文字による文字のための文字のサイト

type.center
2016年12月30日
1
0

2016年type.centerニュース記事ランキング発表!

2016年12月30日

2016年type.centerニュース記事ランキング発表!

2016年ものこりわずか、今年type.centerで取り上げたニュース記事の中から、アクセス数の多かったトップ10を発表いたします。はたしてどんな一年だったでしょうか?(※2016年1月1日〜12月28日のページビュー数をもとに作成しました)

NO.1

新婚さん、ナイトスクープ……竹内志朗の「手書き文字」PDFが無償配布

NO.1

新婚さん、ナイトスクープ……竹内志朗の「手書き文字」PDFが無償配布

竹内志朗氏の手書き文字をまとめた著作が無償配布されることとなり、ニュースとして取り上げたのが2016年2月。それ以来、常にアクセスの絶えない記事となっています。出版当初の目的であった、竹内志朗氏の行ってきた仕事、テレビ・舞台の裏方職業が皆様に周知されていくきっかけとなれば幸いです。

NO.2

デヴィッド・ボウイ「★」のグラフィックデータとフォントが無償公開

NO.2

デヴィッド・ボウイ「★」のグラフィックデータとフォントが無償公開

69歳の誕生日にあたる1月8日にニューアルバム「★」をリリース、その二日後の1月10日に急逝したデヴィッド・ボウイ。ラストアルバムとなってしまった本作のグラフィックデザインを担当したジョナサン・バーンブルックが、追悼の意を込めてグラフィック素材を無償公開しました。本作は東京TDC賞2017のグランプリを受賞しています。

NO.3

くずし字の画像から読みを検索! 解読システム「MOJIZO」公開

NO.3

くずし字の画像から読みを検索! 解読システム「MOJIZO」公開

奈良文化財研究所と東京大学史料編纂所が共同で開発、誰でもウェブから無料で利用できる「木簡・くずし字解読システム―MOJIZO―」。既に公開されていた〈文字引き〉と合わせて、逆引き的に使えるなど、木簡・くずし字の解読が捗るきっかけになる画期的なシステムです。 国立国会図書館デジタルコレクションの平仮名文字画像8万画像が試験公開といったニュースと合わせて様々な資料がオープンソース化されていった年でもありました。


NO.04

NO.04

Googleのあたらしいロゴと書体「Product Sans」

Googleロゴのリニューアルから1年4ヶ月が経とうとしています。すっかり新ロゴにも慣れてしまいましたが、教科書の文字印刷のシンプルさと幾何学的な形を合わせ持つサンセリフ書体「Product Sans」について、あらためておさらいするのも良いかも。他にもGoogle関連ニュースとして、Google Fontsのサイトリニューアルや、Monotypeの作成したGoogle Noto Fontsプロジェクトのプロモ映像などもありました。


NO.05

NO.05

ペンと果物が絵文字に!? 大日本タイポ組合が「DTAP」フォントを無償配布

2016年にブレイクしたピコ太郎の「PPAP」を彷彿をさせるようなこのフォント。OpenType機能を使って「Pen」がペンの絵に、「Apple」がリンゴの絵になる書体。もちろん「Pineapple」も表示、それら4つを繋げると……。フォントで表現する面白さがありますね。このネタ、まさに2016年ならでは。早めにダウンロードして使ったほうがいいかも。ジャスティン・ビーバーにも使ってほしいな。


NO.06

NO.06

活版印刷の風合いを再現した「秀英体にじみ明朝」リリース

100年以上の歴史を持つ「秀英体」がデジタルフォントに改刻されてから5年、なんとデジタルなのに活版の風合いが再現。さらにウェブフォントでのリリースと、デジタルとアナログのハイブリッド感ある書体に注目が集まりました。開発スタッフはラジオにも出演するなど話題にも。大晦日ギリギリですが年賀状素材も無償公開されていますよ。


NO.07

NO.07

6/13放送「プロフェッショナル 仕事の流儀」にフォントワークスの藤田氏 登場。

フォントワークス藤田氏のテレビ出演をはじめ、書体デザイナーが社会的に広く認知されていく年でもありました。字游工房の鳥海修氏の著書『文字を作る仕事』が発刊され版を重ねたり、テレビでは「よ~いドン!」にモリサワ、モリサワ文研が出演「じゅん散歩」に嘉瑞工房が登場するなど。文字はひとつづつ作っている人がいるんだということに、あらためて気付かされました。


NO.08

NO.08

「東京TDC賞2017」受賞作品発表

海外勢が大多数を占めた「東京TDC賞2017」の受賞作。グランプリとなったジョナサン・バーンブルックの、 デヴィッド・ボウイの「★」ジャケットデザインや、TOMATOの渋谷パルコでのグラフィックなど、当サイトでもコラムやニュースで取り上げたものが受賞すると、メディアとしても嬉しくもありますね。あらためて受賞者のみなさま、おめでとうございます。


NO.09

NO.09

大日本タイポ組合の「YMCフォント」が無償ダウンロード開始!

大日本タイポ組合が2002年に作成したフォントが、OpenTypeでリニューアル。2015年11月に開催された「字字字」展のタイミングでのリリース予定が2016年になったもようです。この他にも「字字字 sans」や、5位にもランクインしている「DTAP」といったオリジナルフォントが無償提供されました。


NO.10

NO.10

連続する約物の、「←アキ」が解消! 約物Webフォントが無償公開

Webフォントの文字組みの問題を、専用の約物フォントを作ることで解決しようという試み。標準では「ベタ組み」となってしまうため空いてしまう約物間のアキを、うまく調整してくれるお役立ちフォントです。当サイトでも本格的に採用しようかな、と思っているのですが、このニュース記事はこの約物フォントの適用前後を表示しているため、採用した場合には「適用前」と再現しなきゃいけないというジレンマに陥っています(笑)。


次点

古代文字データをフォント化した『春秋-tsu』が無料ダウンロード可能に

白川静『新訂 字統』に収載された甲骨文字・金文・篆文のなかから、イラストレーター金子都美絵氏がかきおこしたものがフォント化というニュースでした。

 白川静氏といえば、今年で没後10年。白川静記念東洋文字文化研究所の研究プロジェクトが古代文字フォント「白川フォント」を開発、フリーフォントとして公開したというニュースもありました。


以上、2016年のニュース記事のアクセスランキングでした。

2017年も、みなさまに独自かつ良質な「文字」関連のニュースをお届けしていきたいと思っております。みなさまからもニュースとなることなどありましたらご連絡くださいね。

それでは、2017年もtype.centerをよろしくお願いします!

シェア