文字による文字のための文字のサイト

「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」イベントレポート

イベントレポート

「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」イベントレポート

2018年5月24日(木)、「フォントかるた」のイベントがフォントかるた制作チームとハイブリッド型総合書店「honto」との共催で行なわれました。
内容は、「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」。 書体の知識や、選び方・使い方のレクチャーからはじまり、実際にフォントかるたを使って遊びながら学ぶことができるスペシャルイベントです。その模様をレポートします。


東京・市ヶ谷にあるDNPプラザにて行われたイベントは、 フォント制作チームによる「フォントかるた的フォントの基本」、
『秀英体』を開発する大日本印刷株式会社秀英体開発グループによる「秀英体開発グループに聞く和文書体の歴史」、

「フォントかるた体験会」の三部構成で行なわれました。

「フォントかるた」。取り札はすべて「愛のあるユニークで豊かな書体」の文字が、違った書体で組まれています。

第一部「フォントかるた的フォントの基本」

まず最初はフォントかるた制作チームによる「フォントかるた」の紹介。
フォントかるたは、詠みあげられたフォント名が使用された取り札をかるた取りで競うカードゲームです。普通のかるたと異なり、取り札に書かれている文言はすべて「愛のあるユニークで豊かな書体。」で統一されていますが、使用されているフォントはすべて異なる48+αのフォント。詠みあげられる書体名と、解説を頼りに札を探します。

制作チームはせきねめぐみ氏、伊達千代氏、星わにこ氏、横田良子氏の四名。
それぞれ企画・デザイン、解説文、ウェブサイト、ゲーム設計等を担当されています。最初は新年会でご自分たちが遊ぶ用に制作したのが、フォントかるた誕生のきっかけなのだそう。

「フォントかるた」制作チーム。右から順に、せきね氏、伊達氏、星氏、横田氏。

第一部「フォントかるた的フォントの基本」では、クイズ形式による用途にあわせたフォント選びのレクチャーが行なわれました。
「挨拶状に適したフォント」「おかしのパッケージに適したフォント」など、用途にあわせたフォント選びについて学びます。書体の分類については、来場者方の各テーブルで、実際にフォントかるたの取り札を眺めつつ説明。「明朝体」「ゴシック体」「デザイン書体」「筆・手書き」別に取り札を分類してゆきます。
それぞれの「見分けるポイント」を教えていただきました。

見分けが難しい丸ゴシック5書体、名付けて「丸ゴレンジャー」。これが取れたらすごい!

「見分けるポイントを自分で探していくのも楽しいですよ」とのこと。
フォントかるた制作チームから、「フォントはどのように作られるのでしょうか?」という質問で、第二部へとバトンタッチ。


第二部「秀英体開発グループに聞く和文書体の歴史」

第二部「秀英体開発グループに聞く和文書体の歴史」に登壇されたのは、大日本印刷株式会社秀英体開発グループの伊藤正樹氏と宮田愛子氏。
秀英体というフォントがどのように作られたかの様子と、秀英体の歴史について語られました。秀英体は大日本印刷の前身である秀英舍が、明治時代に金属活字書体として開発した歴史ある書体。
近年デジタルフォントとしてリニューアルされ、豊富なファミリー展開が行なわれています。

秀英体について語る伊藤氏と宮田氏(大日本印刷株式会社秀英体開発グループ)

フォントかるた制作チームからの「金属活字からデジタル書体に移行していく中で、変わったことと、変わらなかったことは?」という質問に、
宮田氏は「変わったことは使われる環境やメディア、変わらないことは読みやすさや美しさを守り続けていること」と答えました。
「秀英明朝の特徴は『い』の一画目と二画目の線が繋がっていること。ずっと切れたことがない。離す流れになった時もあるようですけれど……(笑)」

