文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年10月17日

『デザインのひきだし32』特集は、紙づかいマスターへの道

2017年10月17日

『デザインのひきだし32』特集は、紙づかいマスターへの道

『デザインのひきだし』第32号は、印刷物に欠かせない「紙」を2年ぶりに大特集!読者が一番知りたい紙のあれこれを、120枚超の実物サンプルや、リクエストの多い紙厚比較早見表などの豊富な付録と共に掲載。

文字関連コンテンツでは連載・正木香子「もじのひと」が、装丁・デザイン創作ユニットのクラフト・エヴィング商會のお二人へのインタビュー、「もじモジ探偵団」のテーマは「視力表の文字」。


『デザインのひきだし32』

紙づかいマスターへの道 紙の酸いも甘いも知り抜いて、うまく使いこなすのだ!

『デザインのひきだし32』

自分の発想したデザインを、いかに効果的に印刷/加工表現するか。そんなデザイナーに必須な印刷・紙・加工などの技術情報をわかりやすく紹介する『デザインのひきだし』。

第32号となる今号は「紙づかいマスターへの道」特集です。読者アンケートで常に一番人気の「紙」の大特集は、意外なことに本誌で2年ぶり。新製品やリニューアル情報はもちろん、「透け感を活かせる紙」「魅力的な板紙・厚紙」「向いてない(?)紙」などなど、さまざまな紙を一挙紹介!

特別付録

  • 131枚収録した紙サンプルBOOK
    • 新製品やリニューアルした紙、「透けるを生かす」「再発見の紙」「白い紙」「向いてない(?)紙」「魅力的な板紙・厚紙」など、編集部おすすめカテゴリの紙をどーんと131枚収録した、スペシャル紙見本(本誌の倍以上の厚み!)
  • 紙厚比較早見表 最新版(蛇腹式)
  • 竹尾の紙の価格スケール(蛇腹式)
  • フロッキー印刷サンプル

文字関連トピックス

連載の中から当サイトならではの文字関連記事をピックアップ。ライター 雪 朱里氏による連載「もじモジ探偵団」。こちら読者からも「気になる文字情報」を募集中とか。もちろん人気連載、正木香子氏の「もじのひと」も。

正木香子「もじのひと」

[最終回 きったじ、はったじ。〜クラフト・エヴィング商會の文字商い〜]

文筆家・正木香子さんの人気連載、今回は、装丁・デザイン創作ユニットのクラフト・エヴィング商會のお二人へのインタビュー。

イマジネーション豊かな物語やブックデザインを彩る文字の目利き力は、どのようにして高められたのでしょうか?(聞き手・構成/正木香子)

「もじモジ探偵団」

[FILE 06 視力表の文字]

街で見かけた気になる文字を、毎回調査。だれがどんなふうにつくっている文字なのか、どんなところで使われているのか!? 文字にまつわる素朴な疑問を、探偵アイアイと助手のネコくんの「もじモジ探偵団」が解決する本連載、第6回のテーマは「視力表の文字」です。

視力検査に使う視力表の文字には、実はいろいろな種類があり、作者もさまざま。そうした文字がどんな背景でつくられたものなのか、いくつかを取り上げています。古いものは、100年以上前から使われているとか……? しかも、その眼科医は文字の研究者でもあったとか……。実はとてもかわいい文字ぞろいの視力表、アイアイ探偵とネコくんの調査レポートをぜひお読みください。 (取材・文/雪 朱里)


  • グラフィック社編集部・編 定価:2,000円(税別) 
  • B5判 総162頁(オール4色)+特集連動付録各種

刊行記念トークイベント①

「今いちばん攻めた紙づかいをしているデザイナーの、その紙づかい技に迫る!」

「今いちばん攻めた紙づかいをしているデザイナーの、その紙づかい技に迫る!」吉岡秀典 × 佐藤亜沙美 トークイベントが、10月18日(水)青山ブックセンター本店にて開催されます。要予約。

吉岡秀典氏×佐藤亜沙美氏 トークイベント
司会進行:津田淳子(『デザインのひきだし』編集長)

刊行記念トークイベント②

「紙好きなおとなもこどもも、みーんな祖父江さんにあつまれ!」

「紙好きなおとなもこどもも、みーんな祖父江さんにあつまれ!」トークイベントが、10月26日(木)TSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて開催されます。要予約。

祖父江慎氏×ぺぱぷんたす編集部・笠井直子氏×デザインのひきだし編集部・津田淳子氏 トークイベント


シェア