文字による文字のための文字のサイト

type.center

『もじ部』刊行記念・鳥海修×小宮山博史×川名潤トーク〈後編〉

イベントレポート

『もじ部』刊行記念・鳥海修×小宮山博史×川名潤トーク〈後編〉

「もじ部特別編:機械彫刻用標準書体の原図を見ながらあれこれ話そう」

駅でよく見るかわいい丸ゴシック体の謎に迫る ―― レポート〈後編〉

『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)刊行記念「鳥海 修(字游工房) × 小宮山 博史(佐藤タイポグラフィ研究所)× 川名潤(prigraphics)トーク」が2016年2月16日(火)、青山ブックセンター本店で開催されました。レポートの後編をお伝えします。執筆者は雪 朱里。前編の記事はこちら

●時代と機械

汎用平面彫刻機は、カッターが回転して文字を彫るというしくみのため、線の太さを途中で変えることはできないし、線の先端を四角くすることもできません。機械彫刻用標準書体は、丸ゴシックにしたくて丸ゴシックにしたのではなく、丸ゴシックしか彫れない機械のための書体だから丸ゴシックなのです。

これは機械彫刻用標準書体の字形だが、街で見かける「非常」には「非」の3画目が突き出ていなかったり「常」がハネていたり、微妙に字形の違うものも多い。

小宮山「1969年というこの時代、こんな風に水平垂直の丸ゴシックはなかった。1973年に写研から発売されたナールが最初ですよ。そう考えると、時代と機械によって書体が変わっていくということの非常に良い例だと思うんですよね」
鳥海「機械彫刻用標準書体の仮名を見ると、結構ナールに近い形が出てくる」

機械彫刻用標準書体のカタカナ。

小宮山「特にカタカナなんてそうですね。水平垂直。ただ、この書体を絶対に使わなくてはならないという制約はないし、原版の制作過程では手で書いて写している。だから、どんどん形が変わっていくのは必然でしょうね」
川名「だから、〈標準書体〉みたいなものじゃなくて、勘亭流とか草書体みたいな、作法の一つみたいに感じるんですよ」
鳥海「ただ、原図を見てると、常用漢字表みたいな決まりはあって、それに則るような作り方をしているよね。だから〈非〉の3画目なんて、突き抜けてるわけでしょ。そうすると〈常〉の10画目はハネなくていいのかと思ってしまうけれど。どこを取捨選択するのかということを、すごく考えて作られている気がする」

小宮山「原図をずっと見ていくと、字体のバラ付きというか、統一されていないのを感じますね。線がつく、離れるというのがバラバラ」
「一番最初は、当用漢字字体表をベースにしつつ、機械彫刻の特徴を考慮して、形が決められていったようです。1969年の当用漢字版でかわいかった略字は、1984年の改訂で、限られた条件のもとでしか使用しないこととして、扱いが小さくなっている」
川名「もったいないですね。面白いのに」
鳥海「小学生がこんな略字を学校で書いたら、先生はバツをつけるよね。いま〈機〉の略字なんて、子どもは知らない。大人は両方知っていますよね。なのに、片方しかなくなってしまった。それはよくない」
川名「選択肢は残しておいてほしいですね」
鳥海「僕、変体仮名とか大好きだから、残しておいてほしいなと思ってしまうんですよね」

「略字体が面白いのに」と川名さん(中央)。

●鳥海さん風「機械彫刻用書体」を書いてみる

事前に一度、鳥海さんに原図を見せたとき、「なにこれ!?」と鳥海さんの注意を引いたものがありました。(2) (3) の原図の「何」という字の右下のハネ部分にうっすらと楕円が書かれており、その下半分の円弧を使ってハネを書いていたのです。機械彫刻の原版をつくるときに使用する原版の原版(同心円状の溝と、中央近くに角Rの溝が入ったもの)の写真を見て、「こういう円弧を当てはめて書いていく文字なんだね」と気づいた鳥海さんは、ついうっかり「おもしろいね。オレ、書いてみるよ」と言ってしまったのです。

本イベントで鳥海さんが実演するきっかけとなった「何」。原図 (1)(レポート前編参照)

