文字による文字のための文字のサイト

「顔真卿 王羲之を超えた名筆」内覧会レポート

イベントレポート

「顔真卿 王羲之を超えた名筆」内覧会レポート

 1月16日より東京国立博物館ではじまった特別展「顔真 王羲之を超えた名筆」。 15日に行なわれた内覧会の様子を、展覧会のみどころとともにお伝えします!

中国の唐時代の官僚であり書人である顔真は、楷書を完成させた虞世南、欧陽詢、褚遂良の初唐の三大家らの伝統を継承しつつ、独自の筆法を産み出し多くの作品を残しました。展覧会では顔真と同時代の書に焦点をあてつつ広い時代の書の流れを概観し、隷書から楷書へと変化するまでの流れ、そして顔真自身の書の表現の移り変わりや、後世への影響の広がりなどが解説されています。

「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

 展覧会会場は甲骨文から随時代の書を以って書体の流れを概観する「第1章 書体の変遷」、 初唐の三大家らに焦点をあてる「第2章 唐時代の書 安史の乱まで」、 展覧会のメインとなる「祭姪文稿」など顔真卿の作品が並ぶ「第3章 唐時代の書 顔真卿の活躍」、 多くの国宝が並ぶ「第4章 日本における唐時代の書の受容」、顔真卿が評価されるようになる宗時代の書が並ぶ「第5章 宗時代における顔真卿の評価」、王羲之の伝統的な書法とは異なる野趣あふれる書風が出現する「第6章 後世への影響」の六つの章に分けられています。

 内覧会では東京国立博物館学芸企画部長富田淳氏、学芸研究部六人部克典氏によるギャラリートークが開催されました。


「第1章 書体の変遷」

 第1章では、殷時代の「甲骨文」をはじめとして隋時代までの書が展示され、篆書から隷書、そして楷書が完成するまでの書体の移り変わりが解説されています。

「西嶽華山廟碑—長垣本—」後漢時代・延熹8年(165) 台東区立書道博物館蔵

 「公式書体は左右対象・荘厳で美しい篆書から、書くにあたって時間のかかからない簡略化された書体としての隷書になり、右払いなどといった装飾的な要素を付け加えることによって象形文字から解放された抽象的な記号となったと言えます」と富田氏の解説。

「四世紀の王羲之の時代から、楷書ができあがる七世紀ぐらいまでの間、南北朝の時代には南と北それぞれで培われた書風が融合して美しい楷書ができあがっていきます。 その北方の書風の代表的な作品が『美人董氏墓誌銘』、南方の書風の代表作が『龍山公墓誌銘』。 けわしい理詰めの北方の書と穏やかなあたたかみのある南方の書の二つが融合して、李氏の四宝『啓法寺碑』のような美しい楷書ができあがる。そういった流れをご覧いただきたい」とのことでした。

 各章にまたがって展示されている「李氏の四宝」も見どころの一つ。多くの拓本を集めた李宗翰のコレクションのうち、 「啓法寺碑」「孔子廟堂碑」「猛法師碑」「善才寺碑」の四つの孤本が「李氏の四宝」と定められています。孤本とは原碑が失われ、拓本も一つしか残されていないもののこと。四宝が一挙に集うのは李宗瀚が死んでから初めてだろうということです。

「第2章 唐時代の書 安史の乱まで」

 第2章では、初唐の三大家らに焦点があてられ、虞世南、欧陽詢、褚遂良が紹介されています。

(手前)欧陽詢筆「九成宮醴泉銘—海内第一本—」 唐時代・貞観6年(632) 三井記念美術館蔵

 欧陽詢「九成宮醴泉銘」の拓本は、世界でもベスト6にはいるであろうという六本を比べて見ることができます。

(左)欧陽詢筆「九成宮醴泉銘」唐時代・貞観6年(632) 台東区立書道博物館蔵の拓本
(右)褚遂良筆「伊闕仏龕碑」唐時代・貞観15年(641)淑徳大学書学文化センター蔵の拓本

