文字による文字のための文字のサイト

勝本雄一朗「Robotype」

文字の未来・未来の文字

勝本雄一朗「Robotype」

国際タイポグラフィ会議「ATypI 2019 Tokyo」で行われたtype.center 企画展「文字の未来・未来の文字」。このコーナーでは、改めて展示作品を作家みずから語ります。第一回は勝本雄一朗氏の「Robotype」。一本の線から文字が生まれる様子は、つい見入ってしまいます。


「Robotype」

勝本雄一朗

 私たちは文字を書く。書かれた文字は、平面上を静止する。だが文字を書く行為は、時空間の移動を伴う。つまり文字とは、四次元的な運動を、二次元にプロットしたものと言える。この気づきをもとに、私は多次元的に文字を表示する方法の研究をしている。初期の試作に機械を多用したことから、一群のプロトタイプを「Robotype(ロボタイプ、ロボット・タイポグラフィ)」とも呼んでいる。


 Robotypeの研究は、新しいキネティック・タイポグラフィの追求でもある。文字のアニメーションであるキネティック・タイポグラフィは、フィルムの発明によって誕生し、1950年代末に Soul Bassが手がけた映画のタイトル・シーケンスによって、最初のピークをむかえた。次のピークは、コンピュータが社会に普及した1990年代にやってくる。John Maedaが魅せたインタラクティブなキネティック・タイポグラフィは、アニメのキャラクターだった文字を、ゲームのキャラクターへと変えた。

 そして21世紀。キネティック・タイポグラフィは画面から飛び出し始めた。物体をピクセルに見立て、それをコンピュータから制御すれば、新しいディスプレイができると判明したからだ。これまでにGreyworldは球体を、Julius Poppは水滴を、Bruce Shapiroは気泡を使って、動く文字を実体化した。一方で私は、ピクセルで文字を作ることに疑問を感じていた。文字は運動の軌跡である。だとすれば、点ではなく線で表されるべきではないだろうか?


 こうして私は、2018年までに三つのRobotypeを制作した。ATypI2019にて展示したRobotype「LINE」は、上記の映像に登場する「Mojigen」をベースとしている。Mojigenは、7本のバネと8点のアンカーポイントからなる1本の線によって、時空間上に文字を書く。その完成から1年余が経過した現在、私の興味は「文字」から「言葉」へと拡大した。それがLINEを作る動機となった。

 LINEは1本の紐を折り曲げて4文字の英単語を書いていく。現れる言葉には、LOVEもあれば、HATEもある。BORNもあれば、DEADもある。LUCKもあれば、F**Kもある。つづら折りのMojigenの線に人生の起伏を重ねた時、生きることは線を引くことだと気付いた。病める時も、健やかなる時も。LIFE=LINE (生命=線)なのだ。


 Robotypeはこれからも進化する。その途上に今がある。日本初開催のATypIで展示できたことを光栄に感じている。この場を借りて参加者各位、展示関係者各位に感謝したい。


「文字の未来・未来の文字」(会期終了)

Beyond Type - Exploring the Type in the Future

  • 出展作家(50音順)

    • 伊東友子+時里充 ―「めくる映像シリーズ」
    • 宇野由希子+藤田すずか ―「暗い台所 青い発酵」
    • 勝本雄一朗 ―「Robotype」
    • 河村真奈 ―「フリック書道」
    • 大日本印刷 秀英体開発グループ ―「DNP感情表現フォントシステム」
    • 大日本タイポ組合 ∩ 古堅まさひこ ―「帰ってきた『字作字演』」
  • 会場

    • 日本科学未来館 7階
  • 会期・開催時間

    • 2019年9月4日(水)〜7日(土)
    • 9:00–18:00
  • 観覧方法と料金

  • 主催

    • ATypI
2019年11月27日

シェア

人物プロフィール

勝本雄一朗 

ガジェット作家。学生時代より「うつろい」のある装置を作り続けている。2010年から2018年にかけてシンガポールに居住。同国にて情報機器の研究開発に従事する。2018年秋に日本へ帰国。作家としてスタジオを構える。2019年春より東京電機大学理工学部情報システムデザイン学系にて教鞭もとる。 www.katsumotoy.com

文字の未来・未来の文字

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
文字の未来・未来の文字
DNP秀英体開発グループ「DNP感情表現フォントシステ…
DNP秀英体開発グループ「DNP感情表現フォントシステム」
「ATypI 2019 Tokyo」で行われたtype.center 企画展「文字の未来・未来の文字」。このコーナーでは、改めて展示作品を作家みずから語ります。DNP秀英体開発グループの「DNP感情表現フォントシステム」は、会場ではキーボード入力・音声入力で体験できました!