文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年9月13日

荒井美波の個展「行為の軌跡Ⅲ」、阿佐ヶ谷TAV GALLERYにて

2017年9月13日

荒井美波の個展「行為の軌跡Ⅲ」、阿佐ヶ谷TAV GALLERYにて

文学作品の直筆原稿を、折り曲げた針金によって立体的に「臨書」する作品で知られる、荒井美波の個展「行為の軌跡Ⅲ」。9月24日(日)まで開催。


TAV GALLERYより転載

(以下、「荒井美波 個展「行為の軌跡III」[ 9/9 (sat) – 9/24 (sun) ] | TAV GALLERY」より)

本展覧会は、荒井にとって、都築響一氏のディレクションによる「Trace of Writing」(トラウマリス)以来、3年ぶりの個展で、卒業制作「行為の軌跡――活字の裏の世界」(2012年)および、修了制作「行為の軌跡Ⅱ――詩における自運」(2014年)に続く節目として、荒井の制作における新たな展開をご紹介するものです。

針金による立体的な「臨書」は、「1画」を折るのに30分かかるとも、1日に折ることができるのは精々「2行」だともいいます。また、本展覧会のキューレーターである飯盛 希は、「光は、けっして「あたりまえ」に与えられたものではなく、私たちの恣意的な「まなざし」に他ならない」と述べ、「見る」ということの問題について指摘しています。パソコンやスマートフォンのディスプレイ上で文章を読むことが「あたりまえ」になり、直筆の文字に触れることの少なくなった今日、「書く」という「行為」に奉げられた熱量を改めて感じることのできる荒井美波の作品に、是非ともご注目ください。


荒井美波 個展「行為の軌跡III」

TAV GALLERY

  • 会期 : 2017年9月9日(土)〜9月24日(日)
  • 会場 : TAV GALLERY 東京都杉並区阿佐谷北1-31-2/03-3330-6881
  • 時間 : 13:00〜20:00
  • 休廊 : 水曜、木曜

トークイベント

伊藤啓太×飯盛希「展示照明ワークショップ――照明で変わる、作品の“見え方”と“見せ方”」

  • 日時:2017年9月16日(土) 18:00〜20:00
  • イベント入場料:1000円

シェア