文字による文字のための文字のサイト

type.center 総ふりかえり!5年間の記事アクセスランキング発表します

NEWS

type.center 総ふりかえり!5年間の記事アクセスランキング発表します

2014年10月からスタートした type.center 、文字をめぐるさまざまな記事がありました。この5年間のすべての記事からアクセス数の多かったトップ10を紹介いたします。「こんなことあったな」など記事を読み返しながら、type.center の思い出をふりかえってみましょう。
(※2014年10月1日〜12月30日のページビュー数をもとに、ニュース記事を除きランキングを作成しました)

第1位

ほぼ二字コラム:エンブレム最終4候補を書体でみてみる

東京2020大会を目前に、エンブレム関連のコラムが1位となりました。この記事でとりあげているのはエンブレムそのものではなく、その下に綴られている「TOKYO 2020」の書体について。最終候補に使われている書体はどんなものだったのでしょうか。そして2020年にはどういう書体をみることができるのでしょうか。(2016年4月18日 の記事)


第2位

本文用紙と書体で予想する芥川賞&直木賞:第155回受賞作を大予想!

雑誌『デザインのひきだし』の編集長、津田淳子さんが「本文用紙による受賞作」を、大日本タイポ組合の塚田哲也が「書体による受賞作」を予想する恒例企画。その的中率から「パウル津田」と呼ばれた津田さんが、またしても当てたその予想っぷりをご覧あれ!(2016年7月12日 の記事)


第3位

本文用紙と書体で予想する芥川賞&直木賞:第156回受賞作を紙と書体で大予想!

第2位につづき、雑誌『デザインのひきだし』の編集長、津田淳子さんが「本文用紙による受賞作」を、大日本タイポ組合の塚田哲也が「書体による受賞作」を予想する恒例企画。前回は的中した津田さんが外れ、逆に塚田が初めて予想的中! という劇的な回でした。(2017年1月17日 の記事)


第4位

ほぼ二字コラム:TOMATOにみるPARCOのLOGO

2016年に渋谷パルコで開催された TOMATO の25周年記念展覧会と、そこで使われたタイプフェイスの元となった五十嵐威暢さんデザインのロゴの話。2019年11月にリニューアルオープンしたのに合わせて話題となり、ランクインしたのでしょうか。(2016年3月31日 の記事)


第5位

文字なぞり記:資生堂書体

毎年、安定してランクインしている「資生堂書体」は、トータルランキングでもこの位置に。2004年の「花椿」からなぞったこちらは「文字なぞり部長」こと佐久間茜さんがトレペにひたすら文字をなぞる連載「文字なぞり記」の中でも定期的にアクセスのある記事です。(2015年3月4日 の記事)

● 記事はこちら☞ ●文字なぞり記:資生堂書体


第6位

円城塔『文字渦』出版インタビュー〈前編〉

円城塔さんへの『文字渦』インタビューの前編。中島敦を思わせるタイトルについて、そして執筆のきっかけにはじまり夥しいルビや作字、そして日本語で書く、ということについて話が広がっていきます。『文字渦』を読み解くサブテキストとしてもどうぞ。(2018年9月6日 の記事)


第7位

円城塔『文字渦』インタビュー/音声文字起こしから公開します!

円城塔さんの新作『文字渦』は、文字好きにはたまらない内容そして字体、組版……。ということでインタビューを敢行し、その編集や原稿チェックのやりとりをGithub上でやってみた、という試みの進捗お知らせ記事が、ランクインしました。

録音データを自動音声書き起こしした謎テキストが、実際のインタビュー記事に仕上がるまで、まさに「文字は生きている」様子を、あらためてお楽しみください。


第8位

『文字渦』の文字はいかに作られたか──「作字」をDNPメディア・アートに聞く

文学ファン、SFファンに加え文字好きをも唸らせた円城塔さんの小説『文字渦』のその裏側、組版や作字といった書籍としての製作のようすを伺ったインタビュー。知られざる事実が明らかになるたびに、『文字渦』ってとんでもないことしてるんだな! と思い知らされる記事でした。(2019年2月14日 の記事)


第9位

ほぼ二字コラム:ここ最近の五輪エンブレムとオリジナル書体をおさらい

近年のオリンピックはエンブレムと同時開発されたオリジナル書体のタッグによるブランディングを行っています。2020年の東京オリンピックに関してはエンブレムと書体ははたしてどのように開発されていくのかとても気になるところ。2012年のロンドン、2016年のブラジルと、過去2大会のようすを見てみました。(2015年12月24日 の記事)


第10位

展覧会レヴュー:本の世界を紡ぎ上げる、組版設計のすさまじさ「祖父江慎+コズフィッシュ展 ブックデザイ」

日比谷文化図書館で2016年に開催された「祖父江慎+コズフィッシュ展 ブックデザイ」は、同館の1日の入場者数記録を塗り替えたといいます。そのようすを雪朱里さんのレヴューであらためてどうぞ。(2016年2月16日 の記事)


以上、記事アクセスランキング・ベスト10をご紹介しました。以下に11位〜20位もまとめてご紹介します。

まだまだたくさんの記事があります。みなさんの思い出の記事はどれでしたか? ほんとうにたくさんのアクセスありがとうございました!

2019年12月31日

シェア

NEWS

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
NEWS
type.center 総ふりかえり!5年間の記事アク…
type.center 総ふりかえり!5年間の記事アクセスランキング発表します
2014年10月からスタートした type.center 、文字をめぐるさまざまな記事がありました。この5年間のすべての記事からアクセス数の多かったトップ10を紹介いたします。「こんなことあったな」など記事を読み返しながら、type.center の思い出をふりかえってみましょう…
NEWS
円城塔『文字渦』インタビュー/音声文字起こしから公開し…
円城塔『文字渦』インタビュー/音声文字起こしから公開します!
文字好きは反応せざるをえない新作『文字渦』を上梓した円城塔さんに、大日本タイポ組合の塚田哲也がインタビューを敢行! まずは音声データの文字起こしから編集・校正、円城氏による原稿チェックまでGitHubで公開していきます!