そして本イベントの場でライブドローイングを行なうことに。
鳥海さんが用意してきてくれたのは、細かく数字がたくさん書き込まれた「愛」「お」2文字のスケッチ。そして、同心円状に線がとれる円周定規と、0.8mmの太さのペン。

円周定規を手に、「鳥海風機械彫刻用書体」の説明をする鳥海さん。左の画面に見えているのがスケッチ。

鳥海「今日のために、準備してきました。まず、こんな感じかな、と文字をスケッチして、各部に当てはまる曲線に該当する円周定規の直径数値を記入しておいたんです。その場ですぐに見つけられるように。では早速、ペン入れしていきますね」
ライトテーブルがないので、鉛筆の下書きの上から直にペン入れをし、最後に消しゴムで消すことにします。

あらかじめ探してあった、スケッチに合う曲線を円周定規から選び、ペン入れをしていく。

鳥海「こうやって、線を引いていく。これ、絶対に楽しいですよ。みんなこうやって新書体をつくってみるといい」
「機械彫刻用文字の法則を使っているけれど、鳥海さんが書くとやっぱり標準書体とは違うんですよね」
鳥海「悩んだのは〈愛〉のなかの〈心〉。この底の部分を、悩んだ末に平らにしたんですけど、これがかわいくない。ここを斜めにすると、途端にかわいくなるんです」
小宮山「ほとんどの書体で、そこは斜めになっていますね」
「原版の原版を使って機械彫刻用の原版を彫るときにも、ちょうどいい曲線を選びながら彫っていた」
鳥海「だから、この作り方って本当に不自由なんですよね」
小宮山「曲線がすごく難しいね。複雑な線が書けない」
鳥海「そうなんです。でもこういうふうにしないと、原版になるようなしっかりした線が書けなかったのかな、と」

「愛」の右ハライが見せ場。

鳥海「〈愛〉の最後の右ハライに凝ったんですよ」
「数字が2つ書かれていますね」
鳥海「2つの曲線を使ったんです」
川名「ちゃんと最後に見せ場を(笑)」
小宮山「そうすると、半径を使うわけだから、つなげるの大変でしょ」
鳥海「そうなんですよ。でも僕、機械科だったから、定規使うのうまいんですよ」

「お」にもどんどんペン入れをしていく。

「愛」をおおかた仕上げたあと、鳥海さんは「お」も手早く仕上げてくれました。

「愛」の小さな角Rが残っている。

そして最後の最後に残ったのは「愛」の細かい角R。細心の注意を払って、とても小さな円弧を引きました。

細心の注意を払って、小さな円弧を引き、仕上げる。

鳥海「これ、絶対にフリーハンドで書いたほうが早いと思う」
「さっき、みんなぜひやってみて! とおっしゃっていたのに(笑)。でもこんな風に、機械の性質から来る制約がデザインコンセプトになっているわけで、それがこの書体の面白さですね」
川名「不自由な面白さがある」
小宮山「多分、書体の歴史っていうのはこういうことなんだと思う。その時代ごとの不自由のなかで、どういう形をつくっていくのか。時代がよくわかりますね。いまはこんな作り方しないはずですから。そういうところがすごく面白い」

完成したものを、原図と見比べてみました。

上が「鳥海風機械彫刻用書体」、下が「機械彫刻用標準書体」の原図 (1)。

小宮山「〈愛〉の下部分が小さいですね」
鳥海「原図に合わせて、わざと小さくしたんです」
小宮山「〈心〉はやっぱり斜めにしたほうがいいですね。かわいくない」
鳥海「……ちょっとエレガントにしてみました!」
小宮山「〈お〉はタイポスみたいですね」
鳥海「それも標準書体をマネたんですよ」
小宮山「鳥海さんから見て、機械彫刻用標準書体はどうですか?」
鳥海「結構いいと思いますよ」

「鳥海風機械彫刻用書体」を楽しそうに講評する小宮山さん。

●星野清さんのロゴデザイン

最後に、鳥海さんのお話は、星野清氏がデザインしたという、東京工業彫刻協同組合のロゴに及びました。

星野清氏がデザインした、東京工業彫刻協同組合のロゴタイプ。

鳥海「この篆書、きれいですよね」
川名「これはかっこいいですね」
鳥海「このロゴを見ると、やっぱり星野さんは文字に対する知識が豊富で、そういう人がこの機械彫刻用標準書体をつくっていたというのが大事なことなんじゃないかなと思うんです」

