文字による文字のための文字のサイト

type.center

開館から4ヵ月、日本初の「漢字ミュージアム」をレポート

イベントレポート

開館から4ヵ月、日本初の「漢字ミュージアム」をレポート

京都・祇園の中学校跡地に誕生した、漢字文化育む教育施設
開館から4ヵ月、日本初の「漢字ミュージアム」をレポート

今年6月、日本初の漢字ミュージアム「漢検 漢字博物館・図書館」が京都・祇園の京都市元弥栄中学校跡地に誕生し、9月末の時点ですでに3万5,000人以上の来館者を受け入れている。同施設は、公益財団法人 日本漢字能力検定協会が運営する教育施設。「触れる、学ぶ、楽しむ」をコンセプトとした体験型ミュージアムで、来館者に漢字の面白さ・奥深さを体感してもらうことで、日本の漢字文化を育み、継承していくことを目指している。今回、日本の知的財産である漢字文化の情報発信拠点として、この「漢字ミュージアム」を取材した。


年間20万人以上の来館者見込む

「漢検 漢字博物館・図書館」は、日本漢字能力検定協会が旧・本部ビル2階ワンフロア約300平方メートルの狭小スペースで2000年から運営してきた「漢検 漢字資料館」を発展させる形で、京都・祇園の京都市元弥栄中学校跡地に建設されたもの。同協会は2012年7月、京都市が発表した「学校跡地に係る市民等提案制度」を受けて、より充実した漢字の普及啓発施設を建設する計画を策定。これが京都市・地域住民との協議の結果採択され、2015年2月に建設を開始、今年6月に開館を迎えた。今後は、日本の漢字文化の発展と継承を目指すとともに、それを広く世界に発信する情報拠点として、年間20万人以上の来館者を見込んでいる。

京阪本線「衹園四条駅」から四条通を八坂神社方面へ5分ほど歩くと、京都・祇園の街並みの中に、一見、近代的でありながら京都の伝統的建築物である京町家を想わせる地上3階建ての建物が見えてくる。これが漢字ミュージアム「漢検 漢字博物館・図書館」だ。
構想当時は、2011年に廃校となった中学校の建物をモニュメントとして活用する案もあったそうだが、鴨川の東側は山から流れてくる水の影響で建物自体が脆弱化していたこともあって新たに建築された。ただ、入り口の石畳と運動場の一部は現在も残されている。


今年の漢字

正面の入り口を入り、広いエントランスを抜けて入場すると、まず、「今年の漢字」が出迎えてくれる。これは12月12日の漢字の日を記念して1995年から毎年発表されているもの。2015年は「安」。京都・清水寺で森清範貫主が揮毫した大迫力の本物が展示されている。

触れる、学ぶ、楽しむ

館内は大きく分けて1階と2階のフロア別で分かれている。
1階のテーマは「見て聴いて触れるグラフィック展示・映像シアター」。映像やグラフィック、資料に触れるハンズオン装置などの体験的な手法を用いて、日本語を書き記す文字として発展・変容してきた漢字の歴史が楽しく学べる。
まず、シアタールームでは「漢字ってなに?」(約8分)が上映されており、音と映像で漢字の世界を紹介している。そこを出ると、手をかざすことで漢字のルーツとされる甲骨文字を見つける「踊る甲骨文字テーブル」や、時代毎の「漢字の歴史絵巻」が壁30メートルにわたって展示されている。また、この歴史に準じた形で用意された体験テーブルでは、「甲骨文字占い」をはじめ、中国の皇帝から贈られた「漢委奴國王」の5文字が彫り込まれた金印スタンプ、万葉仮名で自分の名前を作れるスタンプなどが用意されており、来館者は入館時に手渡された「体験シート」を使って、これらテーブルを巡っていくというものだ。

「踊る甲骨文字テーブル」(手前)と「漢字の歴史絵巻」


日中韓共通808字の木

さらに「漢検ラウンジ」では、協会の事業が紹介されているほか、日中韓で選定した共通漢字808字を葉にあしらった「日中韓共通808字の木」が目を引く。


20以上の体験ブースが並ぶ2Fフロア

一方、2階のテーマは「遊び、楽しみ、学べる展示コーナー・図書館」。漢字の仕組みや特徴が遊びのツールとなる、テーマパークのような展示エリアとなっている。
漢字の筆順や書体、読みと音などをテーマにしたもののほか、特定地域だけで使われている「方言漢字」、出題された漢字を制限時間内に辞典で探す「引いてみよう漢字辞典」、自分の体を使って漢字になってみる「体で漢字を作ろう」、回ってくる皿を取ってクイズに挑戦する「漢字回転すし」など、20以上の体験ブースが用意されている。また、魚偏の漢字が並ぶ巨大な湯呑みに入って記念撮影できるコーナーも設置。来館の体験をSNSなどへ投稿・シェアするのにいいかもしれない。


漢字5万字タワー

さらに2フロアを貫く大きな柱は、およそ5万字の漢字が4面をかざる「漢字5万字タワー」となっており、ここで好きな漢字や自分の名前の漢字を探してみるのも面白そうだ。

日本漢字能力検定協会・漢字文化研究所の岩橋恭子課長は、「当施設は有名な物や高価な物を展示しているのではなく、体験を通して漢字を学び、楽しんでもらうことをコンセプトにしている」と述べ、施設の有効利用を呼びかけている。

また同施設では、ワークショップやイベントも随時開催。現在、2階特設会場では、「『今年の漢字』展」が開催されている。同展では、歴代の「今年の漢字」すべての大書が展示されているほか、それぞれの年の報道記事や写真も展示。会場内では揮毫映像も上映することで、日本の世相の変化や人々の印象に深く刻まれた出来事を振り返ることができる。会期は来年1月29日まで。

「漢検 漢字博物館・図書館」概要

  • 場所:京都市東山区祇園町南側551
  • 開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日(休館日が祝日の場合は、翌平日に振替)、年末年始、臨時休館あり
  • 入館料:大人800円/大学生・高校生500円/中学生・小学生300円/未就学児は無料(割引制度あり)
  • TEL 075-757-8686
  • MAIL http://www.kanjimuseum.kyoto
2016年10月29日

シェア

イベントレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
イベントレポート

対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシ…

千代田区立日比谷図書文化館において開催されている特別展「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」の関連イベントとして対談「造本あれこれそれ話」が2月18日、日比谷コンベンションホールにおいて開催。祖父江慎氏と白井敬尚氏の2人のグラフィックデザイナーが、それぞれの造本に対する考え…