文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年1月24日
L
C

J-LAF「レターカッティング入門ワークショップ」今春開催

2017年1月24日

J-LAF「レターカッティング入門ワークショップ」今春開催

ジャパン・レターアーツ・フォーラム J−LAF(ジェイラフ)にて、東京・福岡2会場での「レターカッティング入門ワークショップ」の開催が予定されています。


(以下、「ジャパン・レターアーツ・フォーラム J−LAF(ジェイラフ)」より)

ゴードン恵美「レターカッティング入門ワークショップ」2017

概要

石に手彫りで字を彫るレターカッティング "Letter Cutting"(またはレターカービング "Letter Carving"と呼ばれる)は現在も英国国内だけではなく、ヨーロッパの国々で続けられている伝統工芸です。この入門コースではヴィーカット"V-Cut"と呼ばれる彫り方で文字を彫ることを学びます。このヴィーカットは、ローマ帝国時代に既にその手法が確立され、当時の碑石に使われていたローマンキャピタルの文字のほとんどはこの彫り方で彫られています。

イギリスではエドワード・ジョンストン(1872 - 1944)の教え子だったエリック・ギル(1882 - 1940)が、そのローマ時代の伝統的手法を彼の石碑の作品に多用し、彼のワークショップ(工房)で培われたレターカッティングの精神、技術、そして教法は、彼の弟子達を通じて今なお多くの職人の中に息づいています。この入門コースはそのギルの弟子であったデービッド・キンダスリー(1915 - 1995)の教法で主に進められます。石の彫り方だけでなく、道具や石の取り扱い方などにも重点を置く予定です。今回のコースの中では、文字のレターフォーム、デザインなどに関して重きを置いていませんが、ローマンキャピタルの基本の成り立ちについて簡単に復習いたします。

また、コース内では文字のレターフォーム、デザイン等を参加者同士で検討し合うクリティーク(Critique) と呼ばれるローハンプトン大学で採用されていた教法を導入し、生徒それぞれの作品をさまざまな側面から向上を目指すとともに、作品作りにおける生徒の自発性を伸ばしていきます。

  • ワークショップ東京会場

    • 開催日時:2017年3月24日(金)~26日(日) 10:00~17:00
    • 会場:江東区文化センター 研修棟1階 工芸室
    • 定員:18名
  • ワークショップ福岡会場

    • 開催日時:2017年3月31日(金)~4月2日(日) 10:00~17:00
    • 会場:春日市ふれあい文化センター 旧館2階 実習室A
    • 定員:15名

受講料:初参加 32,000円(石代1枚分込み)
経験者:30,000円
*両会場共、初参加者、経験者受け入れ可能です。


  • スライドレクチャー東京

    • 開催日時:2017年3月25日(土) 18:30~
    • 会場:江東区文化センター 研修棟3階 第1研修室
    • 定員:30名
  • スライドレクチャー福岡

    • 開催日時:2017年4月1日(土) 18:30~
    • 会場:春日市ふれあい文化センター 旧館2階 実習室A
    • 定員:25名

所用時間:両会場共 約1時間
スライドレクチャーのみの参加も歓迎です。
参加料:1,000円(ワークショップ参加者、団体・法人サポーティング会員無料)


  • 申込み開始日
    • 賛助会員優先受付:2017年1月24日(火) 22:00~
    • 一般の方:2017年 1月31日(火) 22:00~

詳しくは、 J−LAFホームページにてご確認ください。

シェア