文字による文字のための文字のサイト

type.center

デヴィッド・バーロー氏「Restless wind inside a letter box レターボックスの中で起こる変化」

第4回タイプデザインコンペティション特別セミナーレポート

デヴィッド・バーロー氏「Restless wind inside a letter box レターボックスの中で起こる変化」

株式会社モリサワは、「タイプデザインコンペティション2016」の開催を記念して特別セミナー「タイプデザイナーの視点」を2月17日、東京・有楽町の東京国際フォーラム にて開催した。フォントビューロー社(米国)の創設者のひとりデヴィッド・バーロー氏による基調講演のほか、モリサワフォント「竹」の作者である竹下直幸氏、タイプデザインコンペティション和文部門審査員を務める永原康史氏により、書体制作の基礎やそのプロセス、今後のタイプフェイスへの期待などについて幅広く講演が行われた。


基調講演「Restless wind inside a letter box レターボックスの中で起こる変化」

デヴィッド・バーロー 氏

フォントビューロー社(米国)の創設者のひとりでデジタルフォント制作の先駆け的存在であるデヴィッド・バーロー氏

フォント開発に「デザイン・汎用化・解析」というプロセスは必ずサイクルで訪れる

1つめのセッションでは、海外よりフォントビューロー社(米国)の創設者のひとりであり、デジタルフォント制作の先駆け的存在であるデヴィッド・バーロー氏による基調講演「Restless wind inside a letter box レターボックスの中で起こる変化」が行われた

同氏はまず、「私の書体、タイポグラフィのデザイン、開発などに関する考え方は、これまでの製品で成功したもの、あまり成功しなかったものを含めて形成されてきたものである。そして、すべてのタイプの開発プロジェクトでは、タイプデザイナーが自分自身のプロセスを使って、そしてタイプとデザイナーが互いに外界といろいろな体験をしながら小さい世界を作っていくわけである」と切り出し、書体開発のプロセスや製品化について話を展開した。

そして、「ほとんどのフォントの開発において、デザイン・汎用化・解析というプロセスは必ずサイクルで訪れてくるものであるが、そのサイクルが終わった時点で良いグリフができあがるということになる。理論的に言えば、これがタイプデザイナーにとっては大きな刺激となっている」と説明した。

レターボックスの中の文字には、さまざまな「風」が吹く

続いて講演テーマでもある風(wind)について、バーロー氏は「成功したフォントの開発には、いろいろなバーチャルグリフによって埋められた『レターボックス』というバーチャルボックスがその中心にある。グリフというものは、その描かれ方、スタイルによってその1つひとつのグリフの想いを見るものに伝える。しかし、このようなバーチャルグリフの間にも様々なタイポグラフィの想いというものがあり、それを私は『風』と呼んでいる」と説明する。

さらにバーロー氏は、「この風は強かったり弱かったり、良かったり悪かったりする。その風力というのは、解像度であるとか、ダウンロードの速度であるとか、また物理的なテクノロジーの問題、タイポグラフィの記述言語、ユーザーインターフェース、OSなどの技術的なものだけでなく、政治、経済、人間関係なども入ってくる。そして、それらにはすべて歴史があり、時には100年も前から続くような歴史さえもそこにはある。もちろん、今も、未来もある。つまり、いろいろな問題はあるが、それは毎日のように変わっていくということである。私はこうした文字の中に吹く『風』というものに長年にわたって取り組んでおり、それがグリフに与える影響、タイプフェイスのスタイル、そしてタイプフェイスファミリーに与える影響、デザイナーや製品の計画に与える影響を考え、いろんなフォントファミリーを作ってきた」と語った上で、その取り組みの事例として、3つのプロジェクトを紹介。

1つめは、高解像度のウェアラブルデバイス用スクリプトフェイス「Delilah」について。2つめは、Webフォント「The Reading Edge(RE)Fonts」シリーズについて。最後に、古いアメリカの装飾文字をデジタル化するプロジェクトを紹介して、セッションを終了した。

セミナーは、竹下直幸氏「私と文字」へと続く。

2016年4月11日

シェア

人物プロフィール

D
David Berlow

美術・美術史を学んだ後、1978年よりLinotype社などで文字のデザインに携わる。1982年、デジタルフォントを供給するBitstream社に参画し、書体の技術やマーケティングについて深く携わる。1989年、ロジャー・ブラックとともにFont Bureau社を設立。同社はこの四半世紀、500以上のカスタムフォントのプロジェクトや、OEM事業、デスクトップとウェブ向けの小売を、20名あまりの従業員で展開している。国際タイポグラフィ協会(ATypI)会員。タイプデザイナー、タイプデザイン・マネージャー、フォントソフトウェアのディレクター、マーケティングの愛好家としてマサチューセッツ州の自宅で仕事をこなす。Font Bureau社およびWebtype社のオーナー兼取締役。

第4回タイプデザインコンペティション特別セミナーレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