文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年10月17日

2017年度のグッドデザイン賞に「筑紫書体」、ロングライフデザイン賞に「イワタUDフォント」

2017年10月17日

2017年度のグッドデザイン賞に「筑紫書体」、ロングライフデザイン賞に「イワタUDフォント」

1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨のグッドデザイン賞。今年はグッドデザイン賞に「筑紫書体」、ロングライフデザイン賞に「イワタUDフォント」が選ばれました。11月1日より、東京ミッドタウンで「グッドデザインエキシビション2017(G展)」開催。

(C)JDP/GOOD DESIGN AWARDより転載


(以下、「GOOD DESIGN AWARD」より)

【グッドデザイン・ベスト100】

筑紫書体シリーズ

グッドデザイン・ベスト100は、2017年度グッドデザイン賞受賞対象の中で、審査委員会により特に高い評価を得た100件です。グッドデザイン金賞等特別賞の候補として、8月23日開催のグッドデザイン・ベスト100選定会にて選出されました。

【筑紫書体シリーズ】フォントワークスを代表するフラグシップフォント。明朝体、ゴシック体、丸ゴシック体から見出し用、新聞用など、豊富なラインナップで提供。金属活字の滲みを再現しながら細部に施した斬新なデザインは、「郷愁感」と同時に、強烈なインパクトを与え、書体を使用した方や見た方の心を掴む。 他社にはない、時代の流行の一歩先をいくデザイン性は、「空気のような存在感のない明朝体」が多い中で、「緊張感」や「華やかさ」といった真逆の性質を持ちあわせ、どんな媒体でも一定の緊張感を演出する稀有な書体。

【ロングライフデザイン賞】

イワタUDフォント

ロングライフデザイン賞は、長年にわたり製造販売され生活者に支持され続ける優れたものに贈られます。

【イワタUDフォント】加齢による老眼や白内障、弱視でも「見やすい」というコンセプトを持つフォント。視認性、判読性を高めるための「イワタUDゴシック」「イワタUD丸ゴシック」。視認性と可読性を両立させるための「イワタUD明朝」。新聞の扁平デザインに特化した「イワタUD新聞明朝」。使用目的とその効果を明確にしたユニバーサルデザイン視点のフォントである。


特別賞各賞は「グッドデザイン・ベスト100」の中から選ばれ、東京ミッドタウンで開催される「グッドデザインエキシビション2017(G展)」開催初日の11月1日に発表します。

世界中からの受賞デザイン1,403件が東京ミッドタウンに集結。   (C)JDP/GOOD DESIGN AWARDより転載

  • 会 期:2017年11月1日(水)〜11月5日(日)
  • 時 間:11:00〜20:00 ※最終日18:00まで / 入場は閉館30分前まで
  • 会 場:東京ミッドタウン各所 東京都港区赤坂9-7-1MAP
  • 入場料:1,000円 5日間有効 / 大学生以下無料

シェア