文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年1月13日

鳥海 修「文字をつくる仕事」をテーマに国立で講演

2017年1月13日

鳥海 修「文字をつくる仕事」をテーマに国立で講演

東京都国立市の図書室のつどいにて、鳥海 修氏(書体設計士)が「文字をつくる仕事―理想の書体を求めて―」をテーマに講演を行います。レタリング実演もあるようです。

(以下、「国立市ホームページ」より)

鳥海 修氏

「文字をつくる仕事―理想の書体を求めて―」

本や新聞、パソコンや携帯電話などで毎日あたりまえのように目にする文字。その文字は、人の手によって読みやすく、美しく設計されています。

鳥海さんは、「水のような、空気のような」誰もが当たり前に、安心して読める書体を理想として、100以上の書体の開発に携わってきました。

レタリング(文字のデザイン)実演をまじえて、書体設計士の仕事や、書体という「モノづくり」に取り組む思いについてお話を伺います。


  • 日時:2月10日(金)/19:00〜21:00
  • 場所:公民館 3階講座室
  • 定員:35名(当日先着順)
  • 申込:申し込みは不要です。ご自由においでください。
       ※ただし、定員を超えた場合は、入場を制限させていただきます。

シェア