文字による文字のための文字のサイト

type.center

K2×大日本タイポ組合 「ユニットだから実現できたこと、実現できること〜デザインが果たすこれからの役割」

モリサワ文字文化フォーラム 「文字とデザインVol.6」

K2×大日本タイポ組合 「ユニットだから実現できたこと、実現できること〜デザインが果たすこれからの役割」

(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月22日、本社4階大ホールにおいてモリサワ文字文化フォーラム「文字とデザインVol.6」を開催。会場にはおよそ180名が聴講に駆け、さらにサテライト会場となった東京本社会場にもおよそ50名が参加した。

モリサワ本社4階大ホール 会場の様子

今回は、K2の長友啓典氏、黒田征太郎氏、大日本タイポ組合の秀親氏、塚田哲也氏、司会にデザイン団トンネルの鈴木信輔氏、樋口寛人氏を迎え、K2、大日本タイポ組合のこれまでの活動から「グラフィックと文字が創り出すデザインの力」を振り返り、「デザインが果たすこれからの役割」をテーマに、講演と対談が行われた。

【セッション3】

K2×大日本タイポ組合 「ユニットだから実現できたこと、実現できること〜デザインが果たすこれからの役割」

司会のデザイン団トンネル(鈴木信輔氏・樋口寛人氏)/ K2(長友啓典氏・黒田征太郎氏)/ 大日本タイポ組合(秀親氏・塚田哲也氏)

大日本タイポ組合「文字が創り出すデザインの力」K2「グラフィックが創り出すデザインの力」に続く最後のセッション3では、両ユニットが「文字を解体して再構築する」=「文字は絵」という部分に共通点を見出す一方で、文字の将来については少し違った考え方を示した。

塚田氏が「象形文字から字の形がデザインされてきて、文字の形が決まっているが、現在の文字が完成形であるかは疑問。まだまだ文字数は足りない。『あ』と『い』の間にもうひとつ文字があってもいいと思っている」と語ると、黒田氏が興味を示す。秀親氏も「アルファベットには大文字・小文字があるが、中文字というのもあっていいのでは」とし、彼らの活動がそんな想いからはじまっていることを垣間見ることができた。


一方で、黒田氏は、「文字を一度なくしてしまってはどうか。文字があるからややこしい。その最たるものは数字だ。数字に左右され、数字で判断されるなど、自分たちが作った数字というシステムに振り回されることも多い。逆に一度なくしてしまえば、その大事さが分かるかもしれない」と語った。そこで透かさず、大日本タイポ組合も10年前に作った作品「文字のない世界」を紹介した。


「ひとつの文字にどれだけ感情を込められるのか、やっぱり感情が大切で、だからハガキの宛名面の文字も最後まで自分で描かないと気が済まない」という黒田氏に続き、長友氏は、「作家によって文体が違うように、作家の文体に合った文字が出てきたらおもしろい。組版になった時に、読後感まで表現できるようなものすごくチャーミングな組版である。何事もチャーミングでカッコ良くないといけない」と話す。

これに対し、「長友さんがおっしゃった作家の組版という話。手書き原稿って百人百様。フォントは1人に最低1書体あってもいいように思う」と塚田氏。長友氏も共感する。

黒田氏は、「『文字は世につれ』という言葉があるとすれば、今後、文字は簡素化されるはず」と語る。これに対して塚田氏は「例えば、『アンモナイト』というひとつの漢字ができれば効率的」と述べ、互いに「文字の省エネ化」で意見が一致した上で、「柔軟さは必要だが、合理性だけを追求してはいけない」(秀親氏)とした。


最後に「デザインの世界に陰りが見える」という認識で一致した両ユニットは、次世代に対して誇り高き姿を見せて、デザイン分野に『あこがれ』を取り戻すことの必要性を訴え、そのための活動を行っていくことを約束して閉幕となった。

年代も、キャリアも関係なく、熱い思いで語り合った3組のユニット。笑いを交えながらも、真剣に熱く語る姿に、文字の未来への希望が見える有意義な時間となり、大日本タイポ組合の2人の「俺たちのやっていることは間違いじゃないと改めて確認できたと思う」という言葉で、フォーラムの最後が締め括られた。


2016年3月17日

シェア

人物プロフィール

大日本タイポ組合

秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。日本語やアルファベットなどの文字を解体し、 組み合わせ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。 文字通りモジモジしながら文字で遊んで21年。 ロンドン、 バルセロナ、東京にて個展を開催。 シンガポール、香港、韓国などでの企画展に参加。 2012年古堅まさひこと共に日本科学未来館にて「字作字演展」を 開催。TokyoTDC会員。

長友啓典

1939年大阪生まれ。1961年 桑沢デザイン研究所卒業。同年、日本デザインセンター入社。1969年 黒田征太郎氏とK2設立。1984年 講談社出版文化賞「さしえ賞」を受賞。1998年 青葉益輝氏、浅葉克己氏と共に『◯△□アートディレクターの発想・現場・定着』を出版。2001年第22回日本宣伝賞山名賞、2006年第37回講談社出版文化賞「ブックデザイン賞」を受賞。『成功する名刺デザイン』、『死なない練習』など著書多数。エディトリアル、各種広告、企業CIを手がける他、多数の小説に挿絵、雑誌にエッセイ連載など幅広く活動し現在に至る。

黒田征太郎

1939年大阪生まれ。1969年長友啓典氏とK2設立。1994年「野坂昭如/戦争童話集」映像化プロジェクトを開始し沖縄篇含め13話完成。2004年よりPIKADON プロジェクトを展開。2011 年震災後、神戸・大阪・盛岡・南三陸町にてポスターライブや仮設住宅の壁画制作を行う。『教えてください。野坂さん』(スイッチ・パブリッシング)出版。国内外でライブペインティング・病院等の壁画制作・絵話教室等、幅広く活動中。

モリサワ文字文化フォーラム 「文字とデザインVol.6」

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
モリサワ文字文化フォーラム 「文字とデザインVol.6」
K2×大日本タイポ組合 「ユニットだから実現できたこと…
K2×大日本タイポ組合 「ユニットだから実現できたこと、実現できること〜デザインが果たすこれからの役割」
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月22日、本社4階大ホールにおいてモリサワ文字文化フォーラム「文字とデザインVol.6」を開催。会場にはおよそ180名が聴講に駆け、さらにサテライト会場となった東京本社会場にもおよそ50名が参加した。
モリサワ文字文化フォーラム 「文字とデザインVol.6」
K2「グラフィックが創り出すデザインの力」
K2「グラフィックが創り出すデザインの力」
1月22日に開催された、モリサワ文字文化フォーラム「文字とデザインVol.6」。会場となった大阪・モリサワ本社4階大ホールにはおよそ180名が聴講に駆け、さらにサテライト会場の東京本社会場にもおよそ50名が参加。K2の二人によるセッションをお届けする。
モリサワ文字文化フォーラム 「文字とデザインVol.6」
大日本タイポ組合「文字が創り出すデザインの力」
大日本タイポ組合「文字が創り出すデザインの力」
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月22日、本社4階大ホールにおいてモリサワ文字文化フォーラム「文字とデザインVol.6」を開催。会場にはおよそ180名が聴講に駆け、さらにサテライト会場となった東京本社会場にもおよそ50名が参加した。