小宮山「これまでの書体史のなかで、この部分はまったく空白でした。僕の師は佐藤敬之輔ですが、佐藤の口からこの書体について聞いたことはなかった。だから今回の『もじ部』の記事でこの仕事が明らかになったことを、星野清さんは喜んでおられると思う。雪さんには機械彫刻用標準書体について、ぜひきちんとまとめていただきたいですね」


筆者はこれまで、「書体」といえば印刷用書体のことばかり考えてきましたが、たとえば今回の機械彫刻用標準書体のように、そうでないところでも当然ながら書体が必要とされていた分野があり、そしてそこに印刷用書体のデザイナーが関わっていたということ。しかしそのことはあまり知られておらず、記録も残っていない(または、まとめられていない)ということが、今回の『もじ部』の取材で見えてきたことでした。

本イベントでは、機械彫刻用標準書体について、書体デザイナー、書体史研究家、グラフィックデザイナーの方々の目を通して考察を重ねることで、新しく見えてきたことがあった、いわば『もじ部』の補講となったトークでした。イベント内容も踏まえて、さらに取材を重ね、ゆくゆくは機械彫刻用標準書体について何らかの形でまとめられたらいいなと思っています。

書籍『もじ部』(Amazon)

本イベントでも触れた、機械彫刻用標準書体の原図発掘の過程や、原版制作・機械彫刻の様子は、書籍『もじ部』に写真とともに掲載されています。ぜひそちらもあわせてご覧ください。
(文:雪 朱里)


2016年3月25日

シェア

人物プロフィール

小宮山博史

1943年新宿生まれ。佐藤敬之輔に師事し書体設計と和文書体史の基礎を学ぶ。佐藤没後研究所を引き継ぎ、書体設計と書体史研究を柱に活動。書体設計では 平成明朝体、大日本スクリーン「日本の活字書体名作精選」、中華民国国立自然科学博物館中国科学庁表示用特太明朝体、韓国サムスン電子フォントプロジェク トなどを制作。著書、共著に『明朝体活字字形一覧』(文化庁)、『日本語活字ものがたり』(誠文堂新光社)、『タイポグラフィの基礎』(誠文堂新光社)、 『活字印刷の文化史』(勉誠出版)など。2010年、竹尾賞デザイン評論部門優秀賞受賞。阿佐谷美術専門学校講師。印刷史研究会会員。

川名 潤

1976年生まれ。学生時代よりデザインを始める。『サイゾー』のデザイナーを経てプリグラフィックス入社。多数の書籍・雑誌のエディトリアル・デザインを手がける。雑誌『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー)、『This!』(小学館)アートディレクター。

http://prigraphics.jp/

雪 朱里

フリーランスライター・編集者。デザイン、文字、印刷、くらしの歴史のまわりで活動中。著書に『文字をつくる 9人の書体デザイナー』、編集・執筆に『文字講座』、『活字地金彫刻師・清水金之助』、大日本印刷『一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録』、小塚昌彦『ぼくのつくった書体の話』、雑誌『デザインのひきだし』など。

鳥海修

1955年山形県生まれ。多摩美術大学GD科卒業。1979年株式会社写研入社。1989年に有限会社字游工房を鈴木勉、片田啓一の3名で設立。現在、同社代表取締役であり書体設計士。大日本スクリーン製造株式会社 のヒラギノシリーズ、こぶりなゴシックなどを委託制作。一方で自社ブランドとして游書体ライブラリーの游明朝体、游ゴシック体など、ベーシック書体を中心に100書体以上の書体開発に携わる。2002年に第一回佐藤敬之輔顕彰、ヒラギノシリーズで2005年グッドデザイン賞、 2008東京TDC タイプデザイン賞を受賞。京都精華大学特任教授。

イベントレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
イベントレポート

対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシ…

千代田区立日比谷図書文化館において開催されている特別展「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」の関連イベントとして対談「造本あれこれそれ話」が2月18日、日比谷コンベンションホールにおいて開催。祖父江慎氏と白井敬尚氏の2人のグラフィックデザイナーが、それぞれの造本に対する考え…