文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年7月26日

さくらインターネット、コーポレートフォントとして 「TP スカイ」のカスタマイズ版を導入

2017年7月26日

さくらインターネット、コーポレートフォントとして 「TP スカイ」のカスタマイズ版を導入

さくらインターネットがタイププロジェクトの「TP スカイ」のカスタマイズ版をコーポレートフォントとして導入。さくらインターネットのコーポレートフォントとなる「Haru TP(はる てぃーぴー)」では、主要な欧文と数字を日本デザインセンターが制作。

「Type Project | プレスリリース」より転載


(以下、「Type Project | プレスリリース」より)

さくらインターネットは、創業 20 周年を迎えるにあたりロゴを一新し、合わせてコーポレートフォントを 新しく導入しました。ロゴデザインは日本デザインセンターが担当し、ロゴに合わせた欧文書体 164 字を作成しました。タイププロジェクトは、4月に発売を開始した新フォント TP スカイの欧文の一部を入れ替えるとともに、仮名7文字のデザインをさくらインターネットのロゴイメージに合わせて変更して提供しています。

さくらインターネットの技術本部 UX デザイングループ 河原覚は、「20 周年を機にリブランディングを行うにあたり、ロゴを含む VI 全体の再構築を日本デザインセンター社にお願いしました。その中で、Webや紙媒体はもちろん、データセンターなど設備のサインまでもをひとつに繋げるものとしてご提案いただいたのが、フォントです。タイププロジェクト社の TP スカイをベースに欧文や仮名をカスタマイズし、弊社のイメージに合うフォントをご提案いただけたことをとても嬉しく思っています」と述べています。

TP スカイをベースとした Haru TP は、ライト、レギュラー、ミディアム、ボールドの4ウエイトで、名刺や社員証、カタログ、Web サイト、データセンターのサイン表示に使用されます。


シェア