「い」が繋がっているのが秀英明朝の特徴。1896年から原図を一堂に並べてみました。

「秀英体シリーズのラインナップの使い分けはどうしたらよいでしょうか?」という質問には、様々な事例を紹介しながら伊藤氏が解説。

たとえば「金」と「銀」の二種類の“かな”をもつ「秀英角ゴシック」の印象の違い、昨年リリースされた「秀英にじみ明朝」の使用される場面の傾向などを語りました。

今回のイベントでは、非売品の「秀英明朝初號活字」と「石井中明朝体 MM-A-OKL」の札が参加者特典としてプレゼントされました。

左の「秀英明朝初號活字」は、昭和4年の活字見本帳から採取。句読点が無かったそうです。


第三部「フォントかるた体験会」

秀英体シリーズの見分け方のレクチャーもあった後で、いよいよ「フォントかるた体験」。

今回は、基本パックの48書体+特典の2書体の計50書体でゲームが行なわれました。星氏が読み手をつとめ、各テーブル4,5名が競いました。
スライドに映される読み札を参考にしてもOKのルールです。

テーブルごとに熱戦が繰り広げられました。

フォントかるたは、単にフォントに詳しい人が多くの札をとれるわけではないところがおもしろいところ。
フォントの微妙な差異を見分けて札を取る、と聞くと難しそうに思えますが、実際は読み札の解説に特徴やヒントがあるので、知らないフォントだとまったく手が伸びない……というわけでもないのです。
記憶力と反射神経がものを言うのは、通常のかるたと同じ。お手つきで裏面のフォント名を確認された札の位置をよく覚えておくと、後半有利になります。

特徴的なデザイン書体「プリティー桃」や、レクチャー内で話題にあがった「古印体」などが詠みあげられた時は、誰もがその札に真っ先に手が伸び、勝負は白熱したものとなりました。 非常にもりあがったフォントかるた体験。
各テーブルで一番多く札を取った方には、「フォントワークス編フォントかるた」が贈られました。


「フォントかるた」のウェブサイトでは、大人数でも一人でも遊べるルールが紹介されています。
ハイブリッド型総合書店「 honto」では、基本パックの他に二種類の拡張パックも販売されており、さらなる難易度をお求めの方におすすめ。基本セットおよびフルセットには、先にご紹介した「秀英明朝初號活字」と「石井中明朝体」の「フォントかるたスーパーレア札2種セット」が限定特典として付くそうです。フォントを学びながら、楽しく遊べる「フォントかるた」の魅力あふれるイベントとなりました。

(レポート:伊東友子

2018年6月4日

シェア

イベントレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
イベントレポート
「文字で演じる戯曲あそび」ワークショップレポート
「文字で演じる戯曲あそび」ワークショップレポート
文字を通じて、フェスティバル/トーキョー18で上演されるマレビトの会『福島を上演する』の戯曲に書かれた言葉と出会う創作ワークショップが、9/8(土)IID世田谷ものづくり学校にて行なわれました。主催はフェスティバル/トーキョー。 講師にグラフィックデザイナーの大原大次郎氏、ゲスト…
イベントレポート
「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景…
「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」関連イベント「詩とグラフィックデザイン」鼎談
太田市美術館・図書館で現在開催中の展覧会「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」の関連イベントとして、出品作家の佐々木俊氏、祖父江慎氏、服部一成氏三者による鼎談が9月1日、同所で行なわれました。テーマは「詩とグラフィックデザイン」。その模様をレポートします。
イベントレポート
多摩美術大学オープンキャンパス「この字ナンの字?」ワー…
多摩美術大学オープンキャンパス「この字ナンの字?」ワークショップレポート
2018年7月15日(日)、多摩美術大学オープンキャンパスの情報デザイン学科内のイベントとして文字つくりワークショップが行なわれました。 大日本タイポ組合のお二方が講師を勤める毎年恒例の「食べもの×文字」のワークショップ。 今年のタイトルは「この字ナンの字?」。そのワークショップ…
イベントレポート
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすき…
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすきかな?」聞いてきました。
 書体設計士の鳥海修氏が主催する「文字塾」では、一年をかけて塾生が各々の仮名のデジタルフォントを作ります。 11名の塾生の書体が集まった第六期文字塾の展覧会が、2018年6月3日(日)から9日(土)まで人形町ヴィジョンズで開催されました。 今年のタイトルは「すきこそもじの上手な…
イベントレポート
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTP…
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」イベントレポート
2018年5月24日(木)、「フォントかるた」のイベントがフォントかるた制作チームとハイブリッド型総合書店「honto」との共催で行なわれました。内容は、「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」。
書体の知識や、選び方・使い方のレクチャーからはじまり、実際にフォ…
イベントレポート
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬…
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬尚×祖父江慎×味岡伸太郎)
見出し明朝体「味明」と「味明モダン」および本文用のかな書体の発表と「味岡伸太郎書体講座」を刊行した味岡伸太郎氏。大阪に続きペーパーボイス東京で開催の「味明物語東京展」において、4月17日(火)白井敬尚と祖父江慎の両氏を迎えたギャラリートークの様子をレポート。
イベントレポート
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に2…
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に230名
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は7月28日、本社4F大ホール(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において、第21回モリサワ文字文化フォーラム「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」を開催。定員の150名を大幅に上回る230名が参加する盛況となった。
イベントレポート
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山…
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山氏が登壇
印刷博物館は、P&Pギャラリーにおいて開催した企画展「印刷書体のできるまで 活字フォントからデジタルフォントへ」にあわせ、凸版文久体のフォント制作に携わったデザイナーなどを招聘し、これまで2つの講演会を開催してきた。その最終セッションとして6月3日、祖父江慎氏とともに凸版文久体制…
イベントレポート
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 …
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 国語調査官・武田康宏氏が講演
千代田区立日比谷図書文化館は3月30日、日比谷コンベンションセンターにおいて、文化庁文化部国語課 国語調査官の武田康宏氏を講師に迎えて「情報化時代に考えたい漢字の話」をテーマとした講演会を開催し、年度末にもかかわらず200名が聴講に訪れた。
イベントレポート
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ…
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連トークイベント第2弾「鼎談『漱石本制作の舞台裏』」が3月10日、日比谷コンベンションホール・大ホールにおいて開催され、200名が聴講した。
イベントレポート
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシ…
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
千代田区立日比谷図書文化館において開催されている特別展「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」の関連イベントとして対談「造本あれこれそれ話」が2月18日、日比谷コンベンションホールにおいて開催。祖父江慎氏と白井敬尚氏の2人のグラフィックデザイナーが、それぞれの造本に対する考え…
h
s
h
イベントレポート
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別…
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別講義レポート
昨年末に開催された、京都dddギャラリー「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展。特別講義「タイポグラフィとタイポグラフィ」がヘルムート・シュミット氏を講師に、京都造形芸術大学にて開催されました。今回はこの特別講義内容をレポートします。
イベントレポート
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本…
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本タイポ組合とギャラリートーク
21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」の関連プログラムとして、企画チームの前村達也氏、中村至男氏、稲本喜則氏、そして参加作家として大日本タイポ組合の秀親氏と塚田哲也氏らによる「大日本タイポ組合とのギャラリートーク」が開…
イベントレポート
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
2015年2月13日、ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」(講師:ノ・ウニュ氏、主催:佐々木愛氏)が開催されました。そのレポートをお届けします。また、記事の最後に、当日、伺いきれなかった参加者からの質問と、メールによるノ氏からの回答を掲載します。
イベントレポート
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワ…
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワークショップ
2014年11月7日、東京・銀座のMMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)で開催されたレクチャー&ワークショップ「文字を創り出すサイラス・ハイスミス×文字を再構築する大日本タイポ組合⇒言語を超えて文字で遊ぶ」のレポートをお届けする。