文字による文字のための文字のサイト

type.center

永原康史氏「パラメトリック・タイポグラフィ」

第4回タイプデザインコンペティション特別セミナーレポート

永原康史氏「パラメトリック・タイポグラフィ」

株式会社モリサワは、「タイプデザインコンペティション2016」の開催を記念して特別セミナー「タイプデザイナーの視点」を2月17日、東京・有楽町の東京国際フォーラム にて開催した。フォントビューロー社(米国)の創設者のひとりデヴィッド・バーロー氏による基調講演のほか、モリサワフォント「竹」の作者である竹下直幸氏、タイプデザインコンペティション和文部門審査員を務める永原康史氏により、書体制作の基礎やそのプロセス、今後のタイプフェイスへの期待などについて幅広く講演が行われた。


「パラメトリック・タイポグラフィ」

永原康史氏

3つめのセッションでは、タイプデザインコンペティション和文部門審査員を務める永原康史氏が「パラメトリック・タイポグラフィ」をテーマに講演した。

タイポグラフィと親和性が高いプログラミング

永原氏はまず、テーマである「パラメトリック・タイポグラフィ」について説明。「『パラメトリック』とはパラメータ、日本語では『変数』という言い方をする。何の変数かというと、アルゴリズムの変数である。アルゴリズムというのは『手順』と日本語では訳していいだろう。アルゴリズムとパラメータというのは、ワンセットで語られることが多い」と語り、その関係性を料理などに例えて説明。料理にとっての手順とはレシピ、変数とは塩加減や焼き具合にあたり、例えばステーキを焼くとき、肉を切って、油を引いて、塩胡椒をふるなど、変えることによって違うものができるものを変数と呼ぶと解説した。

そして、「アルゴリズム」と「パラメータ」を合わせたものがプログラミングであると続け、「プログラミングとは、何かを達成するための手順書であると考えることができる」と述べ、1つの講演をやりきるための順番、また、人に道順を教えるときの道順などもプログラミングであり、タイポグラフィもまたプログラミングであると示唆した。

続いて文字組とコンピューティングの話に移り、「タイポグラフィとプログラミングは非常に相性が良く、産業としての活字印刷はかなり早い段階で電算化されている」と説明し、活字の電算鋳造機「ライノタイプ」をスクリーンに写し、タイポグラフィとプログラミングは親和性が高いジャンルであると説明した。

また、1964年に刊行されたカール・ゲルストナー(Karl Gerstner)氏による著作『Designing Programmes』を紹介。同氏はスイススタイルを代表するデザイナーで、swissairのロゴタイプやシェル石油のCIなどが有名であると紹介。同書について、「これはコンピュータでデザインしましょうという本ではない。造形する手順をデザインするという本である。カール・ゲルストナー氏は日本の写植の組版をヒントにこのアイデアを思いついたらしい」と語り、形や大きさなどを変化させていくことで文字や形のバリエーションを展開していくその手順など、本の内容を紹介した。

「あいちトリエンナーレ2016」のシンボルマークデザインをパラメトリックの方法で作成

続いて、実際にコンピュータのプログラミングを使ったデザインとして紹介されたのが、永原氏が公式デザイナーを務める「あいちトリエンナーレ2016」のシンボルマークデザイン。このシンボルマークは一定の形はなく、ソースのコードによって生成されるパラメトリックなデザインになっている。

このシンボルマークについて永原氏は、「これは9本のバーを作るときに角度と長さと幅に変数を与え、毎回違う形ができるようにしている。しかし強度が強いので同じマークにしか見えない」と説明し、さらに「このシンボルマークは、ゆらぎのある、やわらかいアイデンティティを持っている。人間を見たとき、それぞれの顔はまったく違うが人間であることは分かる。犬や猫も同じである。アイデンティティとは本来、こうでなくてはならないというものではない。だいたいこんな形なら分かるのではないかというのが自然なありようである」と解説した。

最後に、ニューラルネットワーク(神経回路網)を使ってフォントを作ったエリック・バーンハードソン(Erik Bernhardsson)氏の話を紹介し、セッションを終了した。


2016年4月20日

シェア

人物プロフィール

永原康史

グラフィックデザイナー。多摩美術大学情報デザイン学科教授。電子メディアや展覧会のプロジェクトも手がけ、メディア横断的なデザインを推進している。2005年愛知万博「サイバー日本館」、2008年スペイン・サラゴサ万博日本館サイトのアートディレクターを歴任。2016年あいちトリエンナーレ公式デザイナー。著書に『インフォグラフィックスの潮流』(誠文堂新光社)、『日本語のデザイン』(美術出版社)など。タイポグラフィの分野でも独自の研究と実践を重ね、多くの著作を発表。2012年には、前後の文字によって異なる字形を表示する新フォント「フィンガー」(タイプバンク)をリリースした。

第4回タイプデザインコンペティション特別セミナーレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