文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年3月15日

スイスのグラフィックデザイナー、クルト・ハウエルトの「線 形 響」プリントギャラリーにて

2017年3月15日

スイスのグラフィックデザイナー、クルト・ハウエルトの「線 形 響」プリントギャラリーにて

print gallery Tokyoにて3月17日〜4月2日の期間、スイスのグラフィックデザイナー、クルト・ハウエルトの「リニエ フォルム クラング(線 形 響)」展が開催されます。入場無料。


print gallery Tokyo_Kurt Hauert | クルト・ハウエルト より転載

(以下、「print gallery Tokyo_Kurt Hauert | クルト・ハウエルト」より)

グラフィックデザイナー・教育者・アーティストであるクルト・ハウエルト。1924年にスイス北部のアーラウに生まれ、大学では数学と科学を専攻、後に絵画やグラフィックデザインの道へと進む。グラフィックデザイナーとしてポスターや図録、展覧会のデザインを手がけた。

1940年代後半にバーゼルにある工芸専門学校(AGS)で学び、ほどなく1950年代初頭より同校で教育に携わるようになる。タイポグラファのエミール・ルーダーやグラフィックデザイナーのアーミン・ホフマン等と共に同校に於けるデザイン教育の中心人物であり、20世紀後半に国際的に名声を得たスイスのグラフィックデザインの礎を築いた1人である。幅広い探究心を学生と分かち合いながら「見る目」を養う教育を続け、1988年にAGSを退任した後もドローイングの「探索」を日々続けている。

本展は、クルト・ハウエルトに学び現在では友人として交流の続くタイポグラファ、ヘルムート・シュミットの個人的なコレクションを中心に構成、1956年制作の鉛活字によるタイポグラフィ作品「5つの正方形の冒険」、過去に手がけたポスター・図録類、加えて現在でも可能性を探求しているPCによるドローイングの習作を展示する。


発売中のアイデア誌 377号にヘルムート・シュミットによる寄稿〈クルト・ハウエルト:バーゼルスクールの支柱〉が掲載されています。併せてご覧ください。

kurt hauert

linie form klang (line form sound)

  • 会 期:2017年3月17日(金)~4月2日(日)
  • 休館日:火曜日・水曜日・木曜日は休館
  • 開館時間:月金15:00~20:00、土日祝13:30~20:00
  • 料 金:無料
  • 会 場:print gallery Tokyo(プリントギャラリー)
  • 住 所:〒108-0072 東京都港区白金1-8-6 1F
  • 電 話:03-6873-4545
  • メール:official@printgallerytokyo.com
  • オープニング:2017年3月18日(土)18:00~19:30頃

シェア