文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年9月13日

「絶対フォント感を身につける。明朝体編」MdN10月号はフォント特集

2017年9月13日

「絶対フォント感を身につける。明朝体編」MdN10月号はフォント特集

9月6日発売の月刊『MdN』10月号(vol.282)は「絶対フォント感」の特集です。付録に『絶対フォント感を身につけるためのフォント見本帳2017』つき。


(以下、月刊MdN 2017年10月号|Amazonより)

月刊MdN 2017年10月号|Amazonより転載

【特集1】
絶対フォント感を身につける。[明朝体編]

過去、大好評を頂いている月刊MdNの特集『絶対フォント感を身につける。』
今回はその第3弾「明朝体編」です。
利き酒でさまざまな銘酒を言い当てるように、多様な明朝体を見分け、自分の好みを知り、それを語れるようになったら絶対に楽しい!

――フォントを学ぶ!――

  • 〈明朝体の基礎を知る〉の巻
    • 明朝体の「漢字」は工業製品のような機能美が!
    • 明朝体の「ひらがな」は漢字に比べて体臭がある!…ほか
  • 〈レトロな明朝体を知る〉の巻
    • 復刻、改刻、インスパイア。レトロ系明朝体は奥深い
    • 明朝体の歴史的書体が今のフォントに影響を与えている!…ほか
  • 〈ベーシックな明朝体を知る〉の巻
    • ベーシックな明朝体はどこをとってもバランスがいい!
    • 実際に組まれたベーシックな明朝体で書体を当てていく …ほか
  • 〈アップデートされた明朝体を知る〉の巻
    • 明朝体、時代の要請でいまだ進化の途中
    • 太さのバリエーションがグラデーションのようにある明朝体 …ほか
  • 〈明朝体を比べて考察する〉の巻
    • ひらがなだけを見て書体を言い当てられるのか
    • 漢字だけを見て書体を言い当てられるのか …ほか

【Column】講師:小宮山博史

明朝体の歴史のはじまり。――誰がつくったのか、どう発展したのか

付録小冊子『絶対フォント感を身につけるためのフォント見本帳 2017』

特集との連動企画、付録小冊子もグレードアップ!176ページ、668書体を掲載。


月刊MdN 2017年10月号(vol.282)

「絶対フォント感を身につける。明朝体編」

  • 136ページ+付録176ページ
  • 出版社:エムディエヌコーポレーション
  • 発売日:2017年9月6日
  • 価 格:1,490円(税込)

シェア