文字による文字のための文字のサイト

type.center

文字食のコラム 「その字にさせてよ」

文字食のコラム 「その字にさせてよ」

『文字の食卓』『本を読む人のための書体入門』の作者である正木香子(文字食 @mojisyoku)が一目惚れした「文字だけの装丁」をテーマにコラムを掲載します。

記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
記事一覧
記事一覧
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第26回 二重の変身 『優雅な生活が最高の復讐である』
第26回 二重の変身 『優雅な生活が最高の復讐である』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第26回目となる今回は、『優雅な生活が最高の復讐である』(リブロポート)をご紹介します。原題は "Living Well is the Best Revenge"。名翻訳から生まれた装丁です。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第24回 愛と表記の王国 『世界のかわいいパン』
第24回 愛と表記の王国 『世界のかわいいパン』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第24回目は、ほのぼのとした文字とイラストに癒やされる『世界のかわいいパン』(パイ インターナショナル)をご紹介します。その表紙をかざる、インパクトのある文字は……。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第22回 ひとりぼっちの地図 『この店、あの場所 He…
第22回 ひとりぼっちの地図 『この店、あの場所 Here,There and Everywhere(POPEYE BOOKS)』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第22回目は、文筆家・松浦弥太郎さんが大切にしているお店や場所を紹介した 『この店、あの場所 Here,There and Everywhere(POPEYE BOOKS)』です。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第18回 一葉の貌 『Leaves: 立花文穂作品集』
第18回 一葉の貌 『Leaves: 立花文穂作品集』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第18回目となる今回は、文字や紙、本を素材やテーマに作品を制作している立花文穂の作品集『Leaves: 立花文穂作品集』(誠文堂新光社)をご紹介します。おや、君の名は……?
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第17回 憧れの音 『言わなければよかったのに日記』
第17回 憧れの音 『言わなければよかったのに日記』
「文字だけの装丁」を味わうコラム連載「その字にさせてよ」第17回目。今回は深沢七郎のエッセイ集『言わなければよかったのに日記』(中公文庫)をご紹介します。佐野繁次郎による題字がユニークで存在感のある一冊です。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第9回 嫌いになれない『嫌われる勇気-自己啓発の源流「…
第9回 嫌いになれない『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』
文字食が一目惚れした「文字だけの装丁」を紹介するコラム連載第9回目。今回はアドラーブームの火付け役となったといわれるベストセラー、岸見一郎/古賀史健『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)。嫌よ嫌よも好きのうち? 年末年始の読書にオススメの一冊です。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第6回 反響する文字『ノルウェイの森』
第6回 反響する文字『ノルウェイの森』
「文字だけの装丁」を味わうコラム連載も、いよいよ第6回目! 今回のテーマは、村上春樹の大ベストセラー『ノルウェイの森』(講談社)です。あの装丁を手がけたのは、著者自身でした。読んだことがある方も、もう一度読み返してみたくなりますよ。

文字食のコラム 「その字にさせてよ」…著

正木香子

文筆家。文字を食して言葉を味わう「文字食」日々実践をモットーに、エッセイ・コラム・ルポルタージュなどの執筆を行う。著書に『文字の食卓』(本の雑誌社)、『本を読む人のための書体入門』(星海社新書)、雑誌『デザインのひきだし』にて「もじのひと」連載中。

http://www.mojisyoku.jp/