文字による文字のための文字のサイト

「止まれ」名古屋編

とまれかくまれ、どうろのじ

「止まれ」名古屋編

8月10日は「道の日」です。そこで「どうろのじ」にまつわる新企画をはじめます! 日本各地の「止まれ」あつまれ〜!

みなさんこんにちは、大日本タイポ組合の塚田です。8月10日は「道の日」って知ってました? 何年か前のその日に「どうろのじ」がセールをしていたので知ったのですけども。もうセールしないのかな。

東京にいるときには景色に溶けこんですっかり見馴れてしまった「止まれ」の文字も、旅先に行くと違った見え方をすることがあります。というか、旅先で見た「止まれ」は本当に違ったんですね。その文字の形が。

そんなわけで、日本各地の「止まれ」の文字の形についてあれこれ検証してみたいな、と思ったのです。まずは最初にその違いに気付いた、名古屋の「止まれ」から。

どうろのじ・名古屋編

トンガリのある「れ」が特徴的。名古屋の今池近辺にて。

名古屋の「止まれ」で一番特徴的なのは「れ」の左下のところがトンガっている部分。これははじめて見たときとても新鮮で驚きました。そしてそのトンガリ部分から右上へと斜めに上がった後、すぐに折れずにいったん離れて、一画めの縦棒と同じ高さから、「レ」の縦棒をあらためて書いてます。

「ま」の縦棒は中心より右に寄ってます。そして結びの部分がくるんと丸まってる。


駐車場の出口の「止まれ」。名古屋の今池近辺にて。

横組みバージョン。「れ」の左下はトンガリつつも右側はさきほどの「レ」のように直線にならずになめらかな曲線になってます。

「ま」の縦棒はこちらもやはり右に寄ってますね。結びのくるんと丸まった部分はより正円に近い。二本の横画は、上のほうに寄ってますね。「止」の真ん中の縦棒も、やや右寄りだ。

駐車場の出口のところなので、さほどスピード出さずに読むから、字そのもののプロポーションもそんなに縦長ではないですね。

トンガリ部分からの斜めラインよりも後に縦棒が書かれたような形跡が。

ところでこの「れ」、塗料のハゲ具合から書かれた順番を想像するに、本来なら一画めに書く縦棒と、最後の「レ」の部分を最後に書いてるっぽいですね。

あらためて一枚めの写真の「れ」を見ると、こちらは筆順に忠実に書かれてる。筆順よりも効率化なんでしょうか。


こちらも駐車場出口。新しいですね。名古屋の今池近辺にて。

こちらは最近書かれたものでしょうか。「ま」は東京で見かけるものと似た形になってます。真ん中の縦画が下までまっすぐ貫くような形。

とはいえやはりここでも「れ」のトンガリは健在。いいなぁ、このトンガリ。


各地の「止まれ」写真募集!

ということで、まずは名古屋の「止まれ」をご紹介しました。あと何箇所か「止まれ」を撮りためているのですけど、日本全国の「止まれ」を集めてみたいですよね。

そこで、みなさんから「止まれ」の写真を募集したいと思います! 純粋な「止まれ」のみを写した写真が欲しいです。工事中でテープとかで貼られた「おもしろ系」の写真じゃなくて、典型的なその土地の「止まれ」を代表するような写真。なるべく人が写りこんでないといいけど贅沢はいいません。

  • 「止まれ」の写真(全体、一文字づつなど)
  • 撮影した場所(都道府県名・市町村名)
  • 掲載する際のお名前(ハンドルネームも可。どうろのじだけに。)

を、感想やメモなどあれば一緒に添えてメールにてお送りください。

記事として採用になった方には「どうろのじ」のフォントデータをプレゼントしたいと思います(提供:ヨコカク)! ふるって応募して長体!

2015年8月10日

シェア

とまれかくまれ、どうろのじ

塚田哲也

大日本タイポ組合のひとり。新世界タイポ研究会のメンバーでもある。ソロ活動として、デザイン関連ダジャレコンテスト「グッドデザイソ」をtwitter上で開催中。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