文字による文字のための文字のサイト

ATypI 2019 Tokyo プログラム 日本語での応募受付中! 2月28日まで

ATypI 2019 update

ATypI 2019 Tokyo プログラム 日本語での応募受付中! 2月28日まで

国際タイポグラフィカンファレンス「ATypI」(エー・タイプ・アイ)はその設立から約60年もの間、タイプデザインおよびタイポグラフィを教育、歴史的文脈、テクノロジー、ビジネスの側面から探求し、タイポグラフィを愛するコミュニティを育みながら発展してきました。第63回を迎える本年度は「ATypI 2019 Tokyo」(2019年9月4日〜7日、東京開催)と称し、プログラム応募の受付を開始します。

ATypI 2019 Tokyoについて

大会テーマ 「Rediscover — 変化と伝統の都市、東京でタイポグラフィを再発見しよう!」

多様なモノとアイデアが自由に共存する都市、東京。ハイパーモダンと伝統、グローバリズムと地域主義、工業デザインと伝統工芸、熟練した職人技と最先端のテクノロジーなど、国際都市として常に進化し続ける東京が開催地に選ばれました。ATypI 2019 Tokyoでは、日本のみならず海外の有望なタイプデザイナー、出版関係者、ディベロッパー、教育関係者などが一堂に集結します。当大会を通して、幅広い分野のプロフェッショナルとの出会いと交流、新たな発見や学び、そして事業開拓のチャンスをすべての方へ提供いたします。

  • 会期:2019年9月4日(水)〜 7日(土)

  • 会場:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)

  • 来場者:

世界から集まるタイプデザインおよびタイポグラフィのプロフェッショナル、学生、業界関係者。タイプデザイナー、グラフィックデザイナー、UXデザイナー、プロジェクトマネジャー、ソフトウェアエンジニア、ウェブデザイナー、インフォメーションデザイナー、研究員、考古学者、教育者、ライター、出版関係者、レタリングアーティスト、カリグラファーなど幅広い分野の専門家が参加します。

  • 言語:

大会の公用語は英語ですが、本年度のプログラムには日英通訳が導入されます。

募集プログラム

発表内容について

ATypIは、対話やアイデアの交換を通して参加者全員のインスピレーションをかきたてる、活気に満ちたプログラムのご提供を目指しています。なお、学術的なテーマからエンターテイメント性の高いテーマまで、あらゆる分野を自由に語り合う場ですので、高度な研究テーマを掲げる必要はありません。

DAY1 プレ・カンファレンスデー | 2019年9月4日

  • 参加型ワークショップ
    タイポグラフィやデザインを学ぶ学生からプロフェッショナルまで、すべての方を対象。
    各セッションの参加者:8〜20名を予定
    各セッションの時間:3時間もしくは6時間

DAY2〜4 | 2019年9月5日〜7日


9月5日〜7日の3日間開催される主要プログラム。
本大会のテーマに基づき、タイプデザインもしくはタイポグラフィに特化した内容で構成。

  • プレゼンテーション(20分)

  • パネルディスカッション(45分)
    モデレーター、スピーカー最大4名によるパネル構成。

  • その他、作品展示、映像公開、スペシャルイベント
    作品展示、映像公開、会場内外で展開するスペシャルイベント(例:タイポグラフィのフィールドトリップ、デザイン事務所訪問)など、様々なアイデアを募集します。詳細はATypI 2019 Tokyo運営事務局にお問い合わせください。


ATypI 2019 Tokyo 日本語応募受付

ご応募の際は、タイトル、プログラムの概要(400字以内)、発表者の名前(複数の場合はモデレーターも含め全員)、発表者の略歴(200字以内)を入力していただきます。ATypIでのプレゼンテーションが初めての場合、ご自身が過去に行ったプレゼンテーションで今回の内容の参考になる映像や資料があれば併せてお送りください。

  • 受付期限

2019年2月28日(木)まで(日本時間)

  • 応募方法

ATypI応募専用サイトより、ご自身のメールアドレスでエントリーしてください。正式な応募フォームへの招待メールをお送りします。翌平日までにメールが届かない場合は、ATypI 2019 Tokyo運営事務局までお問い合わせください。

審査の流れ

なお、最終審査の通過者にのみ、結果のご連絡をさせていただきますので、何卒ご了承ください。

*英語による応募はこちらから。
*英語/日本語 両方からの応募は受け付けておりません。どちらか一方をご利用ください。

参加いただく皆さまへ(必ずお読みください)

  • 参加費用について

ATypIはボランティア主導の非営利団体として、希望するすべての方に参加いただけるように入場料を可能な限り抑えることに努めています。発表者として参加いただく皆さまへの報酬、旅費、その他の補償を提供することもできません。発表者として来場する際にも、当大会の参加チケット購入が必要です。
プログラム参加に承認された講演者もしくはワークショップ企画者の一名に対して、プログラム参加の特別割引が適用されます(割引額は毎年変動)。なお、他の割引との併用はできません。

  • 発表内容の著作権に対する利用許諾

ATypIは歴史的観点のアーカイブ構築及び学術研究を目的として、当大会の全ての発表内容について動画撮影と記録を行い、ATypIのWebサイト/SNS等で配信する予定です。 そのため、応募にあたり、当大会における発表内容(画像、映像等を含む)について、応募者ないし発表者が著作権者より利用許諾を得ていることを前提とします。

  • スケジュールのご確認

プログラム中の同時通訳を円滑に行うため、発表内容の原稿を8月中旬までに提出いただく必要があります(提出方法は審査通過後に通知予定)。


お問い合わせはinfo-tokyo@atypi.org(ATypI 2019 Tokyo 運営事務局)までお願いいたします。

2019年2月6日

シェア

ATypI 2019 update

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