文字による文字のための文字のサイト

第4回:マレーシアの巻

定番カレンダー!の旅

第4回:マレーシアの巻

台湾在住の書体研究者、柯 志杰さんが旅先でみつけたその国らしさあふれる「定番カレンダー」紹介の第4回目。今回はマレーシアのカレンダーです。

第4回:マレーシアの巻

先月ご紹介した、日本の定番カレンダーはどうでしたか。物足りないと思ったりしました?(笑)

そう思った方、ご安心ください。今回は濃いぞ。これほど情報量を詰め込んだカレンダーを目にしたとき、本当に目からウロコでした。

なんと、ミャンマーのと同じ、縦組みですね!

ミャンマーで初めて縦組みのカレンダーを見つけたとき、びっくりして一人で大騒ぎしてましたが、どうやら縦組みのカレンダーって実は東南アジアではそんなに珍しくないようです。

ミャンマーとの違いは、漢字がたくさん入っていること。マレーシアの公用語はマレーシア語ですが、四分の一ぐらいの人口が中国系であるため、中国語の使用も盛んです。中国語ですが、何となく読めそうですね。少なくてもミャンマーのビルマ文字と比べたら全然親しみやすいと思います(笑)。

これまでの経験を遡ると、定番カレンダーはどうやら青と赤の2色印刷が一般的だったので、このカレンダーを書店の販売コーナーで見たときにはカラフルすぎて、本当に定番ものであるかどうか一瞬疑いました。ところが他にも並んでいる各社のカレンダーを見ると、なんと皆まったく同じデザインで、違いといえばほぼサイズだけ。定番すぎます。

早速購入しました。2.2マレーシアリンギット(約60円)でした。

Google Play、App Storeで「マレーシアカレンダー」を検索してみたら、やっぱり同じデザインのカレンダーアプリがたくさん出ます(これとか、これとか)。どれほどマレーシアの人々はこのカレンダーを愛しているか、ちょっとわかったような気がします。この定番中の定番カレンダー、通称「跑馬月暦」です。


「跑馬」って何? と思ってカレンダーを見てみると、確かにそこらじゅうにある馬の絵柄が気になりますね(❶)。

実はこれ、競馬開催日です。マレーシア市民にとって競馬ってどれほど大事なのかわかりませんが、競馬開催日の表示はなぜか一番目立ちます。

中国系住民が多いため、旧暦の日付(❷)はもちろん大切。さらに旧暦毎月の一日・十五日は強調され、これらの日にはご先祖様を供養したり、精進料理を食べたりします。

ならば❸の読めないアルファベットはなんでしょう。

マレーシアの国教はイスラム教で、これはイスラム暦です。現在はイスラム暦の1439年で、今度のイスラム暦新年は今年の9月11日で(もちろんマレーシアの国民の祝日です)、1440年になります。

まだまだあります。読めない❹の文字はタミル文字で、タミル暦の日付を示しています。インド系のタミル族は、スリランカ・マレーシア・シンガポールにたくさん移民し、現地ではそれなりの存在感があります。たとえばシンガポール地下鉄の駅名標は3か言語で表示され、それぞれが英語・中国語・タミル語です。

面白いことに、現在インドの国定暦はタミル暦ではありません。しかし、マレーシアのカレンダーで、タミル暦が生き残り続けています。

赤いコマ(❺)は公衆祝日です。「国民」じゃなくて「公衆」なのは、マレーシアは連邦国家であり、州ごとに定められたそれぞれの祝日もあります。むしろ州別の祝日のほうが多数派です。州によっては週末は土日ではなく金曜と土曜である州もありますから、祝日も一日ずれたりします。

残念ながらこのカレンダーは国民の祝日と州別の祝日の区別はない模様です。携帯アプリの場合、ちゃんと区別される場合もあるようで、さらにどの州の休日までちゃんと説明がつきます。

ところで上の画像は、1月と3月のページを載せていますが、ふたつの間で大きく違うところがあるのに気づきましたか?

よく見ると、3月だけ黄色地のコマが多く存在し(❻)、1月には1つもありませんよね。実は黄色コマがあるのは3月・8月・11月で、そして12月は丸々1ページ完全に黄色です。一体これはどういう意味でしょう?

まあ答えを言ったら別に何も珍しくないです。黄色の日は、学生の連休ですね。つまり冬休み・春休み・夏休みってこと。ただマレーシア以外の国は、学生の連休を市販カレンダーにちゃんと表示する発想はないですよね。

最後に、このカレンダーの一番下に十二支の絵と厄年早見表的なものもついていますが、❼のところに注目してください。何故か絵柄がなく、「猪」の漢字だけ書かれています。

中国十二支の干支は猪ではなく豚です、でも漢字は猪です(ややこしいw ちなみに猪のことは山猪という)。なぜ豚が描かれていないというと、まあ、イスラム教の国なので、やはり豚は……。


いやぁ、今回の記事は長かった(疲)。

恐らく集めた定番カレンダーの中でこれは一番濃いものかもしれません。こんなん出ちゃったら、これからの内容はどうしましょう(悩)。

ということで他の国の定番カレンダーを絶賛募集中です、twitterで教えてください。ハッシュタグは #定番カレンダー で!

2018年6月13日

シェア

定番カレンダー!の旅

柯 志杰

柯志杰 (But Ko)
書体研究者、本職はプログラマー。街文字などで盛り上がるFacebookグループ「字嗨」の設立・管理者。共著に『字型散歩:日常生活的中文字型学』(臉譜出版、2014)がある。『タイポさんぽ 台湾をゆく』(誠文堂新光社、2016)コラム担当。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