文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年3月8日

日本近代文学館 「近代の詩歌Ⅱ」原稿、初版本、写真で

2017年3月8日

日本近代文学館 「近代の詩歌Ⅱ」原稿、初版本、写真で

日本近代文学館(目黒区)で「近代の詩歌Ⅱ」展が開催中。森歐外や石川啄木ら明治期から昭和初期の作品を、原稿、初版本、写真などで見ることができます。


(以下、「日本近代文学館ホームページ」より)

明治維新によって近代的な統一国家への道を歩み始めた日本は、西欧の政治、経済、軍事などの諸制度や、さまざまな文化を急速に取り入れ、近代国家としての体裁を整えてゆきました。その中で、近代にふさわしい「文学」の形が模索され、現代の我々がイメージする小説や詩歌の姿が形作られてきました。

本展ではこの明治期から昭和初期までの文学史上に代表的な詩人・歌人・俳人の作品を、原稿、初版本、写真などでご紹介致します。

教科書で習ったなつかしい詩、新しく目にした心にしみる歌…さまざまな出会いが待っています。初版本の美しい装幀もあわせてご覧ください。

近代の詩歌Ⅱ

  • 会 期:〜3月25日(土)
  • 開館時間:9:30〜16:30 (入館は16:00まで)
  • 会 場:日本近代文学館 東京都目黒区駒場4-3-55 tel.03-3468-4181
  • 観覧料:100円 ※「3.11 文学館からのメッセージ 震災を書く」と共にご覧いただけます
  • 休館日:日・月曜日、3/23

シェア