文字による文字のための文字のサイト

type.center
2018年1月12日

「ヨアヒムの漢韓観(かん・かん・かん)」TypeTalks

2018年1月12日

「ヨアヒムの漢韓観(かん・かん・かん)」TypeTalks

青山ブックセンター本店にて定期的に開催されている「TypeTalks」。
第42回はゲストにヨアヒム・ミュラー・ランセイ氏、聞き手に小林章氏を迎え「ヨアヒムの漢韓観(かん・かん・かん) ヨーロッパ人の目から見たアジア圏の欧文書体デザイン」と題し1月27日(土)開催。要事前申込。


(以下、「青山ブックセンター」より)

青山ブックセンター より転載

次回のTypeTalksでは、ドイツ出身のデザイナーで、現在は講師として韓国で書体デザインを教えているヨアヒム・ミュラー・ランセイさんをお招きします。ヨーロッパ人の目を通して見た漢字や韓国の文字デザイン、さらに欧文書体デザインのことについて語っていただきます(トークは日本語で行います。タイトルの「漢韓観」もランセイさんの発案が元になっています)。

ランセイさんは、グラフィックデザインから始まって記号やピクトグラムを用いた情報デザインの分野に進んだ経歴の持ち主です。学生時代からデジタルのベクトルを使った書体制作を行っていた彼は、最初の書体デザインがモリサワ の書体コンテストで金賞を受賞したのをきっかけに、かねてからあった日本への興味をさらに深めます。日本語の勉強と日本への度重なる訪問、そして多くの知り合いを得たのちに制作した日本語書体がモリサワやATypIの書体コンテストで再び受賞を果たします。

また、ここ2年間は韓国で活動。アン・サン・スー氏の主宰する PaTI (Paju Typography Institute) においてグラフィックデザインと書体デザインの両方を教えています。またアン・サン・スー氏の韓国語書体に添える欧文書体デザインも制作しました。

ヨーロッパのデザイナーとして出発、そして東洋に渡って学生に西洋の文字について教えているヨアヒムさんから、韓国での教え方やアン・サン・スー氏の書体プロジェクトの話、そして西洋と東洋の文字の考え方についてなどを聞き出します。聞き手は、日本に生まれ育って現在ドイツに在住しているモノタイプのタイプディレクター小林章さんです。普段は韓国とドイツで活動する書体デザイナーのお二人による大変貴重なセッションです。この機会にぜひご参加ください!


  • 日時:2017年1月27日(土)18:00〜20:00
  • 会場:青山ブックセンター本店内 大教室
  • 料金:1,944円(税込)

詳しくは、青山ブックセンターのホームページにてご確認ください。

シェア