文字による文字のための文字のサイト

「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山氏が登壇

イベントレポート

「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山氏が登壇

印刷博物館は、P&Pギャラリーにおいて開催した企画展「印刷書体のできるまで 活字フォントからデジタルフォントへ」にあわせ、凸版文久体のフォント制作に携わったデザイナーなどを招聘し、これまで2つの講演会を開催してきた。その最終セッションとして6月3日、祖父江慎氏とともに凸版文久体制作の監修を務めた小宮山博史(佐藤タイポグラフィー研究所)による講演会が行われた。


小宮山氏は、欧州や中国における活字文化の変遷を辿るとともに、日本に渡り独自の進化を遂げてきた活字について解説。さらに、新たに生まれ変わった凸版文久体について総括するとともに書体制作における今後の課題などを提言した。

「凸版文久体ができるまで 3」

最終セッションでは小宮山氏が登壇

最終セッションも多くの聴講者が訪れた

出版文化とともに普及した明朝体

小宮山氏は、まず、日本に伝わった明朝体の源流について1805年につくられたフランス帝立印刷所活字見本「主の祈り」をもとに解説した。

1805年にフランスで使われた明朝体

1805年にフランスで使われた明朝体

「これはナポレオンの戴冠式の招待状として作成されたもの。しかし、なぜ、明朝体が使われたのか。ひとつは、中国との貿易開始を目的として相手国の文字を使い、友好関係を示したこと。もうひとつは、キリスト教の布教活動として使用されていたと考えている」

また、楷書体ではなく、明朝体が使われた理由について、小宮山氏は「当時の中国では、楷書体が主として使われていたが、出版活動が盛んになったことから版下を書く人が必要となった。だが、楷書はある程度の訓練を重ねた人しか書くことができない。しかし、明朝体はある一定のデザイン要素を覚えてしまえば誰でも書くことができる。つまり、出版活動と書体は大きく関連している。その昔、ヨーロッパで楷書体ではなく、明朝体が使われたのは、そういった背景があったからだと推察している」

さまざまな経路を経て日本に伝わった活字

次に話しは、1844年にアメリカ長老会が中国に設立した出版・印刷機構「美華書館」ついて。

「1858年、美華書館に派遣された宣教師のウィリアム・ギャンブルは、2年間にわたり、よく使われる活字を調査した。その結果、使用頻度の高い6,000字を選定した。これにより、初めて活字が工業製品として成立することとなった。のちにウィリアム・ギャンブルは来日するが、日本にもその活字が運ばれている。これが東アジアから日本に伝わった初めての活字だと思う」

紙とデジタルへの対応を両立した新たな凸版文久体

そして本題の凸版文久体について。

小宮山氏

小宮山氏は、まず、「私は凸版文久体を改刻すると聞いたとき、まったく新しいものに変わると考えていた。だが、実際には、従来の書体を継承したもので、少しガッカリした。しかし、率直な感想として、よく出来ていると思う」と、今回の凸版文久体の改刻について、やや不満ともとれる感想を述べる一方、書体制作に携わった各担当者に対し「書体制作は、本当に大変な作業である。つまり、本来の特徴を残しながら新しいものをつくるのは本当に大変なこと」と、その労に改めて敬意を表した。

さらに小宮山氏は、今回の改刻における課題を次のように説明。

「細から太に変わるとき、その解釈の仕方によって、形は大きく変わってしまう。漢字とカタカナをつくるときに一番大事なのは字面の大きさとウェイトである。その中で太さをどう設定するのか。また、横線の先端の処理や払いの先端の太さなど、多くの課題が山積していたはず。今回の凸版文久体の改刻は、印刷物だけでなく、画面上で見ることができる書体がコンセプトであった。この両方のバランスを調整することが難しかったと思う」

今後の課題は書体制作の技術伝承

そして、最後に書体デザインの今後の在り方について、次のように問題を提議した。

「書体づくりのノウハウが、まったく伝わっていないのが現状である。ほとんどが、師匠と弟子の沈黙の会話の中でしか伝わっていない。そのため文書として存在していない。これはとても残念なことである。これら技術を伝承するためにも文書としてまとめていくことが、これからの書体制作に携わる人たちの役目だと思う」


※なお、当記事はTypeSquareのwebフォント「凸版文久明朝R」を使用しました。

2017年7月20日

シェア

イベントレポート

type.center編集部

type.centerの編集部です。文字関連イベントをレポートしたり役立つ情報を発信できるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

