文字による文字のための文字のサイト

type.center
2018年1月23日

「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」G8にて

2018年1月23日

「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」G8にて

クリエイションギャラリー G8にて、1月23日から2月22日の期間「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」が開催されます。入場無料。


グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史|展覧会・イベント | クリエイションギャラリーG8より転載

日本のグラフィックデザインは明治以降の近代化および戦後の経済成長を経て大きく発展を遂げてきました。戦前のモダニズム、戦後復興と高度経済成長、情報社会の到来といった動向を通じて日本のグラフィックデザイナーは社会のなかに「デザイン」という領域を確立し、高い品質と独自の美学によって産業や文化の発展に寄与してきました。

しかし、20世紀末からの本格的なグローバル時代の到来とともに、世界のデザイン潮流は大きく変化しつつあります。デジタルツールが専門家だけの領域であったデザインの実践を広く人々に解放し、また経済的な「先進国」が特権的に享受していたデザインの方法や素材は誰にでも、どこからでもアクセスできるものとなりました。

このような変化のなかで日本のグラフィックデザインは、今後どのような方向に向かうのでしょうか。あるいはどのような可能性へと開かれているのでしょうか。

この問題について考えるためには、歴史への意識が不可欠です。日本のグラフィックデザイン文化は、20世紀を通じて西洋のデザイン文化とは異なる独自の美学や方法を発展させてきました。21世紀を迎えた現在、その歩みは豊かな歴史的源泉となっています。

そこで本展は1953年から半世紀以上にわたって国内外のグラフィックデザインの最前線を追いかけてきた雑誌『アイデア』(誠文堂新光社)を手がかりに、現代グラフィックの第一線で活躍するデザイナーたちがそれぞれの視点から20世紀日本のグラフィックデザイン史を概観、注目されるべきと考える作品や人物、出来事を提示するものです。

また会場には『アイデア』の総バックナンバーをはじめ、47組のデザイナーたちが幅広い年代から選書したデザイン関連書ライブラリを併設。貴重な書物を実際に手に取ることで、これからのデザインを考えるための視点を探ることができます。

日本の20世紀デザインを単なる回顧から批評的な解釈へと開いていく新しい試みとなります。ここで取り上げるもうひとつのデザイン史を通して、現代、そして未来のグラフィックデザインを共に考える場になればと考えています。

グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史

クリエイションギャラリー G8

  • 会 期:2018年1月23日(火)〜2月22日(木)
  • 時 間:11:00〜19:00
  • 休館日:日曜・祝日休館
  • 入場料:無料

初日の1月23日19:00〜20:30にオープニングパーティーを、また会場では、オリジナルグッズ販売や、アイデアバックナンバーなどの販売も予定しているようです。

シェア