文字による文字のための文字のサイト

type.center

『もじ部』刊行記念・鳥海修×小宮山博史×川名潤トーク〈前編〉

イベントレポート

『もじ部』刊行記念・鳥海修×小宮山博史×川名潤トーク〈前編〉

『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)刊行記念「鳥海 修(字游工房) × 小宮山 博史(佐藤タイポグラフィ研究所)× 川名潤(prigraphics)トーク」が2016年2月16日(火)、青山ブックセンター本店で開催されました。ニッチなテーマにもかかわらず110名の会場が満席になり登壇者自身も驚いたという熱いイベントの様子を、当日の聞き手も務めたライターの雪 朱里がレポートします。

「もじ部特別編:機械彫刻用標準書体の原図を見ながらあれこれ話そう」

駅でよく見るかわいい丸ゴシック体の謎に迫る ―― レポート〈前編〉

街で見かける機械彫刻の文字にはどんなものがあるのか、写真を見ながら話をする。左より、聞き手の雪 朱里 (『もじ部』編著者)、鳥海 修さん(字游工房)、川名 潤さん(prigraphics)、小宮山 博史さん(佐藤タイポグラフィ研究所)。

●機械彫刻用標準書体ってなんだろう?

「機械彫刻」とは、回転する刃物を備えた彫刻盤を用いて、アクリルやプラスチック、金属などの材料に文字を彫刻することで、「工業彫刻」ともいわれます。「機械彫刻用標準書体」とは、彫刻盤によって文字を小型に彫刻するときの標準書体のことで、主に汎用平面彫刻機という機械を用いて彫られます。通産省(当時)管轄の工業技術院を中心に、機械彫刻業界のメンバーや書体デザイナーで構成された原案作成委員会により、1969~1984年にかけて、JIS規格で定められました。

「JIS Z 8903 機械彫刻用標準書体」の特徴を説明していく。

上はJIS規格票「JIS Z 8903-1969 機械彫刻用標準書体」に掲載されている原版用書体。このように、規格では文字の骨格だけが定められており、これを回転する刃のついた汎用平面彫刻機で彫刻すると、下のように太さを持った丸ゴシック体となる。これを「機械彫刻用標準書体」という。(図版は書籍『もじ部』より)

「もじ部」はもともと雑誌『デザインのひきだし』(グラフィック社)の連載で、毎回、書体デザイナーを部長に招き、一般から募集した部員たちと一緒に、書体デザインの背景やコンセプト、書体を見る目をつけるコツなどについてざっくばらんにお話を聞くという企画でした。今回、なぜ『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ(以下、もじ部)』刊行記念トークイベントで、この書体をテーマにしたのでしょうか。

それは、書籍化にあたっての新規書き下ろし記事として、機械彫刻用標準書体の制作背景や、それがだれによってどのようにつくられたのかなどの“制作の謎”にせまるレポートを掲載したからなのです。そしてその取材で、これまで数十年間埋もれたままになっていた原図(途中段階のもの)を発掘しました。本イベントは、この原図を書体デザイナーやグラフィックデザイナーのゲストと一緒に見ながら、気がついたことを話そうという趣旨で行なわれました。

まずは機械彫刻の文字にはどんなものがあるのだろう? ということから。一番見つけやすいのは駅の構内です。

中段、下段は駅でよく見る機械彫刻用書体(標準書体)。一番上の「変電設備」は描き文字。

「機械彫刻用標準書体」。ひらがながなんともいえぬ味わい。

たいへん自由に機械彫刻された文字。標準書体とはまったく違う。

それ以外にも、街のいろいろなところで見つけることができます。

映画館の前で見つけた機械彫刻の文字。「回」の中の口に注目。

鳥海「なんでこれ、〈回〉の中の口が右に寄っちゃってるの……。奥行きがあるじゃない」
「遠近感が生まれていますね(笑)」

こちらも、上と同じ映画館で見つけた機械彫刻の文字。

鳥海「〈上〉の一画目をちょっと斜めにしてるの、いいですねえ」

これらの写真のなかには、標準書体に忠実に彫刻された文字から、微妙に、あるいはまったく形の違うものまでが含まれています。標準書体という存在はあっても、機械彫刻の文字の世界はとても自由です。

