文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年1月30日

サンセリフ体の角を丸めた「AXISラウンド 50」登場

2017年1月30日

サンセリフ体の角を丸めた「AXISラウンド 50」登場

Type Projectより、サンセリフ体の角を丸めたラウンド系のフォント「AXISラウンド 50」が登場しました。


「Type Project | AXISラウンド 50」より転載

(以下、「Type Project | AXISラウンド 50」 より)

穏やかな表情で語る文字

AXISラウンドは、AXIS Fontで表現できる世界をさらにゆたかにするために開発したフォントです。ウエイトは、UL (ウルトラライト)、EL (エクストラライト)、L (ライト)、M (ミディアム)、B (ボールド)、H (ヘヴィ)の7種類で構成されており、それぞれAXIS Fontベーシックの各ウエイトに対応しています。AXISラウンド 50は、サンセリフ体の角を丸めたラウンド系のフォントで、AXIS Fontのシャープな輪郭がわずかな丸みを帯び、柔らかな空気を醸しだします。モダン・サンセリフのすっきりした印象を保ちながら、穏やかな表情を紙面と画面にもたらします。AXIS Fontの基本設計はそのままに、より親しみやすい表現を可能にするラウンドフォントがAXIS Fontシリーズに加わりました。


ラウンド 50

「Type Project | AXISラウンド 50」より転載

AXISラウンド 50は、AXIS Fontのストロークの先端の半分を直径とする正円を使って角を丸めたところから命名していますが、実際には、視覚調整によりウエイトごとに丸みのパーセンテージを変えています。たとえば、ヘヴィとボールドは50%、ミディアムとレギュラーは55%、ライトとエクストラライト、ウルトラライトは60%の比率で調整しています。


「Type Project | AXISラウンド 50」のホームページにあるフォントテスターで、お好きな文章を入力してお試しいただけますので、ぜひお試しください。

AXISラウンド 50

スタンダート (StdN)

  • 仕様:OpenTypeフォント/クロスプラットフォーム
  • 動作環境:Macintosh Mac OS X、macOS Sierra 10.12
         Windows Windows 7、8、8.1、10 (いずれも日本語版)
  • 文字セット:9,498 文字
      ※Adobe-Japan1-3に準拠し、JIS第一・第二水準漢字とEuro記号を包含

シェア