO」のテーマは、「Rediscover」

「ATypI 2019 TOKYO」は、「Rediscover – 変化と伝統の都市、東京でタイポグラフィを再発見しよう!」 のテーマのもと、2019年9月3日(火)から7日(土)の間、東京にて開催されます。

「学生、教師、個人や企業のタイプデザイナー、フォントビジネスに関わる企業の方、テクノロジーに関わる企業の方、そして書体を使う方々。様々な人が参加することでそれぞれの出会いやあらたな発見、ビジネスチャンスがみつかるはずだ」と、ジェリー・レオニダス氏は語りました。


また、type.center も「ATypI 2019 TOKYO」を応援していくサイトとして紹介されました。

ついに東京にやってくる国際タイポグラフィカンファレンス「ATypI」ですが、「ATypIって何なの?」という方も多いはず。そこで type.center では、「ATypI」についてのやさしい説明や、さまざまな情報をお届けし、2019年9月の「ATypI 2019 TOKYO」の開催まで盛り上げていきたいと思っています。4月3日の発表会の様子もツイートしていますので、そちらもご覧ください。

2018年4月4日

シェア

ATypI クロニクル

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
ATypI クロニクル
「文字のおともだち」がいっぱい!──TypeCon20…
「文字のおともだち」がいっぱい!──TypeCon2016のこと〈後編〉 岩井悠
2019年に東京で開催される「ATypI Tokyo 2019」を目前に過去のおさらい。2012年の香港と2016年のワルシャワのATypIに参加した字游工房のタイプデザイナー、岩井悠さんによる、もうひとつのタイプカンファレンス「TypeCon」についてのレポート後編。ATypI…
ATypI クロニクル
「文字のおともだち」がいっぱい!──TypeCon20…
「文字のおともだち」がいっぱい!──TypeCon2016のこと〈前編〉 岩井悠
2019年に東京で開催される「ATypI Tokyo 2019」を目前に過去のおさらい。字游工房のタイプデザイナー、岩井悠さんは2012年の香港と2016年のワルシャワと、過去2回のATypIに参加。それぞれの違いなどを聞かせてもらおうとしたところ、送られて来たのは、別のタイプカ…