文字による文字のための文字のサイト

type.center

第5回 さわりたい『夜の甘み』

文字食のコラム 「その字にさせてよ」

第5回 さわりたい『夜の甘み』

第5回 さわりたい

『夜の甘み』伊藤啓子(港の人)装丁:関宙明

 目に入った瞬間、さわりたい、と思ってしまった。

「きれい」とか「感じがいい」とか、そんな第一印象をもつ本ならいくらでもあるが、もっと、ずっとインパクトの強い、本能的な欲望。

さわりたい。

がまんできなくて、指の先で押すようにそっと触れると、ちゃんと小さな窪みがある。

なんだかうれしい。

そして、ちょっとほっとした。

欲しい。自分のものにしたい。その気持ちに水を差されなくてすんだ、という気分。

 まるで画用紙のような手触りのカバーだ。

えんぴつ(たぶん)でうすく塗りつぶされたグレーの部分から、『夜の甘み』というタイトルが白く浮かびあがっている。

潔いシンプルなデザインという範疇に当てはめることは易しいが、それにしても、なんという慎み深さよ。

横に小さくそえられた作者の名前にいたっては、目をこらさねばはっきりと見えない。余計なお世話だがちょっと心配になる。

 詩集というジャンルには、文字だけの装丁がわりと多いのだけれど、この文字がまとっている風情は独特だ。

読み手がどのようなイメージを受けとるか、いかにも確信的ではあるが、デザイナーの主張が強すぎるほど奇矯な意匠ではない。

私は、すぐにテレビの推理ドラマを思い出した。

事件の現場はマンションの一室。

一枚破りとった形跡のあるメモ帳の面を探偵が鉛筆でこすると、謎の数字や名前が出てくるあれのこと。

そこには事件の手がかりとなる重要な言葉が残されているのだ。

 以前、美術の時間に習った気がするけれど、「フロッタージュ」という絵画技法にも雰囲気がよく似ている。

表面が凸凹している物体の上にうすい紙をのせ、鉛筆やクレヨンを塗り重ねて対象物の形状を「こすりとる」(frottage)。

子どものころ、この方法をつかって、10円玉や葉っぱの絵を描いた記憶がある。

日頃は気にもかけないものに輪郭が与えられ、硬貨に刻まれた小さな文字が、葉脈が、おどろくほど細密に、くっきりと浮き出てくるのがおもしろかった。

見えないところに潜んでいたものを発見したようで、うれしかったのも憶えている。

 山形在住の詩人・伊藤啓子の第四作目となる『夜の甘み』は、そんな密やかな模様を光にさらすように、人生の細部を見事にうつしとった詩集だ。

それは人間の生身と隣り合わせに漂う死の気配だったり、言葉では説明し難い、奇妙な感情だったりする。

開けた窓から涼しい風が入るのに/妙に暑苦しくふらふらと階下に降りた/冷えたビールを取り出してぐびりと飲むはずが/戸棚の羊羹に手が伸びていた(夜の甘み)

かわいい子犬をもらった/ライチ、と名付けたという手紙をもらったとき/厭な気がした/ああいう女は生き物を飼わないほうがいいのだ(理科少女)

「羊羹」も、「ライチ」も、何気なく書かれているけれど、妙に生々しく、不穏な空気を孕んでいて、その言葉がかきたてる意外なイメージに目をみひらいてしまう。

舞台の上で死者を演じる女。かつて兵隊だった「みきおさん」。「何か食べているところばかり見かける」不思議な夫婦。雨の日に遊びにくる「さゆりちゃん」。

この詩集には、まるで短篇小説のように、さまざまな人物が登場する。

冷めた目線で描きだされる過去と現在。

平凡な日常にかくれている一瞬や、子どものころの記憶。

隣の家を覗き見ていた感覚が、いつの間にか自分の思い出と重なってゆく。

実際私は、むかし住んでいた家の階段や、台所や、風呂場の光景をしみじみと思い浮かべた。

なつかしい家の中は完璧な無音で、夜のはずなのにずっと仄明るい。

家族は寝静まったあとなのか、私以外に誰もいないのか、想像では確かめる術もない。淋しいような、心地いいような気持ちで味わった。

電車がトンネルに入る瞬間/決まって 少女はちいさく声を出す/「あ」でも「け」でも/「も」でもいい/その朝の気分/周りの友だちに聴こえぬように/電車通学をはじめてからの秘密の儀式 (夏列車)

