文字による文字のための文字のサイト
2015年10月19日

Adobe MAX 2015で発表されたフォント作成ツール「Project Faces」プロトタイプ

2015年10月19日

Adobe MAX 2015で発表されたフォント作成ツール「Project Faces」プロトタイプ

10月5日~7日にロサンゼルスで開催された世界最大規模のクリエイティブカンファレンスAdobe MAX 2015で、ディテールにこだわったオリジナルデザインのフォントを簡単に作成できるツール「Project Faces」が発表されました。


今回発表された「Project Faces」プロトタイプでは、骨格はそのままにアウトラインの位置を変更したり、カーブのポイントを調整したり、骨格そのものを変形して字形を自由自在にスライダーでコントロール。

フォントのWeight(太さ)、Width(幅)、Crossbar(横棒)、Slant(傾斜)、Curves(曲線)など細部に渡り調整が可能。Contrast(強弱)をつけることにより、クラシカルなフォントフェイスのようにすることも、Selves(セリフ文字特有の飾り)も思いどおりに表現できます。

他にも、Centerline(塗り)、Offset(影)、Stencil(線と線の空き)、Jitter(手書き風ストローク)など、デザイナーが求めるさまざまな機能を搭載。


完成した文字は、ベクターデータとして取り扱うことができると言うことで、会場を大いに沸かせました。

シェア