連載記事一覧
今日
昨日
おととい
ちかごろ
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ 0123456789.
連載記事一覧
連載記事一覧
イベントレポート
JDCAデザイン書道フォーラム2018「デザインと書を…
JDCAデザイン書道フォーラム2018「デザインと書をつなぐ文字の話」講演会レポート
11月10日(土)新宿住友スカイルームで行なわれた「JDCAデザイン書道フォーラム2018」にて、ゲストに日本デザインセンターのクリエイティブディレクター小磯裕司氏を迎えての講演「デザインと書をつなぐ文字の話」が開催されました。その模様をお伝えします。
イベントレポート
「文字で演じる戯曲あそび」ワークショップレポート
「文字で演じる戯曲あそび」ワークショップレポート
文字を通じて、フェスティバル/トーキョー18で上演されるマレビトの会『福島を上演する』の戯曲に書かれた言葉と出会う創作ワークショップが、9/8(土)IID世田谷ものづくり学校にて行なわれました。主催はフェスティバル/トーキョー。 講師にグラフィックデザイナーの大原大次郎氏、ゲスト…
イベントレポート
「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景…
「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」関連イベント「詩とグラフィックデザイン」鼎談
太田市美術館・図書館で現在開催中の展覧会「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」の関連イベントとして、出品作家の佐々木俊氏、祖父江慎氏、服部一成氏三者による鼎談が9月1日、同所で行なわれました。テーマは「詩とグラフィックデザイン」。その模様をレポートします。
イベントレポート
多摩美術大学オープンキャンパス「この字ナンの字?」ワー…
多摩美術大学オープンキャンパス「この字ナンの字?」ワークショップレポート
2018年7月15日(日)、多摩美術大学オープンキャンパスの情報デザイン学科内のイベントとして文字つくりワークショップが行なわれました。 大日本タイポ組合のお二方が講師を勤める毎年恒例の「食べもの×文字」のワークショップ。 今年のタイトルは「この字ナンの字?」。そのワークショップ…
イベントレポート
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすき…
第六期文字塾展トーク「この文字どうかな? どの字がすきかな?」聞いてきました。
 書体設計士の鳥海修氏が主催する「文字塾」では、一年をかけて塾生が各々の仮名のデジタルフォントを作ります。 11名の塾生の書体が集まった第六期文字塾の展覧会が、2018年6月3日(日)から9日(土)まで人形町ヴィジョンズで開催されました。 今年のタイトルは「すきこそもじの上手な…
イベントレポート
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTP…
「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」イベントレポート
2018年5月24日(木)、「フォントかるた」のイベントがフォントかるた制作チームとハイブリッド型総合書店「honto」との共催で行なわれました。内容は、「フォントかるたで遊びながら覚える、フォント選びのTPO」。
書体の知識や、選び方・使い方のレクチャーからはじまり、実際にフォ…
イベントレポート
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬…
味岡伸太郎 味明物語 東京展 ギャラリートーク(白井敬尚×祖父江慎×味岡伸太郎)
見出し明朝体「味明」と「味明モダン」および本文用のかな書体の発表と「味岡伸太郎書体講座」を刊行した味岡伸太郎氏。大阪に続きペーパーボイス東京で開催の「味明物語東京展」において、4月17日(火)白井敬尚と祖父江慎の両氏を迎えたギャラリートークの様子をレポート。
イベントレポート
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に2…
「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」に230名
(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は7月28日、本社4F大ホール(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において、第21回モリサワ文字文化フォーラム「言葉と絵で。福部明浩と榎本卓朗の広告のつくり方」を開催。定員の150名を大幅に上回る230名が参加する盛況となった。
イベントレポート
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山…
「凸版文久体ができるまで 3」最終セッションでは小宮山氏が登壇
印刷博物館は、P&Pギャラリーにおいて開催した企画展「印刷書体のできるまで 活字フォントからデジタルフォントへ」にあわせ、凸版文久体のフォント制作に携わったデザイナーなどを招聘し、これまで2つの講演会を開催してきた。その最終セッションとして6月3日、祖父江慎氏とともに凸版文久体制…
イベントレポート
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 …
「情報化時代に考えたい漢字の話」 文化庁文化部国語課 国語調査官・武田康宏氏が講演
千代田区立日比谷図書文化館は3月30日、日比谷コンベンションセンターにおいて、文化庁文化部国語課 国語調査官の武田康宏氏を講師に迎えて「情報化時代に考えたい漢字の話」をテーマとした講演会を開催し、年度末にもかかわらず200名が聴講に訪れた。
イベントレポート
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ…
鼎談『漱石本制作の舞台裏』〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連トークイベント第2弾「鼎談『漱石本制作の舞台裏』」が3月10日、日比谷コンベンションホール・大ホールにおいて開催され、200名が聴講した。
イベントレポート
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシ…
対談『造本あれこれそれ話』 〜「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」関連イベント〜
千代田区立日比谷図書文化館において開催されている特別展「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」の関連イベントとして対談「造本あれこれそれ話」が2月18日、日比谷コンベンションホールにおいて開催。祖父江慎氏と白井敬尚氏の2人のグラフィックデザイナーが、それぞれの造本に対する考え…
h
s
h
イベントレポート
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別…
「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展 特別講義レポート
昨年末に開催された、京都dddギャラリー「ニッポンのニッポン ヘルムート・シュミット」展。特別講義「タイポグラフィとタイポグラフィ」がヘルムート・シュミット氏を講師に、京都造形芸術大学にて開催されました。今回はこの特別講義内容をレポートします。
イベントレポート
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本…
「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」大日本タイポ組合とギャラリートーク
21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「単位展−あれくらい それくらい どれくらい?」の関連プログラムとして、企画チームの前村達也氏、中村至男氏、稲本喜則氏、そして参加作家として大日本タイポ組合の秀親氏と塚田哲也氏らによる「大日本タイポ組合とのギャラリートーク」が開…
イベントレポート
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」
2015年2月13日、ハングルセミナー「韓国の文字、いろいろと。」(講師:ノ・ウニュ氏、主催:佐々木愛氏)が開催されました。そのレポートをお届けします。また、記事の最後に、当日、伺いきれなかった参加者からの質問と、メールによるノ氏からの回答を掲載します。
イベントレポート
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワ…
サイラス・ハイスミス×大日本タイポ組合 レクチャー&ワークショップ
2014年11月7日、東京・銀座のMMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド)で開催されたレクチャー&ワークショップ「文字を創り出すサイラス・ハイスミス×文字を再構築する大日本タイポ組合⇒言語を超えて文字で遊ぶ」のレポートをお届けする。