川名「文句のつけようのない仕上がりというのが、ひとつも出てこないですね。これだけバラバラだから、街で見かけていたときは、そもそもこの書体に名前があることを知らなかったんですよね」
鳥海源ノ角ゴシックみたいなものなのかな」
川名「オープンソースみたいな」
「アレンジOK、と(いうわけではないのですが)」
川名「でも、JISの規格票に記載されているルール自体はガチガチですよね」

JIS規格票には細かなルールが設けられている一方で、微妙な点画の違いは許容範囲とするとも書かれています。しかし実際に街なかで見る文字は、許容範囲内とは思えないものもたくさんある。標準書体は絶対に使わなくてはいけないという縛りのあるものではなかったことと、標準書体を使用している機械彫刻の会社でも、原版* は各社でつくるから微妙に違ってくるということが考えられます。『もじ部』の取材で、原版を作成するとき、原版用書体はJIS規格票を目で見ながら写していたというお話があったのです。

※原版=機械彫刻で文字を彫刻するときに用いる型。文字部分が凹んでおり、それをなぞると、パンタグラフでカッターに動きが伝わって、被彫刻材に彫刻されるというしくみ。

●『もじ部』の取材で見つけた原図って?

今回の取材で発掘した原図には、4種類がありました(下図1〜4)。さらに、最終的な完成形= JIS規格票として発表されたものとしては、漢字は2種類あります(ひらがな、カタカナ、アラビア数字・アルファベットは1970年代に発表された1種類のみ)

「機械彫刻用標準書体」の原図の変遷

(1) 太いペンで仕上げられた原図
(2) 鉛筆書きの原図
(3) 青焼き(赤字入り)
(4) トレーシングペーパーにペンで墨入れされた原図
***
(5) JIS規格票「JIS Z 8903 機械彫刻用標準書体(当用漢字)」1969年
(6) JIS規格票「JIS Z 8903 機械彫刻用標準書体(常用漢字)」1984年
※ (6) は常用漢字で追加された95字と、1969年の規格票では略字になっていた文字を修整。その他の文字は1969年から変更なし。

このうちおそらく (1) (2) は東京工業彫刻協同組合の「字体博士」と呼ばれていた星野清氏が書いたもの(星野印版工業 専務取締役)。そして (3) (4) については、書体史研究者の佐藤敬之輔氏のもと、佐藤タイポグラフィ研究所のスタッフだった池田誠氏が書いたものと推測されます。 (3) (4) については、まず (4) トレーシングペーパーに墨入れし、 (3) 青焼きをとって東京工業彫刻協同組合の星野清氏、保坂房治氏、仲田義文氏の3人がチェックして赤字を入れ、(4) にホワイトを入れて修整されています。

ただし (4) までは略字の原図はなく、また、完成形として発表された (5) とは、字の形が大きく変わっているのです。この間にどのようなやりとりがあったのか、その空白を埋める資料は今回見つかっていませんが、文字がよりシンプルな線で、彫刻の作業効率の上がる形になるよう修整が入ったようです。

イベントでは、1962(昭和37)年に星野清氏が出版した『機械彫刻用ゴヂック字彙』(内外印版ニュース社)という貴重な本を、小宮山博史さんが見せてくださいました。

機械彫刻用標準書体の原案となったと思われる星野清著『機械彫刻用ゴヂック字彙』(内外印版ニュース社/1962年)

小宮山「内外印版ニュース社。印版というのは、ハンコですね」
「星野さんは星野印版工業という会社の方だったので、自社でつくるハンコのためにこうした書体を書かれたのでしょうね。どうも、この文字をベースにして、機械彫刻用標準書体の原図づくりが始まったようです。だからこの本は、(1) の原図の元になった書体ということでしょうか」
小宮山「時代的にこれが一番最初ですからね」
川名「小宮山さんは、以前からこの本をお持ちだったんですよね。普通に古本屋さんで購入されたんですか?」
小宮山「そうですね。書体の見本帳なので、資料として購入していたのを、今回思い出して、持ってきたんです」

