文字による文字のための文字のサイト

type.center

鳥海修

とりのうみおさむ

鳥海修

とりのうみおさむ

1955年山形県生まれ。多摩美術大学GD科卒業。1979年株式会社写研入社。1989年に有限会社字游工房を鈴木勉、片田啓一の3名で設立。現在、同社代表取締役であり書体設計士。大日本スクリーン製造株式会社 のヒラギノシリーズ、こぶりなゴシックなどを委託制作。一方で自社ブランドとして游書体ライブラリーの游明朝体、游ゴシック体など、ベーシック書体を中心に100書体以上の書体開発に携わる。2002年に第一回佐藤敬之輔顕彰、ヒラギノシリーズで2005年グッドデザイン賞、 2008東京TDC タイプデザイン賞を受賞。京都精華大学特任教授。

関連記事
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
関連記事
第3回タイプデザインコンペティション特別セミナー&表彰式レポート

タイプデザイナーの視点(後半)「私と書体、私の書体」「…

2015年3月20日に開催されたモリサワタイプデザインコンペティション特別セミナー「タイプデザイナーの視点」のレポート後半、セッション2 豊島晶氏「私と書体、私の書体」と、セッション3 鳥海修氏「書体をつくるうえで大切なこと」をお届けする。
和文と欧文 「かなのいろは」レポート

「かなのいろは」小塚×鳥海 対談(後半)

小塚氏は、「タイプフェイスを手掛けて60年以上。その間、如何に既成概念を排除し、束縛から逃れるかに終始した」とし、縦組みで作られた「かな」を横組みでも使用する日本語組版の難しさを「我々は十字架を背負っている」と表現。「かな」における横組み(横書き)の矛盾に迫った。