文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年9月5日

鈴木ヒラクと吉増剛造のドローイング・パフォーマンスの記録『Drawing Tube vol.01 Archive』刊行

2017年9月5日

鈴木ヒラクと吉増剛造のドローイング・パフォーマンスの記録『Drawing Tube vol.01 Archive』刊行

拡張するドローイングの新たな可能性についての研究・対話・実践と、そのアーカイヴのためのプラットフォームとして、アーティストの鈴木ヒラク氏により2016年8月に開設されたドローイングの実験室「Drawing Tube」。
その初の出版物として、鈴木ヒラク氏と吉増剛造氏のドローイング・パフォーマンスの記録『Drawing Tube vol.01 Archive』が刊行されました。

—描くこと、書くこと、声を発すること、音を出すことと、それらの間について—

2016年9月に“山形ビエンナーレ”にて行われた、ドローイングの領域を拡張し続けるアーティスト 鈴木ヒラクと、日本を代表する全身詩人 吉増剛造のセッション、あるいは交信の記録。神宮巨樹による記録写真に加え、気鋭の書家 華雪によるテキスト「ことばがうまれる間際」、サウンドスケープ研究者の髙橋憲人と鈴木ヒラクの電話対談をバイリンガルで収録。

『Drawing Tube vol.01 Archive』

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス ゲスト:吉増剛造

Hiraku Suzuki Drawing Performance, Guest: Gozo Yoshimasu

  • 発行日:2017年7月14日(金)
  • 発行元:Drawing Tube
  • サイズ:縦272mm×横406mm/パッケージサイズ: 縦310mm×横220mm
  • 仕 様:80頁/モノクロ/クリアファイル入 部 数: 500部
  • デザイン編集:庄野祐輔
  • 写真:神宮巨樹
  • テキスト:華雪/鈴木ヒラク×髙橋憲人 電話対談 翻訳: 今田匡彦/江口研一
  • 印刷:株式会社 朝日プリンテック
  • ISBN 978-4-9909559-0-8
  • 本体価格:¥2,500- (税込 ¥2,700)

<コレクターズエディション>

  • 仕 様:ボックス入/記録映像USBスティック封入/鈴木ヒラクによる箱へのオリジナルドローイング/証明書封入
  • エディション:10 (A.P.3)
  • 価格:¥100,000- (税込 ¥108,000)

2017年7月14日より、DrawingTube.orgオンラインショップにて販売の他、NADiffやamazon等各書店にて順次販売開始。NADiff a/p/a/r/tでは鈴木ヒラク氏のサイン本を扱っているとのこと。

シェア