星野清氏の本を見る。ページをめくるたびに「えっ」「これ、なんで?」「なるほど……」と反応する鳥海さん。

星野清著『機械彫刻用ゴヂック字彙』より。「冷」に注目。

鳥海「うわあ、これすごいね! この下段の〈冷〉。ちょっと冷えてない感じ。なんでこういう形になるの?」
川名「上に普通の字を一度書いているのに。このバリエーションが必要という判断ですよね」
「この本、2種類の字体が載っていますね」
鳥海「あ、わかった。上と下のデザインの理由。上は、線が離れていたりする。機械彫刻をしていく上で、刃の上げ下げが必要で、時間がかかるデザイン。下は、線がくっついているから、どんどん仕事が進む。作業効率の良い文字。おそらく上のほうが、普段書いている文字に近いのだけれど、機械彫刻には下の形のほうが向いているのでは?ということなんでしょうかね。
川名「でも、この〈冷〉はそれじゃ説明がつかないですね(笑)」
(文:雪 朱里)

後編に続く】


『もじ部』刊行記念トークレポート〈後編〉に続きます。

2016年3月18日

シェア

人物プロフィール

小宮山博史

1943年新宿生まれ。佐藤敬之輔に師事し書体設計と和文書体史の基礎を学ぶ。佐藤没後研究所を引き継ぎ、書体設計と書体史研究を柱に活動。書体設計では 平成明朝体、大日本スクリーン「日本の活字書体名作精選」、中華民国国立自然科学博物館中国科学庁表示用特太明朝体、韓国サムスン電子フォントプロジェク トなどを制作。著書、共著に『明朝体活字字形一覧』(文化庁)、『日本語活字ものがたり』(誠文堂新光社)、『タイポグラフィの基礎』(誠文堂新光社)、 『活字印刷の文化史』(勉誠出版)など。2010年、竹尾賞デザイン評論部門優秀賞受賞。阿佐谷美術専門学校講師。印刷史研究会会員。

川名 潤

1976年生まれ。学生時代よりデザインを始める。『サイゾー』のデザイナーを経てプリグラフィックス入社。多数の書籍・雑誌のエディトリアル・デザインを手がける。雑誌『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー)、『This!』(小学館)アートディレクター。

http://prigraphics.jp/

雪 朱里

フリーランスライター・編集者。デザイン、文字、印刷、くらしの歴史のまわりで活動中。著書に『文字をつくる 9人の書体デザイナー』、編集・執筆に『文字講座』、『活字地金彫刻師・清水金之助』、大日本印刷『一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録』、小塚昌彦『ぼくのつくった書体の話』、雑誌『デザインのひきだし』など。

鳥海修

1955年山形県生まれ。多摩美術大学GD科卒業。1979年株式会社写研入社。1989年に有限会社字游工房を鈴木勉、片田啓一の3名で設立。現在、同社代表取締役であり書体設計士。大日本スクリーン製造株式会社 のヒラギノシリーズ、こぶりなゴシックなどを委託制作。一方で自社ブランドとして游書体ライブラリーの游明朝体、游ゴシック体など、ベーシック書体を中心に100書体以上の書体開発に携わる。2002年に第一回佐藤敬之輔顕彰、ヒラギノシリーズで2005年グッドデザイン賞、 2008東京TDC タイプデザイン賞を受賞。京都精華大学特任教授。

イベントレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
イベントレポート

対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシ…

千代田区立日比谷図書文化館において開催されている特別展「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」の関連イベントとして対談「造本あれこれそれ話」が2月18日、日比谷コンベンションホールにおいて開催。祖父江慎氏と白井敬尚氏の2人のグラフィックデザイナーが、それぞれの造本に対する考え…