 褚遂良の書は、「雁塔聖教序」や、李氏の四宝の一つである「猛法師碑」などが展示されています。

「長安が国際都市として栄え、文化的にも高いレベルにあった長安の時代の書風を反映しています。 雁塔聖教序が華やかな書風を反映している代表作とすれば、 猛法師碑は古いスタイルをひきづっている。その変遷もご覧頂ければ」と富田氏。

 天井の高い空間に展示されているのは唐玄宗の「紀泰山銘」。皇帝となったことを天に報告するために泰山に登り、そこで行なった儀式の経緯が書かれたもの。

唐玄宗筆「紀泰山銘」 唐時代・開元14年(726) 東京国立博物館蔵

高さ12メートル、幅7メートルの拓本は壮観です。


「第3章 唐時代の書 顔真卿の活躍」

 第3章では顔真卿の書が大々的にとりあげられています。

(右)顔真筆「千福寺多宝塔碑」 唐時代・天宝11年(752) 東京国立博物館蔵

 第3章にはいってすぐのところに展示される「王琳墓誌」は2003年に発見された顔真卿33歳の時の書で、現在見つかっている中では最も若書きの書。「千福寺多宝塔碑」は44歳の時の書で、比べて見ると書風の変化が伺えます。

 そして展覧会の目玉の一つである日本初公開の「祭姪文稿」。

顔真筆「祭姪文稿」 唐時代・乾元元年(758) 台北・國立故宮博物院蔵

 安史の乱の犠牲になった顔季明らを供養した文章の草稿で、怒りや悲しみといった顔真卿の感情を読み取ることができます。展示室のパネルでは、翻訳とともに一文一文に見られる感情の昂りの筆跡、塗りつぶしや修正の跡などが解説されています。

富田氏は、「最初の方は冷静に書き始めていますが書き進めるうちに感情が昂り、訂正、書き損じが続きます。最後の行にいたっては行そのものが曲がってしまっている。おそらく涙に目が霞んでいたのだろうと思われます。顔真卿の激情、オーラが字の形をこえてにじみでてきています」と語りました。


 後半第2会場からのギャラリートークを担当されたのは六人部克典氏。

「実直・真面目な性格である顔真卿は宰相に逆らってしまったことで左遷を繰り返します。顔真卿の後半生を表すキーワードのひとつは『左遷』であると思いますが、左遷されたことで(高官として忙しく働く必要がなかったらからこそ)多くの作品を残すことができたともいえます」と顔真卿の後半生について解説。

顔真筆「逍遥楼三文字」 唐時代・大暦5年(770) 東京国立博物館蔵

「逍遥楼三文字」は62歳の時の書で、顔真卿の書の中でもっとも大きなもの。 顔法の書法「蚕頭燕尾」の特徴がでつつある作品です。 「蚕頭燕尾」についてはこちらの記事でもふれられていますが、字のとおり起筆が蚕の頭のように丸くなり、払いのかたちが燕の尾のようなかたちになること。「逍遥楼三文字」では特にしんにょうの部分に顕著です。

懐素筆「自叙帖」(部分) 唐時代・大暦12年(777) 台北・國立故宮博物院寄託

 同時代の書として展示されているのは懐素の「自叙帖」。こちらも日本初公開です。懐素は僧ですが、お酒をたくさん飲み、いたるところに狂おしい草書で文字を書きつけたそう。狂草という今までにはない草書のスタイルを懐素や張旭が確立しました。

酒に酔い、自分の思いのたけを狂草のかたちにのせてあらわした「自叙帖」は、 最初はおだやかな文字の並びが大胆になっていく構成や、徐々に動きが大きくなってくる筆使いが見ていてとても面白い作品です。


「第4章 日本における唐時代の書の受容」

 第4章には、空海をはじめとする日本の書人に焦点があてられ、多くの国宝や重要文化財が並びます。空海筆の「金剛般若経開題残巻」には王羲之の影響が見られ、第1章で展示されている「十七帖」と通じる部分があるとの六人部氏の解説。

小野道風筆「智証大師諡号勅書」 平安時代・延長5年(927) 東京国立博物館蔵


「第5章 宗時代における顔真卿の評価」

 唐時代には正当な評価を得ることがなかった顔真卿は、宗時代になって高く評価されるようになります。第5章には顔真卿ら唐時代の書を学んだ蘇軾や黄庭堅らの作品が並びます。

