文字による文字のための文字のサイト
2016年6月26日

文字を使ってものづくりをしませんか? 江戸文字をリメイクした書体「真四角 (ましかく)」

2016年6月26日

文字を使ってものづくりをしませんか? 江戸文字をリメイクした書体「真四角 (ましかく)」

アイデアスケッチが、江戸文字の一つ「角字」をリメイクした書体「真四角(ましかく)」を使った新しいプロジェクトを始動。この書体を用いた商品開発を共同で行う企業を募集しています。

〜以下、Product Mashikaku | IDEASKETCH プレスリリースより引用〜

伝統とスタイリッシュさを兼ね備えた書体「真四角(ましかく)」

「真四角」はアルファベットに負けないシンプルで洗練されたデザインのフォントです。 日本の伝統を継承しながらも、漢字の持つ複雑な造形をうまくデフォルメし、デザインをいたしました。 また現在1166 字を開発し、現在も常用漢字を含む約3000 文字の制作に向け、日々文字をデザインをしています。
食器や雑貨などの商品開発・テキスタイルを活用したファッション・インテリア・商品ロゴ・建築のサインなど多様な分野とのコラボレーションを行い、書体を通じて、江戸の美意識を現代に映し出していきます。

江戸から現代へ

「真四角」のルーツとなる「角字」は、 江戸時代に生まれた文字です。 江戸時代に大衆文化が発展していく中で「角字」は、 お祭りやのれんなど日常に使われる書体として 人々の生活に溶け込んでいきました。現在も、印鑑や半被などで使用されています。


「真四角」では、書体を活用した食器・テキスタイル・デジタルメディア等、一緒に企画開発をしていただけるコラボレーターを募集しております。

コラボレーションイメージ


シェア