文字による文字のための文字のサイト

type.center

ボブ・ディランの文字フリップビデオ

ほぼ二字コラム

ボブ・ディランの文字フリップビデオ

みなさんこんにちは、大日本タイポ組合の塚田です。きょうは文字ではなく、まずは文学の話から。ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞、先日の授賞式には出席しなかったものの、スピーチ原稿が発表され話題となっていますね。

さて、ボブ・ディランといえば思い出すミュージックビデオNo.1が、“Subterranean Homesick Blues” だと思うんです。歌詞の書かれたフリップをめくっていくモノクロ映像、かっちょいいですよね。

この歌詞の書かれたフリップをめくっていくスタイルのミュージックビデオは、いまでも様々なミュージシャンが引用しています。「私の詩は文学なのか?」と問うボブ・ディラン。ならば「ここでめくられてるのは文字なのよ」ということで、さまざまな文字(歌詞)の書かれたフリップPVをご紹介。


まずは、INXS の“Mediate” 。ディランのそれとは違うけど、工事現場が背景とか共通点をつい探してしまう。

アラン・シャンフォーなんて、構図とか完全にカヴァーしてますね。

パロディ・ミュージシャンの "ウィアード・アル" ヤンコビック も、もちろんやっています。後ろのオッサン似てる。

フレイミング・リップス は、アルバムのコマーシャル映像でこのネタを披露。コーラスと、それを差す矢印がかわいい。

ヒップホップでは、MaLLy & The Sundance Kid が、iPadに表示された、マーカーで書かれたタギング風の文字をフリップ。

ティム・ロビンス監督・脚本・主演の映画『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』では、随所のボブ・ディランのパロディ要素が見られるとか。

ボブ・ディランのビデオを意識してなのか、マーカーの太さから自然に来るものなのか、フリップに書かれた文字を太くするときに、どのビデオを観てもわりと似た太らせ方をしているような感じですよね。基本的には。

というか、ビデオの作りそのものはボブ・ディランのアレがすごすぎて、どうしても意識せざるをえないよな、って事にはなってますよね。

その上で細かく(フリップの文字について)観ていくと、アラン・シャンフォーはフランスらしくお洒落っぽいとか、フレイミング・リップスはウェインが気合い入れてめちゃがんばってレタリングしてるなーというのが垣間見えて面白いです。


さて日本はどうでしょう。その名の通り(?)フリッパーズ・ギターも “奈落のクイズマスター” のPVでフリップを使っています。

他にも吉澤嘉代子さんも何曲かフリップを使ってリリックビデオを作っていたり、サカナクションの“アルクアラウンド”の中でもフリップを使った場面が登場します。邦楽の場合、洋楽と違ってフリップの見せ方にもバリエーションがある感じですね。

他にも探したのををまとめて、「歌詞フリップPV集」プレイリストを作りました。他にもいろいろあると思うので、教えてください。ちなみに、ホフ・ディランのPVでは見当らなかったような気が。


ま、僕のお気に入りのフリップPVは、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン の “Snakecharmer” なんですけどね。タモリ倶楽部の「空耳アワー」より。

2016年12月12日

シェア

ほぼ二字コラム

塚田哲也

大日本タイポ組合のひとり。新世界タイポ研究会のメンバーでもある。ソロ活動として、デザイン関連ダジャレコンテスト「グッドデザイソ」をtwitter上で開催中。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
ほぼ二字コラム
エンブレム最終4候補を書体でみてみる
エンブレム最終4候補を書体でみてみる
東京2020大会エンブレム最終候補4作品が4月8日に発表されて、25日に最終決定されるとか。前にも書いたようにエンブレムそのものはもちろん、それに伴って開発されるオリジナル書体もホントは注目していきたいところ。最終候補に使われている書体はどんなもんなんでしょうか。軽く調べてみまし…
ほぼ二字コラム
ここ最近の五輪エンブレムとオリジナル書体をおさらい
ここ最近の五輪エンブレムとオリジナル書体をおさらい
2020年の東京オリンピックエンブレムに関しては日々話題に事欠きませんが、ここであらためて近年のオリンピックエンブレムのデザインと、それに伴って開発されているオリジナル書体について、いま一度おさらいをしてみましょう。