文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年7月19日

第157回直木賞は「OKハルクリーム/イワタ新聞明朝/リュウミン」の『月の満ち欠け』本誌予想は大ハズレ 

2017年7月19日

第157回直木賞は「OKハルクリーム/イワタ新聞明朝/リュウミン」の『月の満ち欠け』本誌予想は大ハズレ 

2017年7月19日、『第157回芥川賞・直木賞(平成29年上半期)』が発表され、直木賞には佐藤 正午氏の『月の満ち欠け』が決定しました。本文用紙は「OKハルクリーム(王子製紙)」、使用書体はタイトル「イワタ新聞明朝体(イワタ)」本文「リュウミン(モリサワ)」でした。

『月の満ち欠け』佐藤 正午(Amazon)

第156回直木三十五賞『月の満ち欠け』

岩波書店/佐藤 正午

  • 本文用紙:OKハルクリーム(王子製紙)
  • タイトル:イワタ新聞明朝体(イワタ)
  • 著者名:本明朝(タイプバンク)
  • 欧文著者名:Zapfino(Linotype)
  • 本文書体:リュウミン(モリサワ)
  • 装画:宝珠光寿
  • 装幀:桂川潤

当サイトに掲載の事前予想では、前回、連続的中記録が途切れた『デザインのひきだし』編集長、津田淳子氏は本文用紙による受賞作予想として『会津執権の栄誉』「オペラクリームマックス(日本製紙)」を上げていました。

また、前回初にしてダブル的中の快挙を遂げた大日本タイポ組合の塚田哲也氏は、書体による受賞予想として『あとは野となれ大和撫子』「筑紫Aオールド明朝(フォントワークス)」および本文「イワタ明朝体(イワタ)」の組み合わせと予想。

結果、ともに的中ならず。今回受賞作となった『月の満ち欠け』は次点にも入っていませんでした。


第157回芥川賞は沼田 真佑氏の『影裏(えいり)』に決定しました。

第157回芥川龍之介賞『影裏(えいり)』

文學界 5月号/沼田 真佑

『影裏(えいり)』は、まだ書籍化されていないため本文用紙と使用書体が分からず、予想ができませんでした。


受賞された佐藤 正午さん、沼田 真佑さん、おめでとうございます! そして津田さん、塚田さん、残念でした……。第157回芥川賞・直木賞の本文用紙と書体による受賞予想は大外しでテンションガタ落ち、はたして次回開催はあるのでしょうか。

シェア