 詩の本文につかわれているのも、カバーの題字と同じ「岩田明朝体」という書体だ。

活版印刷ならではの美しい存在感が、ありふれたひらがなに強度を与え、心の内で鳴る音の効果をいっそう引き立たせている。

確かに活字は凸凹しているものだけど、本物の字型を「えんぴつでこすって活字のかたちを浮き出させる」ことはもちろん簡単ではない。

印刷で表現するためにはおそらく相当なまわり道をして、いわば技術の模倣を行ってまで、このイメージにこだわりながら、えんぴつらしさがより際立つであろう手書きの文字ではなく、あえて活字を対象物にしていることに気づかされる。

それは読み手の目と、詩の世界を地続きにしようとする企みである。

三次元の美しさを絵にうつしとることと、この時代に活字を並べて詩を編むことは、離れていても遠くから見れば同一線上にあるのだろう。私たちが気づかないだけで。

その相似に共鳴するひとがこの本を手にとったなら、言葉の世界に思いがけない模様を発見し、詩を読むよろこびを分かち合うことができるにちがいない。

2015年8月18日

シェア

文字食のコラム 「その字にさせてよ」

正木香子

文筆家。文字を食して言葉を味わう「文字食」日々実践をモットーに、エッセイ・コラム・ルポルタージュなどの執筆を行う。著書に『文字の食卓』(本の雑誌社)、『本を読む人のための書体入門』(星海社新書)、雑誌『デザインのひきだし』にて「もじのひと」連載中。

http://www.mojisyoku.jp/

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第26回 二重の変身 『優雅な生活が最高の復讐である』
第26回 二重の変身 『優雅な生活が最高の復讐である』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第26回目となる今回は、『優雅な生活が最高の復讐である』(リブロポート)をご紹介します。原題は "Living Well is the Best Revenge"。名翻訳から生まれた装丁です。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第24回 愛と表記の王国 『世界のかわいいパン』
第24回 愛と表記の王国 『世界のかわいいパン』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第24回目は、ほのぼのとした文字とイラストに癒やされる『世界のかわいいパン』(パイ インターナショナル)をご紹介します。その表紙をかざる、インパクトのある文字は……。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第22回 ひとりぼっちの地図 『この店、あの場所 He…
第22回 ひとりぼっちの地図 『この店、あの場所 Here,There and Everywhere(POPEYE BOOKS)』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第22回目は、文筆家・松浦弥太郎さんが大切にしているお店や場所を紹介した 『この店、あの場所 Here,There and Everywhere(POPEYE BOOKS)』です。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第18回 一葉の貌 『Leaves: 立花文穂作品集』
第18回 一葉の貌 『Leaves: 立花文穂作品集』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第18回目となる今回は、文字や紙、本を素材やテーマに作品を制作している立花文穂の作品集『Leaves: 立花文穂作品集』(誠文堂新光社)をご紹介します。おや、君の名は……?
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第17回 憧れの音 『言わなければよかったのに日記』
第17回 憧れの音 『言わなければよかったのに日記』
「文字だけの装丁」を味わうコラム連載「その字にさせてよ」第17回目。今回は深沢七郎のエッセイ集『言わなければよかったのに日記』(中公文庫)をご紹介します。佐野繁次郎による題字がユニークで存在感のある一冊です。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第9回 嫌いになれない『嫌われる勇気-自己啓発の源流「…
第9回 嫌いになれない『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』
文字食が一目惚れした「文字だけの装丁」を紹介するコラム連載第9回目。今回はアドラーブームの火付け役となったといわれるベストセラー、岸見一郎/古賀史健『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)。嫌よ嫌よも好きのうち? 年末年始の読書にオススメの一冊です。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第6回 反響する文字『ノルウェイの森』
第6回 反響する文字『ノルウェイの森』
「文字だけの装丁」を味わうコラム連載も、いよいよ第6回目! 今回のテーマは、村上春樹の大ベストセラー『ノルウェイの森』(講談社)です。あの装丁を手がけたのは、著者自身でした。読んだことがある方も、もう一度読み返してみたくなりますよ。