文字による文字のための文字のサイト

type.center

大日本タイポ組合

だいにっぽんたいぽくみあい

大日本タイポ組合

だいにっぽんたいぽくみあい

秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。日本語やアルファベットなどの文字を解体し、 組み合わせ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。 文字通りモジモジしながら文字で遊んで21年。 ロンドン、 バルセロナ、東京にて個展を開催。 シンガポール、香港、韓国などでの企画展に参加。 2012年古堅まさひこと共に日本科学未来館にて「字作字演展」を 開催。TokyoTDC会員。

関連記事
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
関連記事
関連記事
イベントレポート
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に2…
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に230名
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は7月28日、本社4F大ホール(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において、第21回モリサワ文字文化フォーラム「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」を開催。定員の150名を大幅に上回る230名が参加する盛況となった。
モリサワ文字文化フォーラム 「文字とデザインVol.6」
K2×大日本タイポ組合 「ユニットだから実現できたこと…
K2×大日本タイポ組合 「ユニットだから実現できたこと、実現できること〜デザインが果たすこれからの役割」
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月22日、本社4階大ホールにおいてモリサワ文字文化フォーラム「文字とデザインVol.6」を開催。会場にはおよそ180名が聴講に駆け、さらにサテライト会場となった東京本社会場にもおよそ50名が参加した。
モリサワ文字文化フォーラム 「文字とデザインVol.6」
大日本タイポ組合「文字が創り出すデザインの力」
大日本タイポ組合「文字が創り出すデザインの力」
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月22日、本社4階大ホールにおいてモリサワ文字文化フォーラム「文字とデザインVol.6」を開催。会場にはおよそ180名が聴講に駆け、さらにサテライト会場となった東京本社会場にもおよそ50名が参加した。
イベントレポート
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本…
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本タイポ組合とギャラリートーク
21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」の関連プログラムとして、企画チームの前村達也氏、中村至男氏、稲本喜則氏、そして参加作家として大日本タイポ組合の秀親氏と塚田哲也氏らによる「大日本タイポ組合とのギャラリートーク」が開…
イベントレポート
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワ…
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワークショップ
2014年11月7日、東京・銀座のMMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)で開催されたレクチャー&ワークショップ「文字を創り出すサイラス・ハイスミス×文字を再構築する大日本タイポ組合⇒言語を超えて文字で遊ぶ」のレポートをお届けする。