文字による文字のための文字のサイト

type.center
2016年10月14日

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「デザインの解剖展」文字なぞり部も参加

2016年10月14日

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「デザインの解剖展」文字なぞり部も参加

グラフィックデザイナーの佐藤 卓氏が、身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを徹底して検証する【デザインの解剖】。これまでに蓄積されてきた解剖の成果を紹介するとともに、子どもから大人まで楽しんでいただける展覧会です。当サイトで「文字なぞり記」を連載中の、文字なぞり部長こと佐久間茜さんも出展作家として参加しています。

21_21 DESIGN SIGHT プレスリリースより転載

(以下、「21_21 DESIGN SIGHT プレスリリース」より)

私たちは日々、数え切れないほどの多くの製品に囲まれて生活しています。大量に生産された品はあたり前の存在として暮らしに溶け込んでいますが、実は素材や味覚、パッケージなど、製品が手に届くまでのあらゆる段階で多様な工夫が凝らされています。それらをつぶさに読み解いていくのが「デザインの解剖」です。

本展では、これまでに蓄積されてきた解剖の成果を紹介するとともに、新たに「株式会社 明治」の5つ の製品に着目します。参加作家には、様々な分野で活躍する若手のクリエイターを招き、子どもから大人まで楽しんでいただける展覧会を目指します。本展は、製品を取り巻く世界はもちろん、社会、暮らしとデザインの関係について、さらにはデザインの役割や可能性について、改めて深く考察する機会となることでしょう。


デザインの解剖展:

身近なものから 世界を見る方法

  • 会 期:2016年10月14日(金)〜2017年1月22日(日)
  • 休館日:火曜日 / 年末年始(12月27日〜1月3日)
  • 時 間:10:00〜19:00 (入場は18:30まで)
  • 入場料:一般1,100円/大学生800円/高校生500円/中学生以下無料
  • 会 場:21_21 DESIGN SIGHT (東京ミッドタウン・ガーデン内)
  • 主 催:21_21DESIGNSIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団

※10月21日(金)、10月22日(土)は六本木アートナイト開催に合わせ、通常19:00閉館のところを特別に22:00 まで開館延長します。(入場は21:30まで)

関連プログラム

【10月21日(金)18:00〜19:30】
デザイン解剖室へようこそ!「デザインの解剖展」ギャラリーツアー
 案内:川上典李子(21_21DESIGNSIGHTアソシエイトディレクター)、
    岡崎智弘(本展企画協力)、鈴木啓太(プロダクトデザイナー)、
    中野豪雄(グラフィックデザイナー)

【10月22日(土)18:00〜19:30】オープニングトーク「解剖展の解剖」
 出演:佐藤卓、岡崎智弘、本展参加作家

【11月19日(土)14:00〜16:00】ワークショップ「みんなでカイボウ!見る方法」
 講師:岡崎智弘、橋本俊行(aircord)、他

【11月26日(土)17:00〜18:30】トーク「『分かる』ことと、『感じる』こと。」
 出演:養老孟司(解剖学者)、佐藤卓

【12月10日(土)14:00〜15:30】
トーク「解剖学から考える“美とはどういうものか”」
 出演:布施英利(美術批評家)、佐藤卓

【1月14日(土)16:00〜17:30】トーク「『好奇心』て、どこから来るの?」
 出演:茂木健一郎(脳科学者)、佐藤卓

参加方法など、くわしくはこちら


シェア