黄庭堅筆「草書李太白憶旧遊詩巻」 北宋時代・紹聖元年(1094)以後 藤井斉成会有鄰館蔵


「第6章 後世への影響」

 第6章では趙孟頫らの作品、元時代から清時代の書が並びます。

伝統的な書風と、情感を書によって発露する書風が時代に応じて繰り返される過程が伺えるとのこと。書によって感情を表現するという考えかたは、現代日本の書に対する考えとなじみが深いと言えるかもしれません。

第6章の展示室


 顔真卿を中心据え、書体の変遷や、書の表現をめぐる移り変わりを一挙に眺めることができる「顔真卿 王羲之を超えた名筆」は2月24日(日)まで開催中。

そして東京国立博物館では台東区立書道博物館との連携企画「王羲之書法の残影―唐時代への道程―」も3月3日(日)まで開催しています。「顔真卿 王羲之を超えた名筆」と合わせてご覧になってみてはいかがでしょうか。

「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

  • 会期:2019年1月6日(水) ― 2月24日(日)

  • 会場:東京国立博物館 平成館

  • 休館日:月曜日 ※ただし2月11日(月・祝)は開館、翌12日(火)は休館

(レポート:伊東友子)

2019年1月30日

シェア

イベントレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
イベントレポート
「活字のかたち鑑賞会その2 秀英体の生命力」イベントレ…
「活字のかたち鑑賞会その2 秀英体の生命力」イベントレポート!
6月13日(木)日比谷図書文化館で開催された日比谷カレッジ「活字のかたち鑑賞会」の第二弾「秀英体の生命力」。 登壇されたのは大日本印刷株式会社秀英体開発グループの伊藤正樹氏と宮田愛子氏。長い歴史を持つ秀英体について、2005年から7年をかけて10書体12万字が開発されたリニューア…
イベントレポート
「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」…
「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」字事鼎談 その2「文ッ字渦 ~文字の想像と創造~」レポート!!
大日本タイポ組合展「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」の関連イベントとして6月9日(日)に行なわれた円城塔×大日本タイポ組合による字事鼎談「文ッ字渦 ~文字の想像と創造~」。イベントの模様をレポートします!
イベントレポート
「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」…
「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」字事鼎談 その1「大大&大文ッ字 タイポ話合」レポート!
大日本タイポ組合展「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」が町田市民文学館ことばらんどで開催中!会期も折り返しを過ぎた5月26日(日)には、大原大次郎(グラフィックデザイナー)× 大日本タイポ組合の鼎談イベント「大大&大文ッ字 タイポ話合」が開催。 イベントの模様を…
イベントレポート
「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」…
「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」ライヴ&トークイベント「Match DA 文ッ字」レポート!
大日本タイポ組合展「文ッ字 -いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」が町田市民文学館ことばらんどで開催中! タイトルのとおり、文字と文学の間をデザインする試みの展覧会。会期中には多数のイベントや講演会などが予定されています。 展覧会初日の4月20日(土)にはオープニングとして…
イベントレポート
デザインフォーラム「TDC DAY 2019」レポート
デザインフォーラム「TDC DAY 2019」レポート
現在ギンザ・グラフィック・ギャラリーでは「東京TDC賞 2019」の受賞作やノミネート作品の展覧会「TDC 2019」が開催中。4月9日(土)に開催されたデザインフォーラム「TDC DAY 2019」では、受賞作品のプレゼンテーションと文字のライブペインティングが行なわれました。…
イベントレポート
アドビCC道場「フォントの日だよ~文字っ子!全員集合!…
アドビCC道場「フォントの日だよ~文字っ子!全員集合!」イベントレポート
4月10日はフォントの日!アドビが⽇本記念⽇協会に正式な記念日として登録して、今年が三年目。 アドビの「CC道場」のスペシャル番組「フォントの日だよ~文字っ子!全員集合!」内では、Adobe Fontsからフォントが提供されているフォントメーカー各社が集い、フォントに関するニュー…
イベントレポート
服とタイポグラフ 2nd Exhibition「澱と服…
服とタイポグラフ 2nd Exhibition「澱と服とタイポグラフ」オープニングレポート
文字をモチーフにした服、活版印刷による紙ものをつくるブランド「服とタイポグラフ」の2nd Exhibition「澱と服とタイポグラフ」が3/30(土) から東京都調布市にて開催。会期中には活版ワークショップやライブなど、ブランドの世界観を体験できるイベントも。オープン初日の模様を…
イベントレポート
「東京都美術館コレクション展 喜怒哀楽の書」スペシャル…
「東京都美術館コレクション展 喜怒哀楽の書」スペシャルトークショー「美しいくせ字の世界へようこそ」
