文字による文字のための文字のサイト
ほぼ二字コラム
その「おこだわり」、文字にもしたよ!!
先日「マンバ通信」というサイトで「字漫ばなし」というコラムをはじめた大日本タイポ組合の塚田哲也。そこに書ききれなかった追加ネタをこちらのコラムに書きました。『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』最新話で使われている新しい文字の話です。
ほぼ二字コラム
パッチワークで文字づくりの本
『MOJI Patchwork』という本をご紹介。パッチワークの手法を使って文字をデザインしていく本。幾何学的な構成はパッチワークにぴったり。「グラフィック+α的な何か」な手法のひとつとして課題に悩む学生にも参考になるかも。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第24回 愛と表記の王国 『世界のかわいいパン』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第24回目は、ほのぼのとした文字とイラストに癒やされる『世界のかわいいパン』(パイ インターナショナル)をご紹介します。その表紙をかざる、インパクトのある文字は……。
文字なぞり記
長恨歌
松花堂昭乗/17世紀
開発インタビュー
聞き間違いを文字で「見える化」、パナソニック『聞き間違えない国語辞典』開発インタビュー
2017年3月初め、パナソニックが“言葉のバリアフリー化”を目指して「TalkingAidProject」をスタートし、無料のデジタル辞書『聞き間違えない国語辞典』を公開。type.centerが注目したのは、聞き間違えやすい言葉を視覚化したという独自フォントです。今回、このプロジェクトと独自フォントがどのように開発されたのか、お話を伺いました。
イベントレポート
「凸版文久体ができるまで 1」 監修を務めた祖父江慎氏(コズフィッシュ)が講演
印刷博物館は2017年3月11日、同館・グーテンベルグルームにおいて「凸版文久体ができるまで」をテーマとした講演会を開催し、80名が聴講に訪れた。
イベントレポート
アドビのオープンソースPan-CJK書体「源ノ明朝」 日米のフォント開発チームが、その全容を明かす
アドビシステムズは4月10日、米Google社と共同開発したオープンソースPan-CJK書体「源ノ明朝(Source Han Serif)」に関するプレス向け説明会を開催し、その全容を明らかにした。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第23回 誤読の証明 『仮面の告白』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第23回目は、三島由紀夫 の自伝的な代表作『仮面の告白』(新潮文庫)です。
文字なぞり記
MS ゴシック
リョービイマジクス/1992年
展覧会レヴュー
心に飛び込む「描き文字」の数々「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」展
雑誌『暮しの手帖』の創刊編集長・花森安治は、編集長を務めるのみならず、企画・取材・執筆・編集・誌面デザインやカット、表紙画を自ら手がけた。その仕事をたどる展覧会が世田谷美術館で開催中。たっぷりの描き文字を堪能できる本展を、ライターの雪 朱里が文字好き視点からレヴュー。
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第22回 ひとりぼっちの地図 『この店、あの場所 Here,There and Everywhere(POPEYE BOOKS)』
「文字だけの装丁」を味わう文字食のコラム連載「その字にさせてよ」。第22回目は、文筆家・松浦弥太郎さんが大切にしているお店や場所を紹介した 『この店、あの場所 Here,There and Everywhere(POPEYE BOOKS)』です。
とまれかくまれ、どうろのじ
「止まれ」古河編
全国各地の道路の「止まれ」の字を比較してみる連載。今回は茨城県古河市にて採取しました。「止まれ」の細かい差異を検証する4回目です。
文字なぞり記
Trajan Pro
Carol Twombly/1989年
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第21回 言葉の襞を味わう『小説家のメニュー』
「文字だけの装丁」を味わうコラム「その字にさせてよ」の第21回目。今回は開高 健『小説家のメニュー』(TBSブリタニカ)をご紹介します。
本文用紙と書体で予想する芥川賞&直木賞
第156回受賞作を紙と書体で大予想!
第156回芥川賞&直木賞の発表まであと数日。もはや恒例となったこの企画。今回も候補作から『デザインのひきだし』編集長、津田淳子さんによる「本文用紙による受賞作予想」うかがいました! さらに「書体による受賞作予想」も行っています、さてさて今回はどうなるでしょうか!?
文字なぞり記
明治 ロゴ
Landor/2009年
文字食のコラム 「その字にさせてよ」
第20回 美しい結晶にはなれなかった『東京藝大物語』
「文字だけの装丁」を味わうコラム「その字にさせてよ」の連載も遂に第20回目となりました! 今回は脳科学者・茂木健一郎さんの著書『東京藝大物語』(講談社)をご紹介します。
文字川柳
#文字川柳 最終審査の 発表です
文字にまつわる句を、五・七・五の17文字に込めてツイートいただいた「文字川柳」。2016年11月に投稿された720もの句の中から厳正なる審査の結果、各賞が選ばれました。
イベントレポート
“編集あるいは文字”に関する特別講義「雪朱里×鳥海修」 「書くことは、つなぐこと」
京都精華大学ビジュアルデザイン学科主催の“編集あるいは文字"に関する特別講義「雪朱里×鳥海修」が12月8日、同大学本館で開催された。
文字川柳
#文字川柳 二十七句が 最終へ
文字にまつわる句を、五・七・五の17文字に込めてツイートいただいた「文字川柳」。2016年11月に投稿された720もの句の中から厳正なる審査の結果、最終選考へ27句が選ばれました。最終選考の結果は、12月31日に発表いたします。どうぞお楽しみに。
文字なぞり記
A1明朝
モリサワ/2005年
ほぼ二字コラム
ボブ・ディランの文字フリップビデオ
ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン。彼の印象的なミュージックビデオ “Subterranean Homesick Blues” の歌詞の書かれたフリップをめくっていくモノクロ映像と、そのフォロワーたちをご紹介。
文字なぞり記
PARCO ロゴ
五十嵐威暢/1981年
フォン太とアーツ郎の、FONT and LAW!
第7回:フォント入れる時ポンと押す「同意する」ボタンはよく読んで、の巻
タイプごぶさた、いや、だいぶごぶさたしてしまいました。ひさしぶりの更新です。今回は書体を使用する上での利用許諾契約の話。いつもインストール時に何気なく押しているあの「同意する」ボタンの話です。
文字なぞり記
本阿弥切
伝小野道風筆/平安時代後期
&
&
&
「Type&(タイプアンド)2016」レポート
セッション2:バンダイナムコスタジオの3氏が「ゲーム屋さんと文字」をテーマに講演
10月21日・22日の2日間「Daikanyama The Room1」において開催された「Type&(タイプアンド)」。バンダイナムコスタジオの3氏が「ゲーム屋さんと文字」をテーマに講演。そのレポートをお届けする。
Q
Q
Q
書体用語の単語帳
級(Q)・歯(H)
和文組版で用いられる長さの単位。文字サイズ・文字送りなどに使われる。1Q=1H=0.25mm
書体用語の単語帳
詰め組み・ツメ
字間をベタ組みよりも詰めて組版すること。
書体用語の単語帳
アケ組み
字間をベタ組みよりも開けて組版すること。
書体用語の単語帳
ベタ組み・ベタ
文字のもつ字幅と同じ字送りで文字を組版すること。
新着情報月日0123456789
もっと見る