文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年2月23日

深層学習によるフォント生成、進行中

2017年2月23日

深層学習によるフォント生成、進行中

深層学習やAIによるデータの自動生成技術は日々精度を増すばかり。フォント作成の領域にも広がっていきているようです。

catindog氏のブログ「にほんごのれんしゅう」より

深層学習によってほとんど本物と見分けがつかないくらい精度の高い画像を生成する技術、Generative Adversarial Networks(略して GAN)。

今回、catindog 氏は自身のブログ「にほんごのれんしゅう」で、この技術を多段階組み合わせた StackGAN を用いて「青柳隷書しも」と「HGP創英角ポップ体」を学習させ、「MSゴシック」を入力するとそれぞれの書体に似た文字を生成させることに成功。その手法や考察を掲載しています。


ブログのタイトルは「StackGANによるフォントの錬金術」。深層学習による生成技術を「錬金術」にたとえるところがたいへん興味深いです。catindog 氏の書くように、「足りていないフォントの穴埋めや人間がフォントを作成する際の下書きに用い」る日が来るのもそう遠くないかもしれません。

シェア