1月6日(日)まで東京都美術館で開催された「東京都美術館コレクション展 喜怒哀楽の書」。12月28日(金)には関連イベントとして、『美しい日本のくせ字』著者の手書き文字愛好家・井原奈津子氏を招いてのスペシャルトークショー「美しいくせ字の世界へようこそ」が行なわれました。書作品と現…
イベントレポート
「カリグラム100 ー アポリネールの造形詩 ー」展覧…
「カリグラム100 ー アポリネールの造形詩 ー」展覧会&ポエトリーリーディングイベントレポート
1月にLUCKAND -Gallery Cafe&Bar- [ラカンド ギャラリーカフェアンドバー]で行なわれた「カリグラム100 ー アポリネールの造形詩 ー」では、グラフィックデザイナー永原康史氏により日本語訳されたカリグラムの造形詩が展示されました。 会期中の1月1…
イベントレポート
アドビ観光「びゃん」「おとど」ラーメン半日満腹バスツア…
アドビ観光「びゃん」「おとど」ラーメン半日満腹バスツアーレポート!
アドビが開発したフォント「源ノ角ゴシック」で身近に使用できるようになった、画数の多い漢字として注目を集める「びゃん」と「おとど(たいと)」。 二つの漢字にまつわるイベント「アドビ観光『びゃん』『おとど』ラーメン半日満腹バスツアー」が1月18日(金)に行なわれ、type.cent…
イベントレポート
東京都美術館「上野アーティストプロジェクト2018 見…
東京都美術館「上野アーティストプロジェクト2018 見る、知る、感じる──現代の書」、「東京都美術館コレクション展 喜怒哀楽の書」展覧会レポート
現在上野の東京都美術館では二つの書に関する展示が行なわれています。 「上野アーティストプロジェクト2018 見る、知る、感じる──現代の書」、「東京都美術館コレクション展 喜怒哀楽の書」、二つの展覧会をレポートします!
イベントレポート
JDCAデザイン書道フォーラム2018「デザインと書を…
JDCAデザイン書道フォーラム2018「デザインと書をつなぐ文字の話」講演会レポート
11月10日(土)新宿住友スカイルームで行なわれた「JDCAデザイン書道フォーラム2018」にて、ゲストに日本デザインセンターのクリエイティブディレクター小磯裕司氏を迎えての講演「デザインと書をつなぐ文字の話」が開催されました。その模様をお伝えします。
イベントレポート
「文字で演じる戯曲あそび」ワークショップレポート
「文字で演じる戯曲あそび」ワークショップレポート
文字を通じて、フェスティバル/トーキョー18で上演されるマレビトの会『福島を上演する』の戯曲に書かれた言葉と出会う創作ワークショップが、9/8(土)IID世田谷ものづくり学校にて行なわれました。主催はフェスティバル/トーキョー。 講師にグラフィックデザイナーの大原大次郎氏、ゲスト…
イベントレポート
「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景…
「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」関連イベント「詩とグラフィックデザイン」鼎談
太田市美術館・図書館で現在開催中の展覧会「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」の関連イベントとして、出品作家の佐々木俊氏、祖父江慎氏、服部一成氏三者による鼎談が9月1日、同所で行なわれました。テーマは「詩とグラフィックデザイン」。その模様をレポートします。
イベントレポート
多摩美術大学オープンキャンパス「この字ナンの字?」ワー…
多摩美術大学オープンキャンパス「この字ナンの字?」ワークショップレポート
2018年7月15日(日)、多摩美術大学オープンキャンパスの情報デザイン学科内のイベントとして文字つくりワークショップが行なわれました。 大日本タイポ組合のお二方が講師を勤める毎年恒例の「食べもの×文字」のワークショップ。 今年のタイトルは「この字ナンの字?」。そのワークショップ…
イベントレポート
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすき…
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすきかな?」聞いてきました。
 書体設計士の鳥海修氏が主催する「文字塾」では、一年をかけて塾生が各々の仮名のデジタルフォントを作ります。 11名の塾生の書体が集まった第六期文字塾の展覧会が、2018年6月3日(日)から9日(土)まで人形町ヴィジョンズで開催されました。 今年のタイトルは「すきこそもじの上手な…
イベントレポート
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTP…
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」イベントレポート
2018年5月24日(木)、「フォントかるた」のイベントがフォントかるた制作チームとハイブリッド型総合書店「honto」との共催で行なわれました。内容は、「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」。
書体の知識や、選び方・使い方のレクチャーからはじまり、実際にフォ…
イベントレポート
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬…
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬尚×祖父江慎×味岡伸太郎)
