文字による文字のための文字のサイト

type.center
2017年8月22日

「欧文組版のいろは 初級編」関西で開講。

2017年8月22日

「欧文組版のいろは 初級編」関西で開講。

欧文活字印刷工房 嘉瑞工房の高岡昌生氏を講師に、全5回で「欧文組版のいろは」を学べる講座が関西で開講。欧文組版の歴史や使い方はもちろん、組版実習もあり、実践を交えて学べる連続講座。
申し込み期限は8月22日(火) 23:59まで。


(以下、「欧文分科会 欧文組版のいろは - 基礎から応用まで -」より)

講師:高岡昌生氏 (欧文分科会 「欧文組版のいろは」より転載)

なんとなく欧文書体を選び、なんとなく組版をしていませんか?
雰囲気や印象で書体を選ぶ事や組版をしても悪くはありません。でも自分自身にしっかりとした根拠があったほうがデザインに自信が持てます。

「欧文組版」というと別世界に感じるけど、本質的には『活版印刷で培われた「紙面に活字と図版を並べる」技術=「レイアウトを組む」』こと。よくあるタイポグラフィのイメージを超えた学びがあると思います。


第1回:9月2日(土) オリエンテーション 『欧文の基礎Ⅰ』

歴史から、用途から、成り立ちから書体や書体選択の方法を学ぶ。

第2回:9月3日(日) 『欧文の基礎Ⅱ』

欧文の使い方を学ぶ。イタリック、スモールキャップ、数字、イニシャル、大文字表記など。

第3回:10月14日(土) 『「欧文組版の基礎」 – 課題2の講評』

和欧混植、合成フォントについて、書体選択方法
組版形式、インデント、コラムの切り方、イニシャル、ハイフン、引用符、記号など。

第4回:11月11日(土) 『欧文組版の応用I ステーショナリーの組版』

名刺、招待状、レターヘッド、ディプロマの書体選択と組版をマナーから学ぶ。

第5回:11月12日(日) 『欧文組版の応用II』

課題2の講評、より高いレベルの欧文組版。組版を磨き上げる心を学ぶ。


欧文分科会「欧文組版のいろは」

初級編

  • 日程:9月2日(土)/9月3日(日)/10月14日(土)/11月11日(土)/11月12日(日)
  • 時間:13:00 〜 17:00(最大延長18:00まで)
  • 受講料:40,000円(学生の方は1割引)
  • 申し込み期限:8月22日(火) 23:59まで 選考後、受講可能な方はメールにてご連絡いたします。

シェア