文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年8月4日

フィリップ・アペロワ展がgggで。リズミカルで大胆なタイポグラフィ

2017年8月4日

フィリップ・アペロワ展がgggで。リズミカルで大胆なタイポグラフィ

Design: Yoshihisa Shirai

(ギンザ・グラフィック・ギャラリーのサイトより)

パリを拠点に活動を続けるフィリップ・アペロワ。オルセー美術館やルーヴル美術館をはじめとする数々の文化施設の仕事を手がけるほか、現代のフランスを代表するグラフィックデザイナーとして国際的に活動の場を拡げています。

 モダニズムに大いなる刺激を受け、また絵画、パフォーミングアート、そして文学をこよなく愛するフィリップ・アペロワの作品を特徴づけるのが、リズミカルで大胆なタイポグラフィです。平面であるポスターの中で、立体的な文字が躍り、ストーリーが立ち上がり、情感豊かに訴えかけてきます。近年、積極的に取り入れている映像手法により表現されるタイプデザインやロゴは、ゆえにごく自然に動きを与えられ、あくまでも軽やかに、まるでダンスを踊るかのように画面の中を跳び回ります。

Apeloiggg Tokyo フィリップ・アペロワ展

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第361回企画展

  • 会 期:2017年08月07日(月)~09月16日(土)
  • 時 間:11:00am-7:00pm
  • 会 場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
    〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F / B1F
  • 休館日:日曜・祝日
  • 入場料:料無料
  • 後 援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本/笹川日仏財団

ギャラリートーク

  • 日時:8月7日(月)4:00-5:30pm
  • 出演:フィリップ・アペロワ
  • 会場;DNP銀座ビル3F   
  • 入場無料 要予約 定員70名

参加ご希望の方は、こちらからお申込ください。

シェア