文字による文字のための文字のサイト

その4:新作「道教 TAOISM」鋭意制作中!

「ASABA'S TYPOGRAPHY」レポート

その4:新作「道教 TAOISM」鋭意制作中!

ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて2015年1月に開催される浅葉克己氏の個展「ASABA’S TYPOGRAPHYの制作レポート第四弾です。第一回第二回、そして第三回に続く今回は、新作の制作の様子です。


さてさて、「ASABA’S TYPOGRAPHY」開催まであと10日を切りました。そんな年末年始も浅葉さん、もっぱら新作の制作真っ只中です。

さて、今日はどれから手をつけましょうか。ちなみにうしろに掛かっているのはトンパ文字で「ごはん」。人間に大切なもののひとつです。

そういうわけでまずは腹ごしらえから。たいやきを食べてエネルギー充填です。恒例のGIFアニメでどうぞ。


本日の作業は新作「道教(TAOISM)」シリーズの掛軸への墨入れです。あらかじめ道教の文字をあしらった輪郭を印刷したものに、墨で濃淡をつけていきます。墨はほんのすこしの水の加減で濃さが変わってしまうもの。薄墨を磨ってちょうどよい濃さにしておき、一気に墨入れをします。

ちょうどよい具合の濃さの薄墨を磨っておき、一気に墨入れをします。

この筆、どこかで見たことある太さと長さだなぁと思ったら、なんとポスターで浅葉さんが咥えているアレですよ!

ひととおり墨入れを終えたら、あとは紙に染み込み、乾くのを待ちます。

既に墨入れの済んだものは壁に掛けて眺め、さらに手を加える構想を練ります。

常に現在進行形。湧き出てくるアイデアをどう定着させていくのでしょうか。会場に展示される新作「道教(TAOISM)」シリーズ、どうかお楽しみに。(つづく)

△おまけ△

壁に掛けた作品を写真に収めていた浅葉さん、急にこちらにカメラを向けてパシャリ。

で撮ったのがこちら。ご覧のメンバーでお送りしています。来年もよろしくお願いします!(Photo by Katsumi Asaba)


ギンザ・グラフィック・ギャラリー第341回企画展「ASABA'S TYPOGRAPHY」

  • 会期:2015年01月09日(金)~01月31日(土)
  • 会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
  • 11:00am- 7:00pm (土曜日は6:00pmまで)日曜・祝日休館
  • 入場無料
2014年12月31日

シェア

人物プロフィール

浅葉克己

アートディレクター。1940年神奈川県生まれ。桑沢デザイン研究所、佐藤敬之輔タイポグラフィ研究所、ライトパブリシティを経て、75年浅葉克己デザイン室を設立。以後アートディレクターとして、日本の広告デザインの歴史に残る数多くの作品を制作。代表的な仕事に、西武百貨店「おいしい生活」、サントリー「夢街道」、武田薬品「肉体疲労にAじゃないか」、キリンビバレッジ「日本玄米茶」パッケージデザインなど。中国に伝わる生きている象形文字「トンパ文字」に造詣が深い。日宣美特選、東京TDC賞、毎日デザイン賞、日本宣伝賞・山名賞、日本アカデミー賞最優秀美術賞、紫綬褒章、東京ADCグランプリ、旭日小綬章など受賞歴多数。東京TDC理事長、東京ADC委員、JAGDA会長、AGI(国際グラフィック連盟)日本代表、桑沢デザイン研究所10代目所長、東京造形大学・京都精華大学客員教授。卓球6段。

「ASABA'S TYPOGRAPHY」レポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