見出し明朝体「味明」と「味明モダン」および本文用のかな書体の発表と「味岡伸太郎書体講座」を刊行した味岡伸太郎氏。大阪に続きペーパーボイス東京で開催の「味明物語東京展」において、4月17日(火)白井敬尚と祖父江慎の両氏を迎えたギャラリートークの様子をレポート。
イベントレポート
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に2…
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に230名
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は7月28日、本社4F大ホール(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において、第21回モリサワ文字文化フォーラム「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」を開催。定員の150名を大幅に上回る230名が参加する盛況となった。
イベントレポート
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山…
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山氏が登壇
印刷博物館は、P&Pギャラリーにおいて開催した企画展「印刷書体のできるまで 活字フォントからデジタルフォントへ」にあわせ、凸版文久体のフォント制作に携わったデザイナーなどを招聘し、これまで2つの講演会を開催してきた。その最終セッションとして6月3日、祖父江慎氏とともに凸版文久体制…
イベントレポート
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 …
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 国語調査官・武田康宏氏が講演
千代田区立日比谷図書文化館は3月30日、日比谷コンベンションセンターにおいて、文化庁文化部国語課 国語調査官の武田康宏氏を講師に迎えて「情報化時代に考えたい漢字の話」をテーマとした講演会を開催し、年度末にもかかわらず200名が聴講に訪れた。
イベントレポート
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ…
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連トークイベント第2弾「鼎談『漱石本制作の舞台裏』」が3月10日、日比谷コンベンションホール・大ホールにおいて開催され、200名が聴講した。
イベントレポート
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシ…
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
千代田区立日比谷図書文化館において開催されている特別展「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」の関連イベントとして対談「造本あれこれそれ話」が2月18日、日比谷コンベンションホールにおいて開催。祖父江慎氏と白井敬尚氏の2人のグラフィックデザイナーが、それぞれの造本に対する考え…
h
s
h
イベントレポート
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別…
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別講義レポート
昨年末に開催された、京都dddギャラリー「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展。特別講義「タイポグラフィとタイポグラフィ」がヘルムート・シュミット氏を講師に、京都造形芸術大学にて開催されました。今回はこの特別講義内容をレポートします。
イベントレポート
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本…
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本タイポ組合とギャラリートーク
21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」の関連プログラムとして、企画チームの前村達也氏、中村至男氏、稲本喜則氏、そして参加作家として大日本タイポ組合の秀親氏と塚田哲也氏らによる「大日本タイポ組合とのギャラリートーク」が開…
イベントレポート
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
2015年2月13日、ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」(講師:ノ・ウニュ氏、主催:佐々木愛氏)が開催されました。そのレポートをお届けします。また、記事の最後に、当日、伺いきれなかった参加者からの質問と、メールによるノ氏からの回答を掲載します。
イベントレポート
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワ…
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワークショップ
2014年11月7日、東京・銀座のMMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)で開催されたレクチャー&ワークショップ「文字を創り出すサイラス・ハイスミス×文字を再構築する大日本タイポ組合⇒言語を超えて文字で遊ぶ」のレポートをお届けする。