文字による文字のための文字のサイト

レポート2:何佳興(ホー・ジァシン)氏

「台湾ブックデザイン最前線」レポート

レポート2:何佳興(ホー・ジァシン)氏

2015年台湾文化光点計画

「台湾ブックデザイン最前線」レポート(2)

東京藝術大学美術学部は11月9日、上野校地 中央棟2F 第3講義室において、台湾を代表する聶永真(アーロン・ニエ)氏と何佳興(ホー・ジァシン)氏の2人のデザイナーを招聘し、両氏の講演と日本人デザイナーとの交流シンポジウム「台湾ブックデザイン最前線」を開催した。前回の聶永真(アーロン・ニエ)氏の講演に続き今回は、書道、篆刻をベースに、現代アートの中にオリエンタルで台湾らしさを追求する何佳興氏の講演をレポートする。

「デザイン」=「コミュニケーション」何佳興氏

書道と篆刻が創作の源

大学時代に書道と篆刻を専攻していた何佳興氏。彼のデザイナーとしての人生は、この2つの分野をベースとしたアーティスト活動を志すことから始まった。「書道と篆刻ではなかなか食べていけない現実があった。生活していくために『デザイン』へ移行したわけだが、私の仕事や生活は、未だにこの書道と篆刻に密接に関わっている」(何佳興氏)

何佳興氏の篆刻

彼は学生時代、8センチ四方の石面に般若心経を掘るというストイックな作品を手掛け、以来、ブックデザインにおいても般若心経にかかわる作品をいくつか手掛けている。心経のもつ情緒やリズム感をイメージしたものだ。 一方、彼の昔の書は、輪郭が細く、角張ったものが多かったのに対し、現在の彼の書は、自ら「脈が生まれ、精気が宿っている」と表現する。

「書を始めてからおよそ15年。やっとその字に骨組みができて、ようやく脈が入ってきたように思う」(何佳興氏)

何佳興氏の書

「生業」「食べていく手段」というデザインに対する悲観的な感情は全くなくなったことを強調した上で「書道、篆刻は私の創作の源。一生かけてやり続けていく」との決意を語った。

コラボレーションによる相乗効果

デザインは、彼と社会を媒介する存在だ。したがって彼は、デザインを通して様々な業界の人々や社会の人々とコミュニケーションを図り、交流を深めることを非常に重要視している。コミュニケーションの中から多くの栄養分を吸収し、さらに、それを創作に転嫁していくという良好な循環の中で彼の作品は生まれているという。このことについて何佳興氏は、次のように語った。

「デザインを通して様々なクリエイターやアーティストとコラボレーションし、そこでそれぞれが自分の領域を広げて、新しい可能性を模索しながら作品を作り上げていく。この相乗効果を生む過程は非常に大切。『真のコミュニケーション』とは、互いの創造をいかに理解し合えるかだと思っている。すなわち『デザイン=コミュニケーション』だと言ってもいい」

何佳興氏 作品1

彼は、「書の線の要素を用いて、『線の言葉』という感覚を独特な言語に置き換えることができないか」ということに挑戦しているという。そして彼はそこにオリエンタルで台湾らしさを追求している。

何佳興氏 作品2


講演会では、ブックデザインを通じて様々な人たちとコラボレーションした写真集、詩集、文学書、画集などの作品を紹介。デザインそのものに加え、材質や印刷手法なども含めた先進的、実験的試みの数々を披露した。


「台湾ブックデザイン最前線」レポート3は後日掲載いたします。

2015年11月24日

シェア

「台湾ブックデザイン最前線